コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

チェイサー (2008/韓国)

Chugyeogja
The Chaser

[Action/Crime/Thriller]
製作キム・スジン / ユン・インボム
監督ナ・ホンジン
脚本ナ・ホンジン
撮影イ・ソンジェ
美術イ・ミンボク
音楽キム・ジュンソク / チェ・ヨンナク
衣装チェ・ギョンファ
出演キム・ユンソク / ハ・ジョンウ / ソ・ヨンヒ / パク・ヒョジュ / チョン・インギ / ミン・ギョンジン / ク・ボヌン / チェ・ジョンウ / キム・ユジョン / ハ・ソングァン
あらすじ2人の女の子に手付けを払った直後に失踪されたデリヘル。経営する刑事くずれのジュンホ(キム・ヨンソク)はイラつきまくっていた。女の子不足で派遣依頼に応えられない彼は、風邪で休んでいたミジン(ソ・ヨンヒ)を無理矢理呼び立てて依頼者のもとへ派遣した。しかし、一方で、その依頼者が失踪した女の子たちの最終派遣者と一致することに気づいたジュンホは事件性を疑い、ミジンに向かった住所を連絡するよう密かに命じた。そして、依頼者ヨンミン(ハ・ジョンウ)が現れる…。ナ・ホンジン監督第3作。 (けにろん)[投票]
Comments
全26 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5最初見始めたときからキム・ユンソクソン・ガンホの役どころを演じていることに気づく。顔も似ていないことはない。全体にガンホを意識しているかのような演技だ。そのうちに気がつかなくなるが、、。 [review] (セント)[投票(2)]
★5人種や町並みも多少日本と似ているだけに妙にリアル。「夜」と「昼」の対比が見事で、迫力ある骨太サスペンス。秀逸。93/100 (たろ)[投票(1)]
★4物語を転がす要因がもっぱら警察の無能さであるという点が作劇の稚拙さとして批判を集めるだろうし、またそれが現代韓国の社会批判として構想されたものだったにしても特に感心はしない。しかしとても面白い。観客が嫌悪感を抱くであろうこともものともしない、面白さに対してひたすら貪欲な姿勢に敬服する。が、しかし。 [review] (3819695)[投票(7)]
★4テーマからしてポン・ジュノを仰いでいるのは明らかだが、本家に二、三歩及ばず、欠落の穴埋めを既製品のトレースや虚仮おどしに逃げた感も一部否めない。しかし、暴力の様態を極力「打撃」に徹底して「無常と怒り」を文字通り叩きつける演出は明快で正確。暴力のグロテスクなユーモア感も時に本家を凌ぐ。「接近戦」の映画。 [review] (DSCH)[投票(5)]
★4イレギュラーな展開はグダグダだが苦にならない。ゴミでも頼らざるを得ない女と心根ではゴミではない男の距離感が絶妙だからだ。だから決定的に携帯留守録が心揺さぶる。『殺人の追憶』ほど深淵でもないが演出の筆力は肩を並べるとも思う。 (けにろん)[投票(4)]
★4後半になるにつれて話に無理が出てきたり、ダーティさが魅力な主人公もどんどん浄化されちゃって普通の良いキャラになったりと残念な所もあるが、この映画の魅力はどこまでも続く坂道だらけの町並みだと思う。 [review] (ギスジ)[投票(3)]
★4解釈してしまえば韓国的情念の映画という他ないのだが、見せ方がしっかりしているだけにそんなことは気にもならずに過ぎてゆく。 [review] (SUM)[投票(3)]
★4猟奇殺人ものとしては『羊たちの沈黙』とほぼ互角かもしれません。 [review] (chokobo)[投票(2)]
★4数ある殺人の中でその事件だけが特権化してしまう。しかも顔貌の好い子どもをダシにするため特権化してしまうことが倫理に悖るように見えてしまう。時間制限が緩和され続ける緊張のなさと徒労に冷静さを強いられて、事件が特権化したと認知できるのである。 [review] (disjunctive)[投票(1)]
★4物語的に見ても、警察の無能さというモチーフが猿回しの猿の域を出ていないように、監督の演出はやたら冗長で、描きたいことの本質が捉えきれていない感が残る。が、それでもこの映画は面白い。 [review] (ナム太郎)[投票(1)]
★4細かい演技指導があったのかわからないが、パイプイスの左ストレート(?)、スローモーションで再生してみてもその美しさに惚れ惚れする。間違いなく語り継がれるシーンだ。 (ガリガリ博士)[投票(1)]
★4不吉。 [review] (G31)[投票(1)]
★4映画として大変に面白い。あっと言う間の2時間。が、しかし、韓国警察のトロさ、鈍臭さにフラストレーション溜まりっぱなしの2時間でもある。 [review] (青山実花)[投票(1)]
★3所々強引な展開に「なにぃ!?」というそりゃないだろ感が湧いてきたし、追跡者としての落とし前も微妙な線。但し、全編を貫く主人公及び映像自体のソウル(魂&韓国)フルな熱気は是非邦画にも欲しいところ。もう少し犯人の異常っぷりやバックボーンに深度があれば更に良かったと思うし、何とも言えない徒労感にも磨きがかかっただろう。 (クワドラAS)[投票(2)]
★3いささか強引なのか、すこぶる豪腕なのかはまだ分からぬが、ナ・ホンジンは非凡な力技で、勢いあまって「善やら悪やら」あるいは「悲嘆やら情感やら」をもねじ伏せてしまった感あり。活きのよさのみでの爆走は、新人監督にとって決して悪いことではないのだが。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
★3警察のどこか抜けた振る舞いは、韓国警察の怠慢と無能を弾劾する!という社会派な熱さよりは、暴力のグロテスクさと表裏のブラックユーモアとして活かされている印象。舞台の「狭さ」が、紙一重で出遭いまた行き違うドラマのスレスレ感を演出。 [review] (煽尼采)[投票(1)]
★3あまりにも救いのない話で二度と見たくないが、リアリティ、映像、演出は完璧。 (りゅうじん)[投票]
★3韓国ドラマは好きじゃないのだが、『殺人の追憶』などこの手の映画は邦画よりもパワーがあり、面白い。人間のドロドロしたところや汚れた部分を、そのまま勢いでこっちにたたきつけてくるような演出だからだろうか? [review] (CRIMSON)[投票]
★3サイコ野郎にもう一癖&話にもう一捻り欲しいが、今の邦画にはない過剰な暴力&残酷描写はいかにも韓国映画らしくて魅力的。 (TOMIMORI)[投票]
★3俺はヤワになってるのか? こういうものにはかかわりたくない。たとえ映画でも。されど、問題提起に免じて平均点を。 [review] (オノエル)[投票]
★2どうやら、「冷静沈着」「頭脳明晰」という言葉はないらしい。日本の警察機構好きからしたら、韓国警察は馬鹿すぎて腹が立つ。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(1)]
Ratings
5点7人*******
4点31人*******************************
3点19人*******************
2点1人*
1点0人
58人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
実際に起きた事件や犯罪、犯人をモチーフとした映画 (脚がグンバツの男)[投票(18)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「チェイサー」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Chaser」[Google|Yahoo!]