コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ローラ (1960/)

Lola

[Drama]
製作カルロ・ポンティ / ジョルジュ・ド・ボールガール
監督ジャック・ドゥミ
脚本ジャック・ドゥミ
撮影ラウール・クタール
美術ベルナール・エヴァン
音楽ミシェル・ルグラン
出演アヌーク・エーメ / マルク・ミシェル / ジャック・アルダン / アラン・スコット / エリナ・ラブールデット
あらすじ港町ナント。何もかもに嫌気がさしてきたローラン(マルク・ミシェル)は船乗りになって旅立ちたいと思っていたが、ヨハネスブルグ行きの仕事を紹介されたときに、偶然にも幼馴染の酒場「エルドラド」の踊り子ローラ(アヌーク・エメ)と再会したのだ。しかし、彼女はアメリカ人の水兵ミシェル(ジャック・ハーデン)に恋をして7年間も彼を待ち続けていた。一方、ローランは、ひょんなことからデノワイエ夫人(エリナ・ラブールデット)と娘セシル(アニー・デュベルー)と知り合い親交を深めるのだが…。ジャック・ドゥミの監督処女作。 (けにろん)[投票]
Comments
全4 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5あゝアヌーク・エーメ! 大傑作、というような映画ではないのだが、最高に可愛いくてカッコいい、しかも、まとまりも良い、満足感は最上級の映画だ。 [review] (ゑぎ)[投票(1)]
★5過去と現在の相姦関係を描いたジャック・ドゥミーの処女長編。クタールはスコープを完全にものにしており、車と扉の扱いの妙が、平凡な擦違い劇をより上質な悲劇へと引き立てている。エメはいつ見ても美しく、ルグランの音楽はいつ聴いても新鮮だ。 [review] (町田)[投票(1)]
★4モノクロであることがこんなに美しいなんて。ドゥミの登場人物リンク作品の第一弾。 [review] (入江たか男)[投票(1)]
★3クタールのモノクロ撮影は確かに絶品だが、主体性も行動力にも欠ける主人公がフラれるだけの話を幾ら感傷的に仰々しく着飾って撮ったって何も観る者の心には沁みない。頭からケツまで自慰的映画に終始している。 (けにろん)[投票]
Ratings
5点5人*****
4点10人**********
3点3人***
2点0人
1点0人
18人平均 ★4.1(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
シネマスコープの歴史 (町田)[投票(13)]渚にまつわるエトセトラ (けにろん)[投票(8)]
人(主人公)の名がタイトル (中世・日根野荘園)[投票(2)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ローラ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Lola」[Google|Yahoo!]