コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ツィゴイネルワイゼン (1980/)

Zigeunerweisen

[Drama]
製作荒戸源次郎
監督鈴木清順
脚本田中陽造
撮影永塚一栄
美術木村威夫
音楽河内紀
出演原田芳雄 / 大楠道代 / 藤田敏八 / 麿赤児 / 大谷直子 / 玉川伊佐男 / 樹木希林
あらすじ旅先で出会った陸軍士官学校の教授・青地(藤田敏八)と同僚で友人の中砂(原田芳雄)。二人の泊まる旅館に呼ばれた芸者・小稲(大谷直子)。作曲者のサラサーテ本人が演奏する『ツィゴイネルワイゼン』のレコードを聴く青地と中砂。コンニャクをちぎる中砂の妻(大谷直子、二役)。青地の妻・周子(大楠道代)を抱く中砂。骨の美しさを話す中砂から、骸骨を交換しようと言われる青地…。飛躍する物語と鮮烈なイメージが織りなす、妖しくも美しい世界。[144分/カラー/スタンダード] [more] (Yasu)[投票]
Comments
全97 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5「あっち」+「こっち」÷3=割り切れません。これは偉いもんを観ちまった!眠ってる場合じゃねぇぞ、俺の感性! [review] (町田)[投票(19)]
★5映画少女であったころのドーム小屋での一度の逢瀬。 [review] (ALPACA)[投票(12)]
★5ひとが切り通しを抜けるたびに、時空の裂け目から存在のあやうさが露出していく。 [review] (ぽんしゅう)[投票(8)]
★5微妙に個性のずれた主演四人の違和感が全編を引きずり、それに間断のない効果音がかぶり、恐怖が継続していく。『CURE キュア』はこの映画の申し子と断定したい。レコードまで共通している。そして、どちらの映画も絶品です。 [review] (いくけん)[投票(7)]
★5最も好きな邦画の一つ。妖しく美しくワケノワカラン加減が最高! [review] (ペペロンチーノ)[投票(7)]
★5奇跡的なまでの、思わせぶりの美の極致。全身の粘膜を限りなく鋭敏にして、研ぎ澄まされた死の造形を感じたい。時空の狭間に身投げする覚悟を決めて、どっぷり観る作品。 (mal)[投票(6)]
★5洗練を極め、漂白される、艶めかしい、美しさ。 [review] (あき♪)[投票(5)]
★4艶麗たる妖かしの世界、この世とあの世の境目 [review] (ちわわ)[投票(8)]
★4「わかるわよ、いつだって骨をしゃぶるみたいな抱き方だもの。」 [review] (ダリア)[投票(6)]
★4生まれて初めて映画に酔った。映画館を出て自宅までどうやって帰ったか覚えていない。[シネセゾン渋谷] [review] (Yasu)[投票(6)]
★4日本家屋特有のひんやりした怜悧さに、ツィゴイネルワイゼンのレコードの謎めきが相乗し、異様世界に優美さを生ぜしむ。そして、数々登場する食べものが情感と直結。鰻、鱈の子、水蜜桃…何より恐ろしげなのは、大谷直子のちぎりこんにゃく。 [review] (緑雨)[投票(3)]
★4鑑賞中、何十分も眠ってしまったのか、ほんの数分ウトウトしただけなのか…どちらにせよ、全く差し障りないような気がする。眠ったり起きたりしながら、エンドレスで観てみたい。 (movableinferno)[投票(3)]
★4黒光りしたカブトムシを一噛み、甘苦く生温かい黄色い液体が口腔いっぱいに広がって、舌にまとわりつくような、そんな余韻。 [review] (muffler&silencer[消音装置])[投票(3)]
★4入りたくとも入れない。映画の中に。観客を拒絶する映画。だから余計のめりこんでしまいそう。 [review] (モモ★ラッチ)[投票(1)]
★3名作と迷作は紙一重。芸術家の脳味噌の中を探検した気分だ。何が見えたかって? [review] (sawa:38)[投票(2)]
★3自転車から落ちて頭を強打して病院でレントゲンとってもらった際、自分の頭蓋骨写真が妙に気に入って、「これ、もらえますか?」と医者に真面目に談判したことを思い出した。 [review] (はしぼそがらす)[投票(1)]
★3「よくわからん!」というのがホメ言葉になる映画。つくっている本人(監督)もよくわからんらしいので、当然観客もわからんわなぁ…。 (すやすや)[投票(1)]
★3割と好きだなあ。ヘンな人による、ヘンな人のための、ヘンな映画。 (こぱんだ)[投票(1)]
★2今回はたまたま疲労のピーク、それに加えて寛容と複数の視点を懐に持ち合わせていなかったので苦しんだが、「リメイクするなら曲はREBECCAの『FRIENDS』で決まりだな」と思いにふけり、うつつをぬかしてなんとか最後まで堪え忍んだ。疲れた…。 [review] (ジャイアント白田)[投票(3)]
★2かなり期待して観たんですが・・・各場面はなかなか良いんですが、そこで上がったテンションが持たないです。ワケわかんないの好きなんですけどねぇ。 [review] (Cadetsファン改めジンガリーLove)[投票(1)]
★2私の中で鈴木清順という人はどことなくお茶目なイメージがあります。 [review] (づん)[投票]
★0深夜に半分寝ながら見た。しかもかなり前。友達がこれからなにか感じ取ろうと必死に説明していた。そんなの趣味じゃないなぁ。 (tora-cat)[投票]
Ratings
5点84人******************************************
4点78人***************************************
3点48人************************
2点29人**************.
1点2人*
241人平均 ★3.9(* = 2)

[この映画が好きな人]

POV
映画で聴くクラシック (モモ★ラッチ)[投票(27)]● 監督たちの主として映画に対する発言集  (いくけん)[投票(17)]
●極(きわみ)――映像美、映像詩 (いくけん)[投票(14)]ATG映画の奥は深いぞ (町田)[投票(13)]
★★★★★★ (tredair)[投票(13)]最後のアウトロー 追悼、原田芳雄 (ぽんしゅう)[投票(11)]
ジャパネスクin5大国際映画祭 (けにろん)[投票(11)]双葉十三郎が選ぶ日本映画100本 (青二才)[投票(10)]
奇妙な魅力の映画 ()[投票(9)]極私的六つ星映画 (立秋)[投票(8)]
明治、大正の文学 (リーダー)[投票(7)]ごちそう帖 (セネダ)[投票(7)]
40年のバカ騒ぎ (けにろん)[投票(6)]時代の痕跡ーATG公開作品(80・90年代篇) (ぽんしゅう)[投票(6)]
鎌倉×映画 (minoru)[投票(5)]旅人の記録 (moot)[投票(5)]
きねじゅん爺の選択-邦画編- (muffler&silencer[消音装置])[投票(5)]カルト・ムービー集成! (いくけん)[投票(4)]
年代別ベストの不思議 (けにろん)[投票(4)]愛憎の狭間の3人の男〜憎み切れないろくでなし〜(邦画篇) (けにろん)[投票(4)]
喰わせろ。 (DSCH)[投票(3)]映画館でみんなと観たい! (Yasu)[投票(3)]
この監督この一本 (Yasu)[投票(1)]日本アカデミー賞最優秀賞受賞リスト (ハイズ)[投票(1)]
美術・セット・衣装に乾杯!! (ルクレ)[投票]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ツィゴイネルワイゼン」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Zigeunerweisen」[Google|Yahoo!]