コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ブルージャスミン (2013/)

Blue Jasmine

[Drama/Comedy]
製作総指揮リロイ・シェクター / アダム・B・スターン
製作レッティ・アロンソン / スティーヴン・テネンバウム / エドワード・ウォルソン
監督ウディ・アレン
脚本ウディ・アレン
撮影ハビエル・アギーレサローベ
美術サント・ロカスト
衣装スージー・ベインジガー
出演ケイト・ブランシェット / アレック・ボールドウィン / ルイス・C・K / ボビー・カンナヴァル / アンドリュー・ダイス・クレイ / サリー・ホーキンス / ピーター・サースガード / マイケル・スタールバーグ / マックス・カセラ / アルデン・エーレンライク / チャーリー・ターハン
あらすじ投資家の夫(アレック・ボールドウィン)の悪行がバレて全財産を失ったジャスミン(ケイト・ブランシェット)は、血のつながらないシングルマザーの妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)の家に居候するためにNYからサンフランシスコへやってきた。セレブ気分が抜けず見栄っ張りなジャスミンは、妹の垢抜けない趣味や粗野なボーイフレンド(ボビー・カナヴェイル)が気にくわず、いつもイライラし精神安定剤と酒が手放せない。生まれてこのかた一度も働いたことのないジャスミンだが、生活を立て直そうと一念発起、インテリアコーディネータの資格を取ろうと勉強を始めるのだが。C・ブランシェットがアカデミー主演女優賞受賞。(98分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全22 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5軽妙洒脱な語り口の彼方から隙間を縫って顔を見せる地獄と言うより妄執と我慾と欺瞞まみれの世界はこう語られるべきという信念さえ感じるアレンここ10年の集大成であり結実。アメリカが直面する社会構造の破綻と踊り踊らされた人たちへの慈愛が泣ける。 (けにろん)[投票(6)]
★5ユダヤ・ジョーク版「ボヴァリー夫人は私だ」。内視鏡検査が楽しみと語るお婆さんが素晴らしい。 [review] (寒山)[投票(3)]
★5悪意や底意地の悪さは微塵もなく、淡々と場面を積み重ねていく監督の視点が素晴らしい。キャスティングも秀逸。「これだから女ってヤツは全く」と書くと、差別だなんだと怒られそうだが、そう思わせる典型的な女性の行動を見る気がする。 (サイモン64)[投票(1)]
★4マスカラの涙で目元を黒ずませながら「降りられない」女の哀れさを体現するケイト・ブランシェットの奮闘ぶりは見事としか言いようがない。「上位1%の富裕層が富全体の20%を…」みたいな格差社会への反感という世相を味方に付けた作風だが、 [review] (緑雨)[投票(6)]
★4ケイト・ブランシェット縦横無尽 [review] (ペペロンチーノ)[投票(4)]
★4キャスティング、プロダクションデザインが圧巻。ジンジャーサリー・ホーキンスとチリボビー・カンナヴァルのダサさも最高!イヤミったらしくないウディ・アレン初めて見た。 [review] (jollyjoker)[投票(3)]
★4妹友達に引きずられて遊びに行かされるシーンが好き。嫌な顔しているジャスミンにお構いなしにべらべら喋るチンピラ風な二人。横で気を使う妹。絵的にかなり変で可笑しかった。チンピラ風と元セレブ。アレンの映画でも珍しい組み合わせだから余計 [review] (ギスジ)[投票(3)]
★4ジャスミン(ケイト・ブランシェット)の鼻もちならない上昇志向は現実からの逃避にも見え、一方、妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)の弛緩は向上心の意味すら理解できない現実肯定への逃避。対を織りなす成り行き志向が「懸命」を哂う笑えない喜劇。 (ぽんしゅう)[投票(3)]
★4階級間移動のための脱出速度を確保できるのか。その可否の焦点化で緊張を醸成する類の正統派な話である。 [review] (disjunctive)[投票(2)]
★4過去シーンの前触れを欠いた訪れが不吉だ。前作『ローマでアモーレ』でまるで亡霊のように撮られたアレック・ボールドウィンが、ここでは「『死の予兆を孕まない生者』としての死者」というきわめて複雑な在り方で現れ、映画の負の中心を占める。それでもなおウディ・アレンは全作中人物と等距離を保つ! (3819695)[投票(2)]
★4コメディではあるけど近年の彼の作品ではぐっとシリアスな作品になっている。ウディの久しぶりな私映画としての側面も [review] (HAL9000)[投票(2)]
★4センスのいい洒落た演出。この作品は演出家と役者冥利でもある落ちて行く女を見事演じ切る女優との格闘劇だ。日本であれば杉村春子が演じるような新劇のような題材を、見事現代のアメリカに見据えるその意味とは、、。 [review] (セント)[投票(1)]
★4なかなかツラい話で、ある意味身につまされる映画である。どう収めるかと思ってみていくと、なるほどこう来るか、って感じ。ウッディアレンの円熟ってやつだ。結局アメリカ人は真面目だから逃げ場がないね.まずまずの佳作でした。 (ぱーこ)[投票(1)]
★43.5。目下のところアレン映画で最も透明な語り口の作品ではないだろうか。役者を追いかけるやや長めの1ショットに、単純な切り返しで役者たちの誇張されすぎない演技を撮る。室内にうまく配置された色彩の美味しさやハイキーめで統一された屋外のカミンスキー的陽光。物語に抗うような野蛮な視覚的突出は無い、だがこういう作家の影を消した作品を観るのはこちらも楽しい。 (赤い戦車)[投票(1)]
★4これでウディ・アレン作品が好きになれそうです。 (stimpy)[投票(1)]
★4歳をとって視点に嫌味がなくなったウディ・アレンって感じ。ケイト・ブランシェット最高。 (あちこ)[投票]
★4ウディ•アレンの予想をはるかに超えたであろう、ブランシェットの演技。スゴいわ。84/100 (たろ)[投票]
★4虚栄の中の善良もしくは善良の行きつく果ての虚栄。誰も彼女を責めることなどできやしない。 [review] (G31)[投票]
★4祝・オスカー主演賞。『アビエイター』なんぞが「代表作」と言われないで済みそうです。 [review] (プロキオン14)[投票]
★4ケイト・ブランシェットが頭悪いしおかしいし痛すぎて哀れになってくる。彼女を捉えるカメラも冷徹。嫌な奴ばかり出てくるし何度も観たいとは思わないが2chで実況したら凄く楽しそう。 (パピヨン)[投票]
★3良くできた作品だと思うけど、いつものウディ・アレン監督作品ほどは好きになれなかった。 (Passing Pleasures)[投票]
★34点はつけないかな。佳作だとは思う。ケイトがシェイプアップしすぎて美しすぎるんだよね〜、そこが難点の映画。こんな女なら誰かがほっとかないし、このまま落ちたままじゃないだろと思えるから、同情とかもまったく感じなかった(笑)。ケイトかわいいんだもん。 (worianne)[投票]
Ratings
5点6人******
4点29人*****************************
3点6人******
2点0人
1点0人
41人平均 ★4.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ブルージャスミン」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Blue Jasmine」[Google|Yahoo!]