コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ほとりの朔子 (2013/)

Au revoir l' été

[Drama/Romance]
製作総指揮小野光輔 / 足立誠 / 宮田三清
製作杉野希妃
監督深田晃司
脚本深田晃司
撮影根岸憲一
音楽Jo Keita
出演二階堂ふみ / 鶴田真由 / 太賀 / 古舘寛治 / 杉野希妃 / 大竹直 / 小篠恵奈 / 渡辺真起子 / 志賀廣太郎 / 松田弘子 / 想田和弘
あらすじ大学浪人中の18歳の朔子(二階堂ふみ)は、外国文化の研究者で叔母の海希江(鶴田真由)に誘われ夏の終りを海辺の家で過ごすことにした。叔母は祖父の再婚相手の連れ子で朔子とは血のつながりはなく、その海辺は昔叔母が暮らしていたところだ。叔母の少女時代からの知り合いで怪しいホテルの支配人兎吉(古舘寛治)や、その娘で地元の名門女子大に通う辰子(杉野希妃)、兎吉の甥で親元を離れて暮らす登校拒否の高校生、孝史(太賀)らと知り合い、朔子は孝史に好意をよせる。他にも様々な人物が現れ、次々と人間関係の裏側が見え隠れし始めるのだった。ナント三大陸映画祭・グランプリ受賞。(125分/スタンダードサイズ) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全7 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5静的な状況が静的なままどんどん変化し、新たなものが飛び出して観る者の関心を釘付けにし続ける。なんとも不思議なダイナミズム。起承転結ではなく、人と人の関係性のなかに物語を見出していく深田晃司のドラマ構築力にオリジナリティーを感じる。 (ぽんしゅう)[投票(3)]
★5受験少女の感傷バカンスに片寄するほど暇でなく、擬似ロメールめいた寂れた浜辺の無為な会話も左程成功してるとも思えぬのだが、仮初の言葉に隠された本音や余裕の下の切実や衝動が静かに立ち昇り健全な肢体が闇と対峙する。まるで相米映画みたいに。 (けにろん)[投票(1)]
★4オッサン向け昼メロというべきハーレム状態を二階堂ふみが観測することで中庸を得ているように見えるのだが、それはタカシくんのアレもアレだらうと思わせる罪深い誤誘導であった。 [review] (disjunctive)[投票(2)]
★4朔子が湖に素足で入り、波間が輪状にどんどん広がって行くあのシーン。確かに美しい。そして物語も静かで何もないはずなのに、日常性の反世界を、薄暗くまるで悪意があるかのように奏で始める波紋、、。 [review] (セント)[投票(1)]
★4田舎町での静寂な人間ドラマを装って、やはり深田&杉野コンビは一筋縄ではいかない。古舘寛治大竹直という正反対なタイプの如何わしさの衝突による化学反応は絶品。 [review] (緑雨)[投票]
★3大竹直の変態大学教授と太賀の梓みちよが傑作。高校生がMP3にこんな曲入れているというナンセンスがいい。 [review] (寒山)[投票(1)]
★3観察者の物語。文学的な面白さ満載なんだけど、映画としては物足りない。食べ物で言うなら、もう少しスパイスが欲しい。 [review] (ペペロンチーノ)[投票]
Ratings
5点3人***
4点9人*********
3点3人***
2点0人
1点0人
15人平均 ★4.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ほとりの朔子」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Au revoir l' été」[Google|Yahoo!]