コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ザ・ウォード/監禁病棟 (2010/)

The Ward

[Horror/Thriller]
製作総指揮アダム・ベターリッジ / リッチ・コーワン / デビッド・ロジャース
製作ピーター・ブロック / ダグ・マンコフ / マイク・マーカス / アンドリュー・スポールディング
監督ジョン・カーペンター
脚本マイケル・ラスムッセン / ショーン・ラスムッセン
撮影ヤーロン・オーバック
美術ポール・ピーターズ
音楽マーク・キリアン
衣装リサ・カリル
出演アンバー・ハード / メイミー・ガマー / ダニエル・パナベイカー / ローラ・リー / リンゼイ・フォンセカ / ジャレッド・ハリス / サリ・セイラー / スザンナ・バーニー / ダン・アンダーソン / ショーン・クック / ジリアン・クレーマー / ミカ・ブーレム
あらすじ1966年、自ら放火した農家の前で呆然としていた少女・クリスティンアンバー・ハードは、そのまま警察に保護され精神病院の、監禁病棟に強制入院させられた。そこには4人の少女たちが入院させられていた。やがて少女が一人、また一人と消えていく。クリスティンは意を決して病院から抜け出そうとするが・・・ジョン・カーペンター監督の10年ぶりの新作。 (シーチキン)[投票]
Comments
全11 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5久々のカーペンター監督作品!ストーリー展開といい、小道具の使い方といい、極上のサイコ・ホラーに仕上がっている。満腹満足。 [review] (サイモン64)[投票]
★4オチは一昔前に流行った例のアレですぐに読めるが、カーペンターの演出自体は割と快調で、結構怖い作品に仕上がっている。特に気に入ったのはダンスの場面だな。近作の温さに失望していた自分としては、この爺さんがまだまだ現役でイケるということが確認できただけでも嬉しい。 (赤い戦車)[投票(1)]
★3所謂、いい意味での「B級」なのだと思う。なんというか、ヒロインその他のキャラクター達の姿かたち、あるいは表情やアクションの、エロスのあるようでないような微妙なバランスがそれらしい(気がする)。ただ、完全にその枠内に収まってしまっている作品でもあるとは思う。若い監督がこれを撮っていたら、どうだっただろう。 (ハイタカ)[投票(2)]
★3怖くない、ひねりもない、オチもいまいちというホラー映画は点数あげられません。 [review] (代参の男)[投票(1)]
★3結構手垢の付いた題材だけど、カーペンターらしく生真面目に撮っています。あんなに親切にヒント与えていいの!?って気もしますが。 [review] (takamari)[投票(1)]
★3いかにもカーペンターらしい、上品で節度のある怖さが心地よい。ヒロインの好ましいたくましさは、わかりやすい雰囲気と物語にとって、ちょうど良いスパイスになっている。 (シーチキン)[投票(1)]
★3最後の真相を考えると、監禁病棟での警備体制や医師の対応が無用心すぎるのが気になる。 [review] (わっこ)[投票]
★3題材といい観客を置いてけぼりにする短兵急な展開といい80年代に量産されたイタリアンC級ホラーを髣髴とさせる。真摯に撮ってそうなるナイス爺さんカーペンターの真骨頂は夢幻に揺蕩うかの如きダンスシーン。ただ、終盤は理に落ちすぎた。 (けにろん)[投票]
★2カーペンターが普通に怖がらせる映画を上手く撮れるわけがない。話も最近の映画を全く観たことがない人が書いたようなレベル。 (ドド)[投票(1)]
★2なんだかなぁ。オレの好きなカーペンター作品はもう観られないのか。 (二液混合)[投票]
★2エゲツないシーンは無に、適度に怖がらせる映画。 (考古黒Gr)[投票]
Ratings
5点1人*
4点4人****
3点17人*****************
2点9人*********
1点1人*
32人平均 ★2.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ザ・ウォード/監禁病棟」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Ward」[Google|Yahoo!]