コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

アスファルト・ジャングル (1950/)

The Asphalt Jungle

[Crime/Film-Noir]
製作アーサー・ホーンブローJr.
監督ジョン・ヒューストン
脚本ジョン・ヒューストン / ベン・マドウ
原作W・R・バーネット
撮影ハロルド・ロッソン
美術セドリック・ギボンズ / ランドール・デュエル
音楽ミクロス・ローザ
出演スターリング・ヘイドン / ルイス・カルハーン / サム・ジャッフェ / ジーン・ヘイゲン / ジェームズ・ホイットモア / ジョン・マッキンタイア / マーク・ローレンス / バリー・ケリー / アンソニー・カルーソ / ジョン・マックスウェル / ブラッド・デクスター / マリリン・モンロー
あらすじ7年ぶりに娑婆に出てきたドク(サム・ジャッフェ)は知り合いの賭博業者コビイ(マーク・ローレンス)を訪れ、懲りずに宝石泥棒の計画を持ちかけ、暗黒街のボスと噂の弁護士エメリッヒ(ルイス・カルハーン)に協力依頼を要請する。そこに偶然訪れた競馬狂のディックス(スターリング・ヘイドン)らと共に行った襲撃は成功。しかし欲の前では人間の理性は無に等しく、当初予定していた計画は瞬く間に崩壊。それはさながら人生の如く…『黄金』のジョン・ヒューストン監督作品。 (モモ★ラッチ)[投票]
Comments
全13 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ジュークボックスのシーンが忘れられない。モンローは無意味に綺麗。 (さなぎ)[投票(2)]
★4幸福をつかむのが下手クソな男たちの話です。アピール度十分。ジョン・ヒューストンの映画ってそのテの話、多いような気がするけど。 (きいす)[投票(1)]
★4臨戦下の如き警察車の市中徘徊のローアングルな導入から容疑者の公開見分と掴みは超クールだが肝心の計画遂行は凡庸。しかし後半俄然冴えわたる。次々と娑婆への見果てぬ夢と想いと追憶を胸に彼らはフェードアウトする。常に女が介在するのが哀しい男の性だ。 (けにろん)[投票]
★4ジョン・ヒューストンの作品群中でも隠れがちだが決して外すことは出来ない。人物描写が一人ひとり非常に丹念で、じっくりと鑑賞出来る大人の作品になっている。 (タモリ)[投票]
★4良かろうが悪かろうが一つの目的を持った者には不思議と見入ってしまう。モンロー見たさだったけど、物語の方にはまってしまった。 (らーふる当番)[投票]
★4銀行強盗ものの古典。襲撃方法の緻密さに一見の価値あり。無名時代のマリリン・モンローも出演。 (ゆっち)[投票]
★3ほとんど舞台劇。回想シーンすらなくもっぱら科白と俳優の魅力で勝負して重厚だが、身を乗り出させてくれるのはやはり、映画らしい終盤のジュークボックスと深夜の踏切の件。 [review] (寒山拾得)[投票(2)]
★3う〜む、知名度低すぎるぞ。キューブリックの『現金に体を張れ』という出来のいい後輩を持ってレギュラーを奪われた先輩の心境を想像してください。むなしいよ。 [review] (モモ★ラッチ)[投票(2)]
★3観終わった後の喪失感。これに尽きると思う。雑然とした街の風景も印象的。 (くたー)[投票(1)]
★3室内の複数人物を縦構図で被写界深度を深くして撮ったカットが頻繁に現れる(パンフォーカスというほど後景の焦点は鮮明じゃないが)。 [review] (ゑぎ)[投票]
★3この題名は良く出来ているのではないか。 [review] (t3b)[投票]
★3スターリング・ヘイドンは『現金に体を張れ』のオファーが来て脚本を読んだときどう思ったのだろう? (24)[投票]
★1緩みに緩んだ映画だ。俳優と背景を映すだけでは映画にならない。同じ一つの部屋を映しているのに、カットとカットの間で、その部屋は一つの持続した舞台であるという演出者の意志が感じられない。役者には手も足もあるのに演技が顔だけでなされてしまっている。 (ジェリー)[投票(1)]
Ratings
5点1人*
4点10人**********
3点9人*********
2点1人*
1点1人*
22人平均 ★3.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
−何がなんでも盗み出す!− (kawa)[投票(5)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「アスファルト・ジャングル」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Asphalt Jungle」[Google|Yahoo!]