コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

おおかみこどもの雨と雪 (2012/)

[Animation/Drama/Family/Fantasy]
製作総指揮城朋子
製作藤本鈴子 / 齋藤佑佳 / 岡田浩行 / 井上伸一郎 / 平井文宏 / 阿佐美弘恭 / 弘中謙 / 市川南 / 高田佳夫 / 植木英則
監督細田守
脚本細田守 / 奥寺佐渡子
原作細田守
美術大野広司
音楽高木正勝
出演宮崎あおい / 大沢たかお / 黒木華 / 西井幸人 / 大野百花 / 加部亜門 / 林原めぐみ / 中村正 / 大木民夫 / 片岡富枝 / 平岡拓真 / 染谷将太 / 谷村美月 / 麻生久美子 / 菅原文太
あらすじ都内の郊外にある国立大学に通う花(宮崎あおい)。庭にコスモスの花が咲いた日に生まれたことから、花と名付けられた彼女は、講義中、教科書も持たずノートをとり続ける男(大沢たかお)を見かける。出席票も出さず立ち去る彼に声をかけたことから知りった二人は、すぐにお互いに惹かれていく。やがて彼は自分が“おおかみおとこ”であることを明かすが、花の気持ちは変わらなかった。一緒に暮らし始めた二人には、雪の日に生まれた長女の雪、雨の日に生まれた長男の雨の、二人の子供たち−おおかみこども−が生まれる。子供たちが人間として生きるのか、おおかみとして生きるのか、選べるようにしっかり育てたい。そう誓う二人であった… (peacefullife)[投票]
Comments
全32 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5J( 'ー`)し [review] (甘崎庵)[投票(4)]
★5人が育つ、生きるという根源的なテーマを「画」として描写するところが素晴らしく、「画」であるが故にが心を揺さぶられる。アニメである必然性を一段上の段階まで進めた新たな地平線を示す作品。 (すやすや)[投票(3)]
★5荒唐無稽・ご都合主義な箇所が見え隠れするのはよくよく承知の上で、それでもこの評価にしたい。 [review] (Master)[投票(3)]
★5ジブリ映画の古き良き部分を総ざらいしたようなすばらしい映画でした。(2012/07/22・新宿ピカデリー) [review] (chokobo)[投票(3)]
★5終始はらはらうるうるしながら見入っていた。 (よだか)[投票(1)]
★5頭に焼きついて離れない科白と画面。アニメーションには「魂」の宿る瞬間がある。そう感じさせるシーンがあります。 (Sōjun)[投票]
★4暗いところで見たらすごい美人だし話も弾んで楽しくて気持ちよくお金を払ったんだけど、お見送りされて冷静になってみると「アレ?」ってことあるよね。それ。 [review] (林田乃丞)[投票(13)]
★4とてもまっすぐで分かりやすくいい話。まっすぐ分かりやすくいい話すぎて面白くない。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(5)]
★4自分の生活を捨てて夫や子供に尽くしたところで結局は常に孤独な母親がようやく自らのために溜息をつく、その一瞬を描く映画。 (アブサン)[投票(3)]
★4ファンタジーの二重構造に、妙に生々しいリアリズムが絡み込むことで、ヒロインは理想の偶像と化す。偶像であるが故、その”あり得ない”強さが感動を呼び起こす。 [review] (緑雨)[投票(2)]
★4それぞれ遍在的な自然物・気象現象を指示対象とする和語の一般名詞「花」「雪」「雨」はむしろ人名としては抽象性が高く、「御伽話のよう」と作中人物に自認される物語にはふさわしい。たとえば、ここで雨と雪を「玉三郎」「房江」とでも名づけ直したならば、物語の情緒は大きく損なわれてしまうだろう。 [review] (3819695)[投票(2)]
★4微妙 [review] (ぱーこ)[投票(2)]
★4まるで空気が伝わってくるような、大自然の雄大な描写が気に入った。あの山の景色はスクリーンによく映える。 [review] (パピヨン)[投票(2)]
★4平凡な母の、平凡な子育ての物語。それでいいのだ。堪能できた――と言いたいのだけど。だけど。 [review] (れーじ)[投票(1)]
★4序盤のトントン調子で進む子育てには「そんな上手くいくわけないやろ!」と、『サマーウォーズ』と同じ気色悪さを感じたのだが、主題が露わになるにつれてその辺りは納得。欲を言えば母から子への「教育」の描写にもっと力を入れてほしかったし、「通過儀礼」もあれだけでは物足りないだろう。とはいえ忘れ難く美しい瞬間がいくつもあるのは否定できない。 (赤い戦車)[投票(1)]
★3高水準な細田演出に支えられた危うさ。一定以上の満足感を得られるだけに尚更。 [review] (ガリガリ博士)[投票(3)]
★3作品内リアリティレベルのコントロールがうまくいっていない、いやむしろ、場面によってはそれを放棄すらしているように思える。しかし、そんなことはさほど重要ではない。 [review] (movableinferno)[投票(2)]
★3もう少し物語世界をきめ細かく設計してほしいかも。 [review] (G31)[投票]
★2作り手の都合でリアリティを露骨に出したり引っ込めたり使い分けられて、登場人物に親身になって寄り添える筈もなく。 [review] (ペンクロフ)[投票(17)]
★2細田流の「映画的」で「アニメ的」なものが「なんか新しいもの」を求めて迷走したのか? [review] (HAL9000)[投票(2)]
Ratings
5点23人***********************
4点39人***************************************
3点24人************************
2点6人******
1点0人
92人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「おおかみこどもの雨と雪」[Google|Yahoo!(J)|goo]