コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

オーケストラ! (2009/)

Le Concert

[Drama/Comedy]
製作アラン・アタル
監督ラデュ・ミヘイレアニュ
脚本ラデュ・ミヘイレアニュ / アラン・ミシェル・ブラン / マシュー・ロビンズ
原案エクトル・カベロ・レイエス / ティエリー・デグランディ
撮影ローラン・ダイヤン
美術クリスティアン・ニクレスク
音楽アルマン・アマール
衣装ヴィオリカ・ペトロヴィッチ
出演アレクセイ・グシコフ / メラニー・ロラン / ドミトリー・ナザロフ / フランソワ・ベルレアン / ミウ・ミウ / ヴァレリー・バリノフ / アンナ・カメンコヴァ / リオネル・アブランスキ / アレクサンドル・コミッサロフ / ラムジー・ベディア
あらすじ旧ソ連のボリショイ劇場楽団の指揮者にして“巨匠”と呼ばれたアンドレイアレクセイ・グシコフは30年前、共産党政権に楯突き屈辱的なやり方でその座を追われ、今は劇場清掃員になっていた。ある日、支配人室の掃除中にパリからの出演依頼FAXを見た彼は、ボリショイ楽団になりすまし自分が再び指揮者として演奏することを思いつく。アンドレイは共産党員で落ちぶれたかつての敏腕マネージャーや、自分と同じように劇団を追い出された仲間たちを集める。パリで演奏する曲をチャイコフスキーの「ヴァイオリン協奏曲」に決め、そのソリストとして一流スターのアンメラニー・ロランを指名した。(124分) (シーチキン)[投票]
Comments
全42 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5荒唐無稽な(しかしテンポの良い)ルックのあとで観衆の胸に残されるはにかんだ赤心の情熱。ラデュ・ミヘイレアニュ、お見事。ついでに、メラニー・ロランにメロメロ。 [review] (ぐるぐる)[投票(2)]
★5ラスト12分。指揮者とソリストの無言のコミュニケーション。暗黒の歴史と、和解と、秘密。語らずとも理解し得る音楽の素晴らしさ。数ある楽団もの、音楽映画のカテゴリで突出している。個人的には「アマデウス」の次くらい。 [review] (まー)[投票(2)]
★5歴史に踏みにじられて散り散りになってもしぶとく熱く生きる、人への、音楽への想いを束ね、爆発させる展開に涙が止まらない・・・そう、これが魂の音楽。心を引き裂かれても人は演奏したいものなんだ!神が降りてくる瞬間は必ずあるんだよ!(いち奏者としてやや感情的なレビュー) [review] (DSCH)[投票(2)]
★5ちょっとご都合的なところが目についたが、最後の演奏シーンはまさに圧巻。そしてその中でも燦然と輝く光を放ったメラニー・ロランにやられてしまった。 [review] (シーチキン)[投票(2)]
★5涙腺大決壊!! チャイコフスキーが効く効く!!! [review] (worianne)[投票(2)]
★4ちょっとトミー・リー・ジョーンズ似のゆるキャラ主人公が織り成すハートフル音楽ドラマというルックスの下に、質実剛健な歴史認証が垣間見える。観客のミスリードを誘う脚本のうまさも特筆もの。 [review] (shiono)[投票(11)]
★4予告編を何度か見てしまっていたから、冒頭のオーケストラを再結成という部分が意外性もなく、面白みを欠いた。でもこれは作品のせいではない。今や予告編はやり過ぎなのだ。本編へのワンステップだということを配給会社はお忘れなのか。 [review] (セント)[投票(6)]
★4年寄りが昔の夢よもう一度とばかり頑張るゆるゆるな物語なのだが、チャイコフスキーの協奏曲がいい。こっちの涙腺もゆるゆるジャケ。 (G31)[投票(2)]
★4乱暴な筋立てと悪ふざけとノーテンキに丁寧にラッピングされていたのは、驚くほどストレートで真摯なメッセージと最上級の映画的体験だ。幸せな高揚感に包まれる瞬間。 (TM)[投票(2)]
★4基本的にはダメ人間たちの話。 [review] (HAL9000)[投票(2)]
