コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

野火 (1959/)

監督市川崑
脚本和田夏十
原作大岡昇平
撮影小林節雄
美術柴田篤二
音楽芥川也寸志
出演船越英二 / ミッキー・カーチス / 月田昌也 / 杉田康 / 沢口善博 / 滝沢修
あらすじ太平洋戦争も佳境のフィリピン・レイテ島戦線。野戦病院から、肺病を患っている田村上等兵(船越英二)が部隊に戻ってきた。しかし田村は食糧不足の部隊に復帰することを許されず、再び戻った病院でも追い払われる。仕方なく病院裏の林で寝起きするようになった田村は、ここで永松(ミッキー・カーチス)と安田(滝沢修)という兵隊と出会う。そんな折、この病院は米軍の攻撃を受けて壊滅。辛うじて生きのびた田村は、残りの兵たちと日本軍の集結地目指して逃げるのだが…。1961年ロカルノ映画祭最優秀長編劇映画賞受賞。[105分/モノクロ/シネマスコープ] (Yasu)[投票]
Comments
全16 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4かつて「赤い土と岩」が描けていないと『ビルマの竪琴』をリメイクした市川崑。金田一を撮ってる場合じゃない。本作の「狂おしい緑と泥」そして「肉の赤」を何故リメイクしないのか?若い日本人はこういう「色彩」をこそ必要としているはずなのに。 (sawa:38)[投票(1)]
★4これこそ僕が見たかった「戦わない戦争映画」だ。 (TOMIMORI)[投票]
★4結末の説得力と淡々とした描写、俳優の不気味な存在感は、まさに市川ワールド。 (檸檬)[投票]
★4もはや、戦闘集団として機能していない兵士達。糧を求めて餓鬼の如く戦場を彷徨う姿は、まさに地獄絵図だ。かつて多くの同胞をこのような死地に追いやったこの国で、我々が(一見)平和な生活を営んでいるというのも、ぞっとしない話だ。 (ガブリエルアン・カットグラ)[投票]
★4戦場のリアリズム。そこにイデオロギーなどというものは存在する意味がない。[Video] (Yasu)[投票]
★3「猿だろうが何だろうが、いざとなったら喰うよな」という思いを、踏みとどまらせるにはいささか上品過ぎた。ヒューマニスト和田夏十市川崑の限界か。ボクサー役のための減量が話題になった俳優がいたが船越英二達は本当に死ぬほど痩せている。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3「神」を切ったのは一見英断に見えるが、ならば新たな何かを付与するか残されたもの透徹させるしかない。考え得るのがカニバリズムだが表層的である。どんなジャンルも料理して見せるという夫婦茶碗の奢りが産んだ通り一遍の作。 (けにろん)[投票(1)]
★3夏十の脚本はラストを変えている。1つのヒューマニズムの主張ともいえるが、物語の流れからみると、やはり原作の方が無理がないように思う。無理に脚本化(映画化)する必要もなかったとも思う。タイトル‘野火’の意味するものは、どちらにしても素晴らしい。 (KEI)[投票]
★3美味そうに塩を食う。68/100 (たろ)[投票]
★3ブラックユーモアになるはずの軍靴の履き替えの件など、市川崑の演出ではほのぼのユーモアになってしまっており、いかにもちぐはぐ。しかし地元民がいて野火が上るという当たり前の事実を重視した和田夏十の脚本は、野火を観念劇の道具にした原作への批評になっており立派。 (寒山)[投票]
★3市川崑小林節雄のスタイリッシュな映像表現は、作品のテーマ性を暈し薄めてしまったように思える。塩を舐めて落涙する場面と浜村純の顔面演技以外に、これと云った見所がない。 (町田)[投票]
★3仲代達矢が演ってもこうは出来なかったのではないか。そっくりに見えても船越英二だからこそ。…この惨状を「当たり前、戦争なのだから」と見るか。それはもう麻痺してきているんじゃないか、君も。 (死ぬまでシネマ)[投票]
★3ナレーションの抑揚の無さと同様余りに淡々と流れる調子。いまいち何が描きたかったのかわからない。 (ころ阿弥)[投票]
★2冒頭の長ったらしい説明的台詞から、もうやだなぁって思った。全体的に刺激に欠ける画面。ミッキー・カーチスは良い。 (ゑぎ)[投票(1)]
★2戦争ヘンタイ。 (G31)[投票]
★2淡々としすぎていて、暗すぎて、ついていけない。船越英二の演技もいつもより冴えて無い気がする。 (直人)[投票]
Ratings
5点0人
4点14人**************
3点17人*****************
2点4人****
1点0人
35人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
第二次世界大戦と映画 アジア編 (町田)[投票(14)]バイブル2 (けにろん)[投票(13)]
男もすなる脚本というもの女もしてみんとてするなり (ぽんしゅう)[投票(11)]キネマ旬報ベスト・テン脚本賞一覧 (寒山)[投票(5)]
☆シネマしりとり☆の記憶 (ガブリエルアン・カットグラ)[投票(2)]
Links
検索「野火」[Google|Yahoo!(J)|goo]