コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

レッドクリフ PartI (2008/中国香港韓国台湾)

Chi bi
Red Cliff
赤壁

[Action/Drama]
製作テレンス・チャン / ハン・サンピン / ジョン・ウー
監督ジョン・ウー
脚本ジョン・ウー / チャン・カン / コー・ジェン / シン・ハーユ
撮影リュイ・ユエ / チャン・リー
美術ティム・イップ
音楽岩代太郎
衣装ティム・イップ
出演トニー・レオン / 金城武 / チャン・フォンイー / チャン・チェン / ヴィッキー・チャオ / フー・ジュン / リン・チーリン / 中村獅童 / ユウ・ヨン / ホウ・ヨン / バーサンジャブ / ザン・ジンシェン / チャン・サン / トン・ダーウェイ / ソン・ジア
あらすじ紀元208年、漢帝国衰退後-魏、呉、蜀の三国が並び立つ古代中国。曹操(チャン・フォンイー)の魏の圧倒的戦力の前に劉備(ホウ・ヨン)の人徳に集まる武将らの奮戦をもってしても、敗退を喫す蜀。軍師の孔明(金城武)は、孫権(チャン・チェン)が君主の呉と手を組む事を進言。果たして戦場はその孫権が慕う周瑜(トニー・レオン)が率いる赤壁へ。魏の80万に対し呉蜀の兵力は5万。策は?そして曹操の狙いは?(145分) [more] (chilidog)[投票][全 2 件]
Comments
全64 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5楽しむことができました。そして後編がずごく心待ちです。 三国志を読んだことのない私にとっては人物を把握するのに苦労するだろうなあと 思っていましたが、その辺も丁寧に描かれており、満足です。 [review] (momotako7)[投票(3)]
★5周ユと孔明が合奏する場面で必殺のストップモーション。恥ずかしげもなくこんなことやっちゃうジョン・ウーが好きです。 [review] (ハム)[投票(2)]
★4結局どう作っても三国志ファンからは叩かれるでしょうが、歴史に興味を持たせるには充分な出来でしょう。 [review] (甘崎庵)[投票(8)]
★4トニー・レオンで良かったのかなぁ・・・ [review] (chokobo)[投票(4)]
★4まあ、何百年もの間人々に愛され続けている三国志ですから、ストーリーは面白くて当たり前。 [review] (TM(H19.1加入))[投票(3)]
★4鑑賞後の一言 「意外と忠実」 [review] (ぐ〜たらだんな)[投票(3)]
★4中国よりも三国志ファンが多い日本での評価はかなり低くなるであるのは仕方がない。コアなファンにはどうやっても物足りないし、ツッコミどころ満載なのは確かだ。が、次代に向けて女性や子供たち新しい三国志ファンを開拓する可能性は見せてくれていると思う。2008.11 劇場 [review] (チー)[投票(3)]
★4「戦いの場面」より、「ドラマのシーン」の方が私には圧倒的に面白く感じた。かなり「三国志初心者」の私にとっては筋立ても判りやすかったと思う。 [review] (プロキオン14)[投票(2)]
★4まるで日本の、往年の、豪華スター競演の大作時代劇を見ているようだった。 [review] (シーチキン)[投票(2)]
★4単純明快、アクション映画に割り切って正解。ジョン・ウー節炸裂。彼の代表映画の一つといって過言ではない。 (二液混合)[投票(1)]
★3鳩の飛ぶシーンの長回しを見つつ、「これを《長回し》と呼んでいいのでしょうか溝口監督?」と問う自分がいる。 [review] (ジェリー)[投票(4)]
★3初老、傲慢、気弱と意外小さく描かれた君主らに比べ、家臣らの活き活きとした姿。イーモウの華はないが、ウーには男の血と体臭が充満。小気味良いシーンがドンドコ繰り出される様はまるで刻々と変わる陣形を観るようだが、続編へつなぐ終盤がちと冗長。 (chilidog)[投票(4)]
★3武将の能力を数値化したKOEIのゲームさながらに各武将がその能力を発揮する。まるでゲームの実写化か。獅童のオリジナルキャラはパワーアップキットにて新武将作成したのかと邪推する。 [review] (sawa:38)[投票(3)]
★3私たちがジョン・ウーに求めるものと言えばただひたすらにアクション映画でしかないのだから、結果的には「赤壁の戦い」だけという割り切り方は正解だったと言ってよいのではないかと思う。 [review] (ナム太郎)[投票(2)]
★3孔明はエルフいや、ガンダルフか。張飛はどうみてもドワーフ。赤壁は、ミナス・ティルス。うんうん、すべてが「ロード・オブ・ザ・リング」の既視感。ホビットがいないのが寂しいくらい。 (minus-zero)[投票(2)]
★3三國演義は魅力的な嘘臭さと単位の水増し感が肝なので、ワイヤーアクションなどのトンデモアクションとヒーロー乱舞は否定しない。しかし中華版スターウォーズとも呼ぶべき勧善懲悪と簡略に堕としたことで「正義」を相対化する今日的価値を喪失した。さらにエンタメの癖に曹魏陣営に魅力ゼロという不可解な凡ミスが重なる。さらに頭に来るのは・・・ [review] (DSCH)[投票(1)]
★3ほとんどなぶり殺しに近い戦法で敵を包囲した上で「やー我こそは」てな感じで猛将たちが次々登場。何かずるい感じで熱くなれない。オーバーラップやスローモーション等原理主義的手法を衒い無く使いまくられ諦念の最中で俺は鳩に乗って無我の境地へ誘われる。 (けにろん)[投票(1)]
★3注:赤壁の戦い自体はこの作品では一切行われません!全て後編です。つまり、今作は壮大な前フリです!もういいかげん映画の予告を観る度にこういうことを言うのにも飽きてきたんだけど、インチキ宣伝はやめていただきたい。 [review] (ごう)[投票(1)]
★3三国志は、昔からの大ファンだった。しかし、なぜか今作品で孔明・周愉ら英傑達が虐殺者に見えてしょうがなかった。 [review] (Hobbit☆)[投票(1)]
★3エロシーンが上出来でした。戦闘シーンはただただ退屈で、スローモーションもサム・ペキンパーの『戦争のはらわた』方がずっといい。 (PaperDoll)[投票]
★2理解―――あるいは、ジョン・ウーへの惜別の言葉(仮) [review] (のらぞんざい)[投票(8)]
★2汚いカメラワーク、下品な音楽、ニヤつくだけの孔明、どこを取っても最低。アホくさ。下手クソ過ぎる。でも、気になってる方きっといると思うので一応報告だけしておきますね。鳩は、 [review] (mal)[投票(8)]
★0小喬が可愛すぎるにも程がある、もしくは美人すぎる呉の市議。こんな嫁と毎晩XXできるなら、曹軍100万と天秤にかけても開戦論しか選択肢なし。男に理屈はいらない。ビアンカとフローラで悩む必要なし。 [review] (氷野晴郎)[投票]
Ratings
5点10人*****
4点57人****************************.
3点72人************************************
2点14人*******
1点0人
153人平均 ★3.4(* = 2)

[この映画が好きな人]

POV
映画で俯瞰(ふかん)する世界史・人類史  (いくけん)[投票(16)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「レッドクリフ PartI」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Red Cliff」[Google|Yahoo!]