★4いろいろ注文もつけたくなるが、やはり最後の演奏シーンは圧巻。オチも予想は付くものの、最後にはホントに拍手を送りたくなった。素晴らしい。 (stimpy)[投票(1)]
★4移動手段が救急車だったり唐突に銃撃戦が勃発したり、物語にとって過剰なコメディ成分が楽しい。楽団員の「多さ」ゆえ急ぎ足となる再会/仲間集めは『スペース カウボーイ』のような味わいを持てないが、演奏シーンに視覚的高揚感が生まれるのも「多さ=集団アクション」のためだ。あと、メラニー・ロラン大好き。 (3819695)[投票(1)]
★4後半音楽で持っていくのは、ちとズルいなぁ。 でも「良い」。 [review] ()[投票]
★4映画は時にあり得ないことを可能にしてくれる夢の舞台。下手に凝った演出のないところがシンプルでよかった。 (ルリマツリ)[投票]
★4妙に回りくどいのだけど終わってみると意外とシンプルな物語。現代+たった30年前の設定でこんな悲惨なことがあったこと自体驚き。日本は平和でよかった。それにしても音楽の力である。凡庸な展開を補って余りあるヴァイオリン協奏曲の見事さ。この曲ってこんなに素敵だったっけ? (tkcrows)[投票]
★3映画を観た日、家に着いてまずしたことはヴァイオリン協奏曲のCD探し。映画で音楽の良さに気付かされることってありますね。2010.5.7 (鵜 白 舞)[投票(1)]
★3練習しなきゃ無理。仲間を思う気持ちがどれだけあっても無理。 (黒魔羅)[投票]
★3主人公の長年の思いはよく分かったが、作品としてはコミカルな部分が多く、シリアスなのかコミカルなのかよく分からない。これもフレンチエスプリとでもいうつもりなのかな? (KEI)[投票]
★3よくある直球勝負の感動ものとして上出来。ソ連ネタのコメディは笑える。フランス共産党も戯画化されているが、ほとんどあんなものだったらしく、勉強になった。 [review] (寒山)[投票]
★3高評価を知っての上での鑑賞だっただけに、自分内のハードルも少し高めだったことも確か。が…、結局は楽しみ所を探してるうちに終わってしまった感が。やはり自分にはもう少しあからさまに盛り上げる映画が好みであることを再確認。 [review] (takamari)[投票]
★3お話しザックリ、お笑いイマイチ、なのに気持ちよく大団円。なんか卑怯だ。 (らーふる当番)[投票]
★2善良さが滲み出ているとはいえ、まったく姑息な作劇だ。団員たちは皆、音楽よりも大事なことがあるようだし、演奏の成否も人間ドラマに従属している。人間が音楽に奉仕すべきなのであって、その逆は許し難い。物語の歯車に堕した音楽。 [review] (煽尼采)[投票(3)]
★2ちょっと期待外れ。 ドタバタ部分が騒々しいだけで全く笑えず、音楽に感動しているのかドラマに感動しているのか自分でもわからなくなってしまった。 タイトルも「コンチェルト」でええやないかと思うが、『ブラス!』のパクリだろうか。[むさしのミュー/100701] (TOMIMORI)[投票(1)]
★0久しぶりに劇場で寝てしまったので、内容は語れない。それなのに話の筋は充分に理解しているという矛盾。シチュエーション・コメディにとってネタバレ広告の存在は致命的だ。ヌートリアEさんの発言でふっ切れた気持ちで書き込む気になった。 [review] (水那岐)[投票(2)]
Ratings
5点21人*********************
4点41人*****************************************
3点23人***********************
2点5人*****
1点0人
90人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
この人は、コレが一番! (シーチキン)[投票(4)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「オーケストラ!」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Le Concert」[Google|Yahoo!]