コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう (1972/)

Everything You Always Wanted to Know About Sex * But Were Afraid to Ask

[Comedy]
製作総指揮ジャック・ブロドスキー
製作チャールズ・H・ジョフィ
監督ウディ・アレン
脚本ウディ・アレン
原作デヴィッド・ルーベン
撮影デビッド・M・ウォルシュ
美術デール・ヘネシー
音楽マンデル・ロウ
出演ウディ・アレン / ジーン・ワイルダー / ルイーズ・ラッセー / バート・レイノルズ / アンソニー・クエイル
あらすじタイトル通り。ウディ・アレン監督・脚本・出演の全7話からなるオムニバス映画です。「媚薬って効くの?」という男性諸君の疑問から、「動物に恋してしまった・・」という禁断の愛、女装、性癖、精子の運命etc...。あなたの疑問・悩みをウディ・アレンが優しい手ほどきで(体を張って)答えてくれるはずです(笑)。第1話「媚薬の効能」/第2話「ソドミーって何?」/第3話「エクスタシーは所選ばず」/第4話「女装の歓び」/第5話「これが変態だ!」/第6話「SFボイン・パニック」/第7話「ミクロの精子圏」。彼独自の風刺やパロディも満載(なはず。) (ナッシュ13)[投票]
Comments
全50 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ウサギ満載のオープニングからして、すでに名作(?)の予感。全然教えてないのが最高。 (ゼロゼロUFO)[投票(6)]
★5大掛かりなオープンセットなど、ほぼ同時期のスリーパーに似ている感じ。バート・レイノルズとの会話が、傑作。 (kawa)[投票(1)]
★5腰がぬけた。 [review] (chokobo)[投票(1)]
★5その一点に絞込み、しかも美人ばかりを選んで、それらしく見せることを貫いた態度は見事。考え抜いたというよりも、研ぎ澄まされたセンスがあるからこそしっかり笑える。また、ウディ・アレンにはSFの道を進んでほしかったなあとつい思ってしまった。 [review] (シーチキン)[投票]
★4第1話「媚薬の効能」に登場するちゃちいウッディ人形がかわいい。第7話「ミクロの精子圏」に登場する着ぐるみウッディもいいが、ビジュアル的には第1話が勝ちだと思う(誰もウッディのビジュアルには期待してないだろうけど)。 [review] (tredair)[投票(6)]
★4幾千の白いウサギの、幾千のピンクの鼻にエクストラ・ポイント。目が離せない原因はあのリズムにある…。 [review] (カフカのすあま)[投票(5)]
★4ソドミー医者に感情移入してしまった…シリアスな愛のストーリーだってば。 (りかちゅ)[投票(4)]
★4才気走るって70年代のこの人の事 (ボイス母)[投票(3)]
★4こんなものを作ろうと思う人はいるかもしれない。しかし、実際にこんなものを作ったのはウディ・アレンだけなのだ。 (ナム太郎)[投票(2)]
★4ウッディ・アレンほど道化師の格好が似合う人はいない (くろねずみ)[投票(2)]
★4どれも笑いましたが、特にツボは二つありました。 [review] (ユリノキマリ)[投票(1)]
★4見ました。(羊o羊) いや〜ん [review] (ピロちゃんきゅ〜)[投票(1)]
★31.高貴な女としたい!、2.インテリの隠された純愛、3.イタリアンはどこでもOK、4.中流はなんでも穏便に、5.TVに出たがるアホウに観るアホウ、6.天才の孤独は限りなく“ふ・く・ら・む”、ときて7番目の話が結構こたえたりする今日この頃・・・ [review] (ぽんしゅう)[投票(4)]
★3ノロマそうなウディ精子じゃ受精は無理。 (町田)[投票(3)]
★37話の「ミクロの精子圏」が好き。受精の瞬間の映像を観るといつも、「この世の全ての人は、大変な競争を勝ち残ったんだよなぁ」と思う。人間の体の各部位が指令を受けて色々頑張っている姿が面白かった。 [review] (アメリ・プーラン)[投票(1)]
★3先生ぇ,今のところもう一度詳しく説明してくださ〜い。 (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★321世紀になった今見てもそこそこ笑える。 (BRAVO30000W!)[投票(1)]
★3笑えるしブラックで面白いのだけれど突き抜けない。「ソドミーって何?」や「女装の歓び」などはさらに膨らませればブニュエルのような重喜劇にできたはずで、苦いが軽いユダヤジョークで済ませるには惜しい題材と思う。 (寒山)[投票]
★3ドリフみたいやな(05.5.6) (ババロアミルク)[投票]
★3何が笑えるって、 [review] (ころ阿弥)[投票]
★2面白いのは精子編だけ。ウディ・アレンじゃなかったら、ここまで評価されないのでは? (高円寺までダッシュ)[投票(2)]
★2笑えるところもあるけど、結構滑っているところも多いし笑いとしては中途半端。当時の時代背景から考えると衝撃だったのかも知れないけど、特に見るべきところはない。 [review] (CGETz)[投票(1)]
Ratings
5点19人*******************
4点46人**********************************************
3点48人************************************************
2点9人*********
1点1人*
123人平均 ★3.6(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
題目への異常な愛情又は私は如何にして心配するのを止めないでこれらの作品を観ようとしないのか (アルシュ)[投票(30)]村上春樹と映画 (TOMIMORI)[投票(15)]
邦題のむこうに〜直訳って言わないで編 (LOPEZ que pasa?)[投票(5)]ニューヨークの憂鬱 ウディ・アレン (さいもん)[投票(3)]
エロでバカだがピュア=男である ()[投票(1)]目で楽しむ映画 (おしゃれねこ)[投票]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Everything You Always Wanted to Know About Sex * But Were Afraid to Ask」[Google|Yahoo!]