コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

お茶漬の味 (1952/)

The Flavor of Green Tea over Rice

[Drama]
製作山本武
監督小津安二郎
脚本小津安二郎 / 野田高梧
撮影厚田雄春
美術浜田辰雄
音楽斎藤一郎
衣装斎藤耐三
出演佐分利信 / 木暮実千代 / 鶴田浩二 / 津島恵子 / 淡島千景 / 笠智衆 / 三宅邦子 / 柳永二郎 / 十朱久雄 / 望月優子 / 小園蓉子
あらすじ実力者である義父の力で出世したサラリーマンの夫(佐分利信)は、妻(木暮実千代)に見下されている。そんな夫が、突然南米へ長期出張することが決まった。戦中当時の内務省の検閲で却下されていた同名の脚本を改稿し、内容を戦後の話に変えて製作された作品。上原謙夫人で加山雄三の母である上原葉子が特別出演している。 (Yasu)[投票]
Comments
全39 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ほんのささやかな楽しみを誰かと共有する瞬間の、幸せなことといったら。 (tomcot)[投票(3)]
★5些細なシーンがあることで、しっかり感情を高ぶらせる。小津安二郎の巧さが光る映画であり、静かな素晴らしさを感じる。 [review] (Keita)[投票(2)]
★5甘辛人生教室。サイレント風味のラストも素敵。 [review] (町田)[投票(1)]
★5見えないところにすべてが隠されています。 [review] (chokobo)[投票]
★5食べ方が嫌でお箸をバシン!ちょっとやり過ぎ?とびくびく。責められてする子供口調の反論。喧嘩の、夫婦が二人ですることの機微を描く巧みさ。夜のお茶漬けの濃厚さには参った! ()[投票]
★5とんかつにラーメンにご飯に味噌汁、そしてお茶漬け。食べ物をていねいに描いた映画は、見ていて気持ちがいい。どんどんお腹も空いてくる、この事実。 (茅ヶ崎まゆ子)[投票]
★4…いいじゃないか、もう、そんなこと。 [review] (kiona)[投票(5)]
★4パチンコ、競輪、トンカツ、ラーメン、汁かけご飯、タバコの銘柄、ぬかみそ、お茶漬け・・・。日常のあらゆるディテールに宿る、庶民の哲学。 [review] (くたー)[投票(5)]
★4リアリズム版『淑女は何を忘れたか』(レヴューは「淑女」のネタバレ込み) [review] (寒山)[投票(1)]
★4小津監督の心理映画。女性の憧れを鋭く描いている。無駄だらけのカット、必要なカットを必要としない構成にあっとされまり。東京物語が映画とは何か?の答えだとしたら、お茶漬けの味は、心理とは何か?の問いの答えに思える。 [review] (いちたすに)[投票(1)]
★4デートの後はラーメンに限ります。パチンコのようなものが流行る世の中はいかんです。それにしてもモンテビデオねえ…。 (熱田海之)[投票(1)]
★4微笑ましい映画。会話のテンポの良さは健在。 (赤い戦車)[投票]
★4台所にも入ったことの無い木暮実千代の危なっかしい包丁使い。ちょいとしたしぐさから香るあの濃厚な色気は、いやはや小津っぽくない。でも、小暮さんはもちろん津島恵子といい淡島千景といい、美人だなあ。 (動物園のクマ)[投票]
★4元々が戦時下において構想された物語であったことに由来するいささかの無理があることは否めないが、じゅうぶんに面白く魅力的な作品だ。 [review] (3819695)[投票]
★4茶漬けのシーンで映画そのものも茶漬け臭く。これぞ茶漬けの味わい。正統な食事の合い間に食うから美味い。毎日じゃひもじいもん。 [review] (G31)[投票]
★4ストーリーや会話など半分バカバカしく見ていたけど、最後に巧い事丸め込み、さすが小津安二郎。 (檸檬)[投票]
★4家庭って、夫婦という他人がよりそう場所なんですよね。 (カフカのすあま)[投票]
★3戦後小津作品で最も語られることの少ない映画ではないか。木暮実千代が小津調にあわないのだろう。 (ジェリー)[投票(2)]
★3木暮実千代さんは小津作品には強すぎる女性だと思いました。 [review] (づん)[投票(1)]
★3佐分利信の芸の幅を知った。『彼岸花』『秋日和』での家父長的倣岸オヤジぶりがあまりに堂に入っていたのでそんな演技しかできないんだと勝手に思ってた。御見それいたしました。 (緑雨)[投票]
★3淡々と繰り広げられるユーモラスな化かし合いは楽しく微笑ましいが、あまりにも安易なポピュリズム的結末に小津安二郎といえども松竹大船のエースとして商業主義のしがらみから完全に脱して作品を作ることは難しかったのだろうなと想像する。 (ぽんしゅう)[投票]
★3お茶漬の味』とは縁の無さそうな上流階級の夫婦だけに何処でどのように出てくるのかと思ったら・・・ [review] (RED DANCER)[投票]
★2小津映画の中では面白くない。(05・6・28) [review] (山本美容室)[投票]
Ratings
5点26人**************************
4点49人*************************************************
3点21人*********************
2点1人*
1点0人
97人平均 ★4.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
ごちそう帖 (セネダ)[投票(7)]食べ物系列 (ハイズ)[投票(5)]
小津安二郎[投票(2)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「お茶漬の味」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Flavor of Green Tea over Rice」[Google|Yahoo!]