コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

パフューム ある人殺しの物語 (2006/スペイン)

Perfume: The Story of a Murderer

[Crime/Drama/Thriller]
製作総指揮フリオ・フェルナンデス / アンドレアス・グロッシュ / サミュエル・ハディダ / マニュエル・マル / マルティン・モシュコヴィッツ / アンドレアス・シュミット
製作ベルント・アイヒンガー
監督トム・ティクヴァ
脚本アンドリュー・バーキン / ベルント・アイヒンガー / トム・ティクヴァ
原作パトリック・ジュースキント
撮影フランク・グリーベ
美術ウリ・ハニッシュ
音楽ラインホルト・ハイル / ジョニー・クリメック / トム・ティクヴァ
衣装ピエール・イヴ・ゲロー
出演ベン・ウィショウ / ダスティン・ホフマン / アラン・リックマン / レイチェル・ハード・ウッド / コリンナ・ハルフォーフ / ジョン・ハート / カロリーネ・ヘアフルト / デヴィッド・コールダー / サイモン・チャンドラー / イェシカ・シュヴァルツ / パウル・ベロンド / ティモシー・デイヴィース / ハリス・ゴードン / サラ・フォレスティエ / ジョアンナ・グリフィス / ビルギット・ミニヒマイアー
あらすじ悪臭ただよう18世紀のパリで生まれたジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショウ)は人間離れした嗅覚を持っていた。幼い頃から「匂い」によって世界を把握していた彼は、青年となったある日、素晴らしい芳香に出会う。それは一人の赤毛の少女だった。以来、その再現に心血を注ぎ、挙げ句の果てに・・・。パトリック・ジュースキントによる「匂い」にまつわる不思議なベストセラー小説、「香水 ある人殺しの物語」の映画化。 (月魚)[投票]
Comments
全40 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5普通に作ると単なるカルト映画なのだが、大資本では豊穣感いっぱいの芸術映画に仕上がっているところが面白い。 [review] (セント)[投票(4)]
★5顔色ひとつ変えずにひとつひとつ香りを紡いでいく様は正に耽美的ではあるが、脇役も含め人物像が魅力的なことと、フェルメールの絵画のような色彩感が非常に気に入った。 (サイモン64)[投票]
★4匂いと香りのしてきそうな映画でした。 「いいにおい」と「愛」の区別のつかなかった悲劇です。 [review] (ミルテ)[投票(4)]
★4いやその、「例のシーン」がそんなに話題になっているなんて、全然知らずに見に行ったから、突然おっぱじまったときには、思わず口あんぐり・・・。 [review] (プロキオン14)[投票(4)]
★4残酷なグリム童話のような現代(といっても18世紀が舞台)の御伽話。あ、原作者も監督もドイツ人だ。 [review] (かるめら)[投票(2)]
★4雰囲気良し。主人公の存在感良し。猟奇的且つファンタジー。時間気にせず、見入った。(終盤ちょっときつかったけど)にしても、いっぱい突っ込みどころがある中で、これだけは言いたい。 [review] (らーふる当番)[投票(1)]
★4万人を平伏させる作品を作り上げる事は人間の究極の欲望の一つであろうが、それを完成させた主人公から、喜びはあまり感じられなかった。 [review] (アメリ・プーラン)[投票(1)]
★4荒唐無稽なお話なのですが観る者をぐんぐんと引き込むその語り口はすばらしく、2時間半の長尺もまったく気にならないうちに大団円。処刑場のシーンで、ああ、この映画が好きだと納得させられました。近視眼的なカメラワークも大映画的音楽も気に入りました。 (カフカのすあま)[投票(1)]
★3「匂い」の映像化には成功してるかもだけど、それ以外がおろそかになっていないか?それともこれは単なる原作既読者のわがままなのか? [review] (月魚)[投票(7)]
★3冒頭、魚市場が発する悪臭は確かに感じた。けど「人を魅了する香水」の方は僕にその匂いは伝わらなかった。想像力不足のせい? 後席の人のポップコーン(カレー味)の匂いの方が強烈だったょ。単なる嗅ぎ嗅ぎフェチの変態映画という感想。花粉症の時期にこの映画はキツい(笑)。ココが解せない→ [review] (IN4MATION)[投票(5)]
★3もし私が原作者なら、この映画の監督をぶん殴っているような気がする。 [review] (代参の男)[投票(4)]
★3途中で醒めると辛いんだよ、こういうのは。 [review] (HAL9000)[投票(3)]
★3なんとなく心に引っかかっていた理由がわかった。 [review] (Master)[投票(3)]
★3超絶展開には唖然というより呆れてしまう部分もあるが、嗅覚が記憶と密接に結びついたものであることを実感させられた。嗅覚にそれほど関心を払わなかった自分の今後に何らかの影響を与えてくれそうな気がする。 (TOMIMORI)[投票(1)]
★3変な大作感が漂う作品。ティクヴァがティクヴァらしさを出し切れていない感も見受けられる。主人公が女性に固執する理由が深く描かれていない事が、最後の彼の行動に同意できない観客が増える要因にもつながるであろう。クラシックで匂いを演出するという手法は良かった。07.02.01 (hess)[投票(1)]
★3群衆が愛し合うところも、凄く工夫して出来るだけ性器が映らないようにしていたので、逆に画面全部ボカシ覚悟でも、そうじゃない芝居をさせた方が合っている気がしました。洗剤のCMの方がニオイが伝わってくるような。 (トマトケチャップ)[投票(1)]
★2完璧超人が主人公で、魅力が持てない。 [review] (夢ギドラ)[投票(4)]
★2なんともまぁバカミス的映画。 [review] (のの’)[投票(2)]
★2ストーリー内容の粗悪さはともかく措いておくとしても、後処理にやたら頼る絵作りの拙さと、冗漫な画面つなぎにいらいらとさせられた。凝るところをまちがえているのではないかというくらい細部が濃いわりに、肝心なショットの曖昧さに目を覆いたくなる。 (ジェリー)[投票(2)]
★2なんと臭そうな撮影現場だろう。映画に匂いが無くってこれほど良かったことはない。 (G31)[投票(1)]
★2香水の宣伝みたいなクライマックスを含め、奇想天外風に装っているだけで普通。作劇のアラも目に付く。 [review] (t3b)[投票]
★1終盤のシーンは唖然とした。 [review] (わっこ)[投票(11)]
Ratings
5点8人********
4点26人**************************
3点33人*********************************
2点20人********************
1点3人***
90人平均 ★3.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
映画で俯瞰(ふかん)する世界史・人類史  (いくけん)[投票(16)]● 監督たちの主として映画に対する発言集  (いくけん)[投票(16)]
●極(きわみ)――映像美、映像詩 (いくけん)[投票(14)]殺しの手帖 ()[投票]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「パフューム ある人殺しの物語」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Perfume: The Story of a Murderer」[Google|Yahoo!]