コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

オズ はじまりの戦い (2013/)

Oz the Great and Powerful

[Adventure/Fantasy]
製作総指揮グラント・カーティス / パラク・パテル / フィリップ・ステュアー / ジョシュア・ドネン
製作ジョー・ロス
監督サム・ライミ
脚本ミッチェル・カプナー / デヴィッド・リンゼイ・アベアー
原作ライマン・フランク・ボーム
撮影ピーター・デミング
美術ロバート・ストロンバーグ
音楽ダニー・エルフマン
衣装ゲイリー・ジョーンズ
出演ジェームズ・フランコ / ミラ・クニス / レイチェル・ワイズ / ミシェル・ウィリアムズ / ザック・ブラフ / ビル・コッブス / ジョーイ・キング / トニー・コックス / ブルース・キャンベル
あらすじしがない奇術師・オズ(ジェームズ・フランコ)がカンザスで巡業中、竜巻に巻き込まれ、魔法の国に到着。その国の名もオズといい、悪政に苦しむ人々が、国名と同じ名をもつ魔法使いが現れ、国を救うと信じていた。報酬の財宝に目がくらんだオズは救世主を装うが、はたしてただの奇術師に、魔法の国が救えるか・・・?奇才サム・ライミがディズニーと組み、『オズの魔法使い』の世界に挑む。美魔女(正しい意味)3名も大活躍。130分。 (G31)[投票]
Comments
全9 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4今作の売りはやはりビジュアル。CGに金かけりゃいくらお伽の国だろうが、背景もリアルにできたはず。が、今作はその風景がかなり作り物めいて、オリジナルの風景がオーバーラップ。ある程度作り物めいていた方が、いかにも「お伽の国」って感じでいいよね。 (takamari)[投票(1)]
★43Dとか現代版テクニカラーとかより、色んな意味で台詞が心に残る。昔シネスケで『オズの魔法使い』と言えば私だったような。 [review] (marina)[投票(1)]
★43D作品でも大抵2D版で見るのですが、これは見終えたあと、“もいっぺん3D 版で見直したいっ”と思いました。 [review] (G31)[投票(1)]
★4冒頭のモノクロシーンや原色満載の作風がオリジナルへの道筋をちゃんと開いてくれていて、好感度は非常に高い。フランコのキャラ作りも、善良だと言われながらも続きのエピソード(39年版)でしっかり小物のペテン師に戻っているのが不自然なくクスリと笑える。陶器の少女がめちゃくちゃ可愛くて、こりゃあ誰だってメロメロだわなあ。 (tkcrows)[投票]
★4IMAX3D字幕版。3Dでメリエスへのオマージュもあり、にやけ面で観客に甘えてきた『ヒューゴ』を想起させるが、映画の面白さを追求する態度はあちらより遥かに真面目だ。決めるところはきっちり決めてくるサム・ライミはやはり信頼できる。しかし美女3人も揃えておいて、最も繊細に演出されているのが陶器の少女というのは一体どういうことなのだろうか笑 [review] (赤い戦車)[投票]
★3嫌いじゃない。やっぱり画がすごく綺麗! (あちこ)[投票]
★3サム・ライミはディズニーでもサム・ライミしてた。 [review] (ホッチkiss)[投票]
★3哀しいかな、ダメだった、、。やはりこういう映画は童心に戻れない僕は完敗です。映像もとてもいいものがありましたが、この世界に入り切れませんでした。こればっかりは仕方ないかな。まだ、白黒映像部分にはちょっと惹かれました。 (セント)[投票]
★2ある平凡な奇術師の非凡な出来事 または私は如何にしてカンザスを離れてエメラルドシティにたどりつき統治するようになったか [review] (tredair)[投票]
Ratings
5点0人
4点12人************
3点10人**********
2点5人*****
1点0人
27人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「オズ はじまりの戦い」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Oz the Great and Powerful」[Google|Yahoo!]