コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

リバティ・バランスを射った男 (1962/)

The Man Who Shot Liberty Valance

[Western]
製作ウィリス・ゴールドベック
監督ジョン・フォード
脚本ウィリス・ゴールドベック
原作ドロシー・M・ジョンソン
撮影ウィリアム・H・クロージア
音楽シリル・モックリッジ
衣装イーディス・ヘッド
出演ジェームズ・スチュワート / ジョン・ウェイン / ヴェラ・マイルズ / リー・マーヴィン / ウディ・ストロード / リー・ヴァン・クリーフ / エドモンド・オブライエン
あらすじ西部の小さな町シンボーンの牧場主トム(ジョン・ウェイン)の葬儀に参列するため、上院議員夫妻(ジェームズ・スチュアートベラ・マイルズ)が帰ってきた。上院議員は町の新聞記者に問われて、トムにまつわる過去の日々を回想する。その頃の西部は銃が法律であり、無法者リバティ・バランス(リー・マービン)が暴れまわっていた・・・。(123分) (AONI)[投票]
Comments
全25 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5文句無しの傑作。ジョン・ウェインはいつも通り粗野で優しく、ジェームズ・スチュアートはここでもまたパラノイアックなまでに正義と理屈の闘士を演じる。単に豪華共演というだけではない。二人の掛け合わせが、変わりゆく西部を端的に象徴し、奇跡のシナジーを生む。 [review] (緑雨)[投票(2)]
★5西部開拓時代が終わり、アメリカが一つになっていく時代を現代のルーツをして描こうとしたジョン・フォードの試みは、見事に成功している。 [review] (----)[投票(2)]
★5人物設定のなんとドラマティックなことか。ジェームス・スチュワート主演の最高傑作の一本。人あたりの良さとか、優しさを全面に出さずなおかつこれだけ魅力的な人間ドラマを見せてくれたジョン・フォードの手腕に脱帽。 (トシ)[投票(2)]
★5考えてみれば、本作の前年には『ウエスト・サイド物語』が公開されていたわけだ。これはもうフォードが西部劇の終焉を描いても仕方ないことだったのだろうなと、そんな事実ひとつをとってもそう思えてしまう。 [review] (ナム太郎)[投票(1)]
★5そして神話は語り継がれる・・・。 [review] (AONI)[投票(1)]
★5ジョン・ウェインの葬式に始まる本作は、西部劇そのものへのレクイエムだったのかもしれない。 (丹下左膳)[投票(1)]
★5撃たれても立ち向かう姿。そこに勇気を見た。93/100 (たろ)[投票]
★5ストーリーの面白さが大であるが、それをジョン・フォードは彼らしいしっとりとした情感に満ち溢れた作品に仕上げた。好編だ。 (KEI)[投票]
★5これほどジェームズ・スチュアートを心から愛せる映画はない。それはスチュアート的キャラクタの「弱さ」が厳しく描かれていながらも、同時にその弱さが「美しさ」として迫ってくるからだ。 [review] (3819695)[投票]
★5何より従者からジョン・ウェインへ、そして再び従者へと音もなく宙を行き来する銃の見事さ。強きヴェラ・マイルズリー・マービンの痛快なワル。エドモンド・オブライエントーマス・ミッチェルの役どころ、ですね。 (動物園のクマ)[投票]
★5♪タンタ〜ンタ・ターンタンタ・タ〜ン・・・この曲大好きです。ミステリーな謎解き場面も豊富で、異色西部劇としては最高。ジョン・ウェインの人間臭い演技にも好感!愛する女の駆引きと凄腕の拳銃裁き、酒は豪快に飲み干す、これが西部の男だね〜。 (かっきー)[投票]
★4ジェームズ・スチュアートという“俳優”に乾杯! [review] (らむたら)[投票(3)]
★4西部劇と回想は水と油と思っていたが・・・。 観て、ほっとした。流石はフォード監督! [review] (スパルタのキツネ)[投票(2)]
★4ジョン・フォード監督が作った西部劇をテーマとした「詩」としては、情感のこもり方や、在りし時代への惜別感と言い、間違いなく彼最後の名作。役者達がそれにしっかり応えているのも嬉しい (タモリ)[投票(1)]
★4ベラ・マイルズの店で出すステーキがすごい。14インチのテレビ画面ぐらいある。ジョン・ウェインジェームズ・スチュアートはどっちが主人公? (ラジスケ)[投票(1)]
★4モノクロのスタンダードサイズに相応しい「扉」「窓」を利用した奥行きのある厳格な画面が印象的だ。回想形式でありながらいささかも説明臭くないのが良い。 [review] (赤い戦車)[投票]
★4人物造詣が奥深い。なかでもジェームズ・スチュワートの誠実さが胸を打つ。反面、ジョン・ウェインの見せ場が存外に少なかったのが、残念といえば残念だけど。 (FreeSize)[投票]
★4人生の喜怒哀楽が伝わってくる。ジョン・フォードの描く西部の人間はシンプルでありながら、なんて深みがあるんだろう。 (buzz)[投票]
★4大スター競演に注目!ウォード・ボンドがいないと淋しい。 (ドワイト・アイゼンハワー三世)[投票]
★4その昔話が終った時、ハッと我にかえるほどのめり込めたドラマ。登場人物たちの性格付けがうまい。ところで男の未練もジョン・ウェインが演じるとかっこいいもんだ。 (おーい粗茶)[投票]
★4なんと孤独なジョン・ウエイン。→ [review] (ジェリー)[投票]
★4西部劇の設定で強引に『スミス都へ行く』をやっちゃった。女を奪われた悲しみでデューク暴れ放題。 (黒魔羅)[投票]
★4悪役達が魅力的な西部劇やね。筋書きも単調ではなく楽しめる。 (ハム)[投票]
★3マッチョと文科系の対立。 敗北するはマッチョ。 いやどちらもか。 ★3.5 [review] (たかやまひろふみ)[投票(2)]
★3インテリも最後は武器を手にする、コレOK。アメリカの良心にひそむ本性。そのルーツ、すなわち英雄伝説。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
Ratings
5点15人***************
4点29人*****************************
3点11人***********
2点0人
1点0人
55人平均 ★4.1(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
極私的愛好台詞選 (たかやまひろふみ)[投票(12)]フォード一家で作られた作品 (ドワイト・アイゼンハワー三世)[投票(3)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「リバティ・バランスを射った男」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Man Who Shot Liberty Valance」[Google|Yahoo!]