コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

大学は出たけれど (1929/)

I Graduated, But...

[Drama/Silent]
監督小津安二郎
脚本荒牧芳郎
原案清水宏
撮影茂原英雄
出演高田稔 / 田中絹代 / 鈴木歌子 / 大山健二 / 日守新一 / 木村健児 / 坂本武
あらすじ野本(高田稔)は大学を卒業し、深刻な不況の中で就職活動を開始する。しかし紹介状を手に訪ねた会社で「受付ならやらせてもいい」と言われ、受付とは侮辱も甚だしいと憤然と飛び出す。しかし他の会社でも断られ続け、なかなか職が決まらないうちに、何も知らない母親(鈴木歌子)と婚約者(田中絹代)が国元からやってきてしまった…。[11分 (現存版)/モノクロ/スタンダード/サイレント] [more] (Yasu)[投票]
Comments
全15 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4テンポ良くて笑える。若いころの田中絹代はホントかわいい。 (coma)[投票]
★410分でも楽しめる作品。「サンデー毎日」印象深い。 (MUCUN)[投票]
★4まさに現代。 (桜子)[投票]
★4これは本当に小津安二郎の作品なんですか? キャメラが低くない…。[BOX東中野] (Yasu)[投票]
★4短いフィルムしか残ってませんが、その中にも小津がぎゅっとつまって。 (ぱんな)[投票]
★3小津で「雨」といえば『浮草』だが、ここでも高田稔が悲壮な覚悟をもって求職にゆくとき、なかなか堂々とした雨が降らされている。 [review] (3819695)[投票(1)]
★3元々70分あった映画を11分しか見ることができないということが腹立たしくて仕方が無いが、それはそれとして、11分でも見られたことを喜ぼう。さらにこの11分間の奇跡のような美しさに幸福を感じよう。何といっても田中絹代の可愛らしさが輝くばかりだが、現存するラストカットの潔さはことさら愛おしい。 (ゑぎ)[投票]
★3不変のテーマは時代を超えますね。ライブドアの問題で会社は誰のものか?という事がとりざたされていますけど、あの会社の社長さんの姿こそ日本での会社の姿の基本になってるんだろうなぁ。 [review] (TO−Y)[投票]
★3映画にとって「間延びした部分」「退屈な部分」が如何に重要であるかということを、11分間で実感させて呉れる貴重な教材。 (町田)[投票]
★3なんか短すぎて、物足りない。あらすじだけの映画だもんね。完全版見ないことにはまことの評価は出来ないのでは。とりあえず、テンポはいい。 (セント)[投票]
★3就職が決まって意気揚揚と新妻が待つ家へ帰ってくるワンショットがどしゃ降りの雨。きっとこの雨の前後にドラマティックなエピソードがあったに違いない。ラストで省線に向かって手を振る若き妻(田中絹代)の後ろ姿がそれを物語る。 [review] (ぽんしゅう)[投票]
★3「サンデー毎日」あまりにベタで笑った。しかし何だって大学出たばかりで職もないのにヨメがいるんだ? (緑雨)[投票]
★3映画のタイトルは当時の流行語になったらしいが、人生はこう生きるべきだという黒澤明的主張を映画の中で一度もすることがなかったこの巨匠は、こうした人生の宙ぶらりん状態を描く名人だった。 (ジェリー)[投票]
★3田中絹代の最後の表情がよかった。 [review] (tredair)[投票]
★3何せ10分は短いが、我が身を振り返ってしまいそうな話で痛々しい。 (マッツァ)[投票]
Ratings
5点3人***
4点18人******************
3点20人********************
2点1人*
1点0人
42人平均 ★3.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
小津安二郎[投票(2)]無声映画の世界 (Yasu)[投票(1)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「大学は出たけれど」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「I Graduated, But...」[Google|Yahoo!]