コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

間宮兄弟 (2006/)

[Comedy/Drama]
製作総指揮椎名保
製作柘植靖司 / 三沢和子
監督森田芳光
脚本森田芳光
原作江國香織
撮影高瀬比呂志
美術山崎秀満
音楽大島ミチル
衣装宮本まさ江
出演佐々木蔵之介 / 塚地武雅 / 常盤貴子 / 沢尻エリカ / 北川景子 / 戸田菜穂 / 岩崎ひろみ / 佐藤隆太 / 佐藤恒治 / 桂憲一 / 広田レオナ / 加藤治子 / 鈴木拓 / 高嶋政宏 / 中島みゆき
あらすじ兄・間宮昭信(佐々木蔵之介)はビール会社の研究員。弟・間宮徹信(塚地武雅)は小学校の校務員。ふたりは気の合った兄弟であり、大人の淫靡な遊戯よりは子供じみたゲームやトリビアに没頭してしまう、オタクジェネレーションの仲間でもあった。しかし彼らとて生身の青年、素敵な恋人を作りたいという気持ちに変わりはなかった。ある日彼らは、小学校の教師・葛原先生(常盤貴子)、常連になっているレンタルビデオ店員の女の子・直美(沢尻エリカ)を招いて、自炊で鍛えた腕を活かしたカレーパーティを開く。結果、親密度を深めたふたりと兄弟であったが、友達以上に発展しないのが兄弟の歯がゆさでもあった。〔119分/カラー/ヴィスタサイズ〕 (水那岐)[投票]
Comments
全47 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5敢えて言おう、『電車男』は裏切り者の物語だ。我らオタクにとってもっとも親密な朋友、そして我らの実像こそが『間宮兄弟』なのだと。 [review] (水那岐)[投票(20)]
★5誅を加えたり巨悪を撃ったりばかりが“社会派”じゃないのだ。 [review] (林田乃丞)[投票(6)]
★5の・ようなもの』の森田芳光が帰ってきた。きちっとしたフレームに独特のリズム感があるカット割り。 [review] (さいもん)[投票(6)]
★4シンプルな視点が「複雑」を垣間見る物語。もしくは「中学生が高校生になる」物語。仮に彼らを「オタク」と呼称することが許されるなら、オタク映画史上の最高傑作。(原作読んで、さらに再鑑賞してレビュー追記) [review] (ペペロンチーノ)[投票(15)]
★4「お前ら、まるで子供だな」の一言を封じ込めてしまうほのぼのとした肯定力。じゃあ「どこまでが子供で、どこからが大人なんですか?」って、聞き返されそうな不思議な説得力。多少バランスが悪く見える者たちをポジティブに描くとき森田ワールドが全開になる。 [review] (ぽんしゅう)[投票(10)]
★4だって森田芳光を見てごらんよ。いまだに一緒に遊んでるじゃん。 [review] (ナム太郎)[投票(4)]
★4健康的な邦画を観た。一風変わったオタクの兄弟が主人公なのに…だ。ニュートラルな状態での物語の進行が、観る者を安心させて、温かい時間をくれた。明らかな「創作(兄弟・脚本)」という仮面を被っていない感じが、実に自然で好きだ。 [review] (ナッシュ13)[投票(3)]
★4結構こういう人たちって意外といるんじゃないでしょうか、、。ただ、兄弟揃っていうのは珍しい気もするが。 [review] (セント)[投票(3)]
★4結局、肉親が一番落ち着くんだよな。ある意味閉じた世界観だが、これでいいのだと共感できる部分もある。 [review] (TOMIMORI)[投票(2)]
★4森田芳光監督にはどういう映画を撮らせれば良いのか?本作でようやくそれが確認出来た(思い出せた)事こそが邦画界の収穫なのです。きっと。それと塚地武雅は「素」に近いのかも知れないが実に良い仕事をした。配役の勝利なんでしょう。きっと。 (sawa:38)[投票(2)]
★4うちもカレーパーティにお招き預かりたい。 [review] (狸の尻尾)[投票(2)]
★3観終わった後、猛烈に部屋を掃除したくなりました…ただ、まだしてませんけど。 [review] (甘崎庵)[投票(6)]
★3評価をしにくい掴み所の無い映画。所々ユーモアがあって確かに笑えるんだが、観客が笑い過ぎ。「そんなに笑うほど?」と思った。 ['06.6.3京都シネマ] [review] (直人)[投票(5)]
★3きっと外の世界は、コーヒー牛乳ほどは甘くないのだろうね。君たち兄弟の交わすウンチクは、いつしか大切な何かを確かめ合う呪文のように聞こえてきたよ。 [review] (くたー)[投票(4)]
★3部屋を小奇麗にしていたり、(ああいうタイプにありがちな)粘着質な部分を除去してみたり、横浜ベイスターズファンにしてみたり。一定の「消毒」作用をおこなってテーブルに出した、いい意味でも悪い意味でも無難な作品 (グラント・リー・バッファロー)[投票(3)]
★3“一日の終わりに電話で話す人のいるシアワセ”を知っている。人生、切ないことが多いけどシアワセな二人。 (ユキポン)[投票(2)]
★3正直、見た目がよけりゃオタクでも大丈夫、とか思ったさ。 [review] (Lunch)[投票(2)]
★3沢尻エリカ北川景子を描くのが映画だとすれば、これは映画の隣にある映画、だ。なんか羨ましく見えるのは、“隣の芝生理論”によるものに違いない。 (G31)[投票(1)]
★3オタクというより少年な大人に見えた。純粋な少年を見てる分にはよい。ただ、自分自身は少年のままはイヤだ。 (らーふる当番)[投票(1)]
★3とりあえず彼らの部屋には遊びに行ってみたい。 (地球発)[投票(1)]
★2服装以外は常識人で真面目な兄弟を、ルックス以外に取り柄のない女たちが翻弄する。兄の先輩とその妻は登場した意味が分からないし、扱われ方もひどい。なるほどエクニだ。 ()[投票(1)]
Ratings
5点17人*****************
4点52人****************************************************
3点58人**********************************************************
2点10人**********
1点0人
137人平均 ★3.6(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
ただ淡々と暮らすことの美しさ (パッチ)[投票(7)]<極私的POV>実は見た目と違うんです (くたー)[投票(3)]
月刊 北川景子 (けにろん)[投票(3)]私的 〔 映画 vs 本 〕 の関係 (リア)[投票(2)]
食欲刺激映画 (Yasu)[投票(2)]原作 V.S 映画(邦画編) (ふくふく)[投票(1)]
あにおとうと (TOMIMORI)[投票]
Links
検索「間宮兄弟」[Google|Yahoo!(J)|goo]