コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

THE 有頂天ホテル (2005/)

The Wow-choten Hotel

[Comedy/Drama]
製作総指揮石原隆 / 佐倉寛二郎
製作亀山千広 / 島谷能成
監督三谷幸喜
脚本三谷幸喜
撮影山本英夫
美術種田陽平
音楽本間勇輔
出演役所広司 / 松たか子 / 佐藤浩市 / 香取慎吾 / 篠原涼子 / 戸田恵子 / 生瀬勝久 / 麻生久美子 / YOU / オダギリジョー / 角野卓造 / 寺島進 / 浅野和之 / 近藤芳正 / 川平慈英 / 堀内敬子 / 梶原善 / 相島一之 / 石井正則 / 榎木兵衛 / 奈良崎まどか / 原田美枝子 / 唐沢寿明 / 津川雅彦 / 伊東四朗 / 西田敏行
あらすじ舞台は大晦日。<ホテルアバンティ>は、ここで新年を迎えようと訪れた様々な客と、それを世話するホテルマンらの熱気でむせ返っていた。2時間後に訪れるカウントダウンに向けて、この空間に集った面々(主要キャラクター総勢23人と1羽)が絡みに絡み合う。果たして、副支配人-新堂(役所広司)は、自ら蒔いた種も含め次々と降り掛かるヒッチャカメッチャカな事態をどう収拾し、新年へと導いていくのであろうか??136分。 (chilidog)[投票]
Comments
全89 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5こじんまりとした大団円。人生、こうありたいもんです。 [review] (ささやん)[投票(2)]
★5いつもの三谷。この映画を観なくても、多分あなたはまったく後悔無く死ねちゃうから大丈夫。運がよければテレビで見れるしね。 (浅草12階の幽霊)[投票(2)]
★5面白い。これだけ楽しめる映画はなかなかない。登場人物一人ひとりにちゃんとドラマがあって、みんな必死なのがまた面白い。ドタバタしているのにうるさ過ぎなくて、ただ楽しんでいるうちにあっという間に時間が過ぎてしまいました。三谷さん、さすが。 (minn)[投票(1)]
★4「わかりやすい複雑さ」を描けるってスゴいと思う。 [review] (Myurakz)[投票(10)]
★4たくさんの登場人物の絡ませ方がとにかくうまくて舌を巻いた。白塗りでの登場のほうが多かった気がする伊東四朗は、スクリーンの後ろのほうで言葉もなく動いているだけでおかしい。こういうのを存在感というのだろうか。 [review] (なつめ)[投票(10)]
★4DVDの付録に角野卓造の待ち受け画面がついてたら間違いなく買います! [review] (鎌倉ルパン)[投票(6)]
★4今まで三谷映画に不足していた空間移動とスピードが生まれ、『ラヂオの時間』から『みんなのいえ』を経て本作で天才脚本家三谷幸喜の「映画監督」としての才能が開花した、と同時にその限界が見えた気がする。余計なお世話かも知れませんが・・・・ [review] (ぽんしゅう)[投票(6)]
★4登場人物については突っ込みどころ満載だが、よくもまああれだけの登場人物を絡み合わせたストーリーを作ったもんだね。決して衝突することのない複雑な列車ダイヤみたいなもんかね。 [review] (Osuone.B.Gloss)[投票(5)]
★4楽しい映画でした。わたしのフェイバリットキャラは唯一自分自身のドラマがないアシスタントマネージャー(戸田恵子)。彼女こそプロフェッショナルです。 [review] (イリューダ)[投票(5)]
★4YOUにあの役をあてがったセンスに拍手。 [review] (ミドリ公園)[投票(4)]
★3豪華出演陣の中でものすごく輝きを放っているのはたった一人しかいない。(答えは長いレビューの最後に) [review] (ペペロンチーノ)[投票(19)]
★3鑑賞し終わったあとに残るこの違和感はなんだろう。 [review] (ケンスク)[投票(8)]
★3豪華キャストの楽しさはある意味堪能出来るが、あまりにも演劇的・刹那的。笑いを取ろうとする無理矢理な演出・設定にうんざり。篠原涼子の魅力が開花し、その輝きは眩いばかり。 [review] (トシ)[投票(7)]
