コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

スター・トレック イントゥ・ダークネス (2013/)

Star Trek into Darkness

[SciFi/Action/Adventure]
製作総指揮ジェフリー・チャーノフ / デヴィッド・エリソン / ダナ・ゴールドバーグ / ポール・シュウェイク
製作J・J・エイブラムス / ブライアン・バーク / デイモン・リンデロフ / アレックス・カーツマン / ロベルト・オーチ
監督J・J・エイブラムス
脚本ロベルト・オーチ / アレックス・カーツマン / デイモン・リンデロフ
原作ジーン・ロッデンベリー
撮影ダン・ミンデル
美術スコット・チャンブリス
音楽マイケル・ジアッキノ
衣装マイケル・カプラン
出演クリス・パイン / ザッカリー・クイント / ゾーイ・サルダナ / ベネディクト・カンバーバッチ / ジョン・チョウ / サイモン・ペグ / カール・アーバン / ピーター・ウェラー / アリス・イヴ / ブルース・グリーンウッド / アントン・イェルチン / ノエル・クラーク / ナズニーン・コントラクター / アマンダ・フォアマン / ディープ・ロイ / クリス・ヘムズワース / ジェニファー・モリソン / レナード・ニモイ
あらすじ任務中にスポックの命を救うために規律違反を犯してしまい、エンタープライズ号の艦長を解任されたカーク(クリス・パイン)。そんな中、ロンドンで事件が発生し、その対策を立てるためにカークやスポックらの仕官や参謀たちが集結しての会議の場が突然襲撃され、恩人のパイク提督が凶弾に斃れる。襲撃したのはジョン・ハリソン(ベネディクト・カンバーバッチ)。逃亡したハリソンを追って、カークとスポックらエンタープライズ号が向かった先はクロノス星。敵対するクリンゴン人の支配する星。復讐に燃えるハリソンをカークたちは追うが、その裏に、彼らが知らない陰謀が隠されていた・・・。 (プロキオン14)[投票]
Comments
全17 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5予告編で流れたマグマのシーンが、クライマックスではなくただの前座だとわかったときの衝撃。全編超絶CGの濁流に飲まれるような映画ではあるが、スポックの性格設定を「実は結構熱い人」にしたのがこのシリーズの成功の源であろうかと思う。しかしかえすがえすも今回の敵役の心情・動機がイマイチ判然としないのであった。 (サイモン64)[投票(1)]
★4冒頭の赤い色彩の映像はなかなか興味深かった。それを過ぎるといつものスタートレックに。今回は悪役の存在が微妙です(後述)。見ている間は退屈感はまるでなし。さすがJ・Jだと思う。 [review] (セント)[投票(1)]
★4こういう本の良くできた作品は観ていて飽きさせないね (二液混合)[投票]
★4キャラクタの習熟度が格段に向上したクリス・パインは安定感と躍動感を兼ね備え、宇宙SFであっても肉体の酷使こそが映画源であることを知悉したJ・J・エイブラムスもさすがに及第点超えの活劇シーンを取り揃える。もっと笑いを解する台詞作家を脚本班に加えて、会話劇としての練り上げを期待したい。 (3819695)[投票]
★4オリジナルを咀嚼の上で、その「濃厚化」に挑戦している気がする。カークはオリジナルより暴走性?が格段にアップしてるし(よく逮捕されないなあ)、それとは離れた部分でも、スコッティやチェコフの三枚目化がgood。 [review] (YO--CHAN)[投票]
★4スタートレックにお色気を持ち込んだことは大きい [review] (HAL9000)[投票]
★4危機また危機の連続で飽きさせない娯楽大作。エンタープライズを陥れようとする不敵で知的なベネディクト・カンバーバッチの悪役振りが最高。演技もアクションもキレキレ。今回は(も?)カークよりスポックの方が儲け役。あんなにハッスルするとは。 [review] (パピヨン)[投票]
★4「スポックってこんなに強かったっけ?」とか「カークのワガママっぷり」にイライライしつつも、全編、目が離せない映像で素晴らしかった。エンタメの極み。 ベネディクト・カンバーバッチがやはりクールでかっこいい。 (stimpy)[投票]
★3概ねにおいて本作は『スタートレック』としては成功だと思われる。だけど、『スタートレック』だから許したくないものでもある。複雑な気分だ。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★3作品全体を通して「ダイジェスト」感が強い。心情変遷などあっさり描きすぎなのではないかと思う。 [review] (Master)[投票(1)]
★3爆走カーク。ぶち切れスポック。宇宙人情もの。悪役もほどほど。どしゃめしゃのSFXは派手だがよく見えない。それにしても毎回3Dメガネを買わされるのはやめてほしい。もう9個もある。 (ぱーこ)[投票(1)]
★3やんちゃなカークは新鮮でいいけど、前作が面白すぎたおかげで、今回はつまらなく感じた。 [review] (coomin)[投票(1)]
★3戻って来ましたね、「宇宙大作戦」が。カークとスポックの‘掛け合い漫才’又カークの悪い癖‘女たらし’と、絶好調。更には何人かのご指摘通り、前に観たシーンも戻って来た。でも半分位は忘れていたけどね。‘新しい生命や文明発見の旅’は次回からですか? (KEI)[投票]
★3絵作りは申し分ない。ベネディクト・カンバーバッチの役柄も許せる。なのに前作の『スター・トレック』のときに感じたワクワクがなかったのはどういうことか。 [review] (BRAVO30000W!)[投票]
★3なんといっても、スポック(とカーク)の友情が見所の映画。私はこのST新シリーズは結構好きです。ただし、今回前評判が高かった「悪役」のカンバーバッチは微妙。 [review] (プロキオン14)[投票]
★32D字幕で観たけど3Dがおすすめだと思う。人気沸騰で話題のカンバーバッチはよく知らないのでどんな男かと期待してたんだけれども、どっちかと言うとスポック、ザッカリー・クイントの [review] (marina)[投票]
★2ほとんどの画面において近景しか存在せず、奥は何も無いかピントが合わされていない。また、会話のカット割が恐ろしく優等生的でワンパターン。いくらなんでもこんな作品を擁護できるはずがない。申し訳程度にハレーションを画面に漲らしたところでどうしようもない。これが傑作『スーパーエイト』を撮った人間の仕事なのか? (赤い戦車)[投票]
Ratings
5点5人*****
4点17人*****************
3点22人**********************
2点2人**
1点0人
46人平均 ★3.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「スター・トレック イントゥ・ダークネス」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Star Trek into Darkness」[Google|Yahoo!]