★3「周りがなんと言っても自分のやりたいことをやればいい」というもっともらしいメッセージのもとで、もろもろの向上心、現状変革のための努力を投げ捨てる、完全な現状肯定という実に志の低い映画になっている。 [review] (シーチキン)[投票(7)]
★3ノレず。西田敏行の「圧がかかるでしょう!」に★追加。他のキャストが、自分の自虐キャラに酔ってる中(コメディは役者が笑いに酔っちゃだめだと思う)、この人は、真剣になればなるほど可笑しいという天然のユーモアを演じられるすごく優れた役者だと思う。 (有紀)[投票(6)]
★3俳優たちの役作りも、重厚さのない舞台装置も、すべてがギャグウェルカムな体勢を感じてしまう。「本人たちはいたって真面目」というギャップの面白さには欠ける。 [review] (おーい粗茶)[投票(5)]
★3前作も前々作もそうだけど、この監督の弱点は観客をエンディングに引っ張ろうとする力が弱い、ということ。つまらなくはないのだけど、どうしても中盤で眠くなるのは結局彼らがどーでもいいことしかしてないからだ。何かひとつでもはっとさせられるものがあれば自分たちはついていくのに。 [review] (tkcrows)[投票(4)]
★3他と絡んでいるようで絡んでいない(例えば川平の)エピソードは要らない。無駄を省けばもっと尺は短くなる。まっ、単純になれば製作者の意図とは反するだろうが(笑)。年末にその無駄を楽しむ余裕はなくこの点数。三谷さんは単に・・・ [review] (IN4MATION)[投票(4)]
★3グランド・ホテル』を標榜していながら... [review] (りかちゅ)[投票(3)]
★2だめだ! [review] (chokobo)[投票(14)]
★2笑いも泣かせも底が浅すぎて観客を嘗めてるのかとさえ思うし、ロビーのセットと他のロケシーンの繋ぎに違和感があり過ぎる。どんな規模とグレードのホテルやねん。美術設計をしてないんちゃうかと思う。ただ、こういうジャンルに挑戦する気概は買う。 (けにろん)[投票(9)]
★2観せる者と観る者相互の「共犯」。私はこれには与したくない。観る者の予想を遙かに上回り圧倒しようという迫力と良い意味での悪意が感じられない(悪意がないのが三谷さんですから要するに好みなのですが)。約された大団円へ向かう馴れ合い芝居に刺激のかけらもない・・・と思いきや、ただ一点、付き人(梶原善)の神速平手打ちに気概を感じた。本作に足りなかったのは、この「真摯な裏切り」であると思う。 [review] (DSCH)[投票(3)]
★1振り回されただけという徒労感すら覚える出来の悪さ。何人ものスターを使ってできることがこれだけでよいわけないだろう。ギャグは映画にとってよい伏流水であってほしい。垂れ流しのギャグが伏流することなく表面を素走りしただけのような底の浅さ。 (ジェリー)[投票(5)]
★0「長回しで撮ったったで、おもろいやろ!」みたいな三谷幸喜のドヤ顔が透けて見える。 (nicodemus)[投票]
Ratings
5点37人******************.
4点93人**********************************************.
3点109人******************************************************.
2点29人**************.
1点3人*.
271人平均 ★3.5(* = 2)

[この映画が好きな人]

POV
フジテレビ映画 挫折と栄光の軌跡 (ぽんしゅう)[投票(6)]Johnnys THE MOVIE (HILO)[投票]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「THE 有頂天ホテル」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Wow-choten Hotel」[Google|Yahoo!]