コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

インターステラー (2014/)

Interstellar

[SciFi/Drama]
製作総指揮ジョーダン・ゴールドバーグ / ジェイク・マイヤーズ / キップ・ソーン / トーマス・タル
製作エマ・トーマス / クリストファー・ノーラン / リンダ・オブスト
監督クリストファー・ノーラン
脚本ジョナサン・ノーラン / クリストファー・ノーラン
撮影ホイット・ヴァン・ホイットマ
美術ネイサン・クローリー
音楽ハンス・ジマー
衣装メアリー・ゾフレス
出演マシュー・マコノヒー / アン・ハサウェイ / ケイシー・アフレック / ジェシカ・チャステイン / エレン・バースティン / マイケル・ケイン / マッケンジー・フォイ / ティモシー・シャラメ / ジョン・リスゴー / デヴィッド・オイロウォ / ウェス・ベントリー / ウィリアム・ディベイン / コレット・ウォルフ / リー・ケアンズ / ダヴィド・ギャジ / マット・デイモン / ビル・アーウィン
あらすじ鬼才クリストファー・ノーランが、弟ジョナサン・ノーランとの共同オリジナル脚本の下に描く、独創的かつエモーショナルなSF大作。一般相対性理論に裏打ちされている(らしい)。近未来、地球は劇的な環境変化により、砂漠化が進行し、人類は危機的な食糧難に直面していた。アメリカ中部で、トウモロコシ栽培を営むクーパー(マシュー・マコノヒー)家では不可思議な現象が起きていた。娘の部屋では、本が本棚からひとりでに落ちたり、吹きこんで来た砂塵が奇妙な文様を刻んでいたのだ。元宇宙飛行士でもあるクーパーは、検証を重ねた結果、砂の文様が「ある座標を示す2進数の信号」だと突き止める。砂塵の中、車で父と娘が辿り着いた「座標」の場所の意外な正体とは・・・。...[more] (いくけん)[投票(1)]
Comments
全41 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5とんでもない映画と思う。3回見られる作品は、そう多くない。 [review] (林田乃丞)[投票(9)]
★5マーフィーの法則=起こりうることは起こるー転じて、「起こりうることは起こす」。そのままノーランの映画製作の矜持なのだろう。作劇にも演出にもこの哲学が最大限・確信的に息づいている。キュアロンの『Gravity』もそうであったように、「重力」は軛でありながらそれを越える「意志」でもある。そしてアクションに意志が漲る。もう激しく好み。この情感がハッタリなら、僕は頭を丸めて映画を観ることをやめる。 [review] (DSCH)[投票(2)]
★5なんだろう、嬉しくなるのは海の向こうに人が住んでいるのを知った喜びのような。☆4.8点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(2)]
★5ものすごい迫力とストーリー構成に退屈することはない。『ゼロ・グラビティ』を彷彿させる宇宙空間の映像美に時に息をのみ、時に息が詰まる。ノーラン監督らしい脚本の素晴らしさも光り、SF作品の傑作といっても過言ではない。 [review] (deenity)[投票(2)]
★5空間も時空も超えた、深い深い愛の物語。久々に「上等です。」と言える作品。 [review] (ベルガル)[投票(1)]
★5矛盾点があっても愛があれば乗り越えられる [review] (HAL9000)[投票(1)]
★5またノーラン監督にぶっ飛ばされた気分。ごく身近な家族、近しい人、人類そのものの未来...「誰を救うのか?」という対象の広げ方や閉じ方が絶妙ですごい。中身は人間そのものみたいな随行ロボットの描き方も憎い。前知識は絶対入れずに見たほうが良いと思う。 (サイモン64)[投票(1)]
★4フランシス・フォード・コッポラ地獄の黙示録』のように、マイケル・チミノ天国の門』のように、浪漫と無謀の総量にかけて『インターステラー』は歴史に自らの碑を打ち立てるだろう。クリストファー・ノーランはつくづくドン・キホーテだ。しかし彼のサンチョ・パンサたちはことごとく有能であった。 [review] (3819695)[投票(9)]
★4宇宙旅行というよりも時間旅行ドラマ。監督は人間が人間らしさを保つための身体感覚に関心が高い人なのだろう。 [review] (おーい粗茶)[投票(8)]
★4尺を費やした親子の絆を水の惑星のエピソードでものの見事に断ち切る意外性は後段の未だ見ぬ地平への期待を弥増させるのだが、周回しての落し所はそこかという万人の安心ラインが失望だ。絵面は多少『オブリビオン』との近似を感じるが壮大な荒涼感が良い。 (けにろん)[投票(5)]
★4科学が封印され思考が停止した状態に「行動」が加わったとき時間は動き出す。そして時間は止められないというサスペンス映画にとって解決不可能な問題を、守るべきは自分か、家族か、人間かという正解なき命題で煙に巻きつつ壮大なハッタリで無化てしまう力技。 [review] (ぽんしゅう)[投票(5)]
★4スピルバーグ+ノーラン兄弟= [review] (Orpheus)[投票(3)]
★4本作のロマネスクには、『インセプション』のレオ夫妻の悲嘆がそうであるように、中身を伴わない記号である印象を受けてしまう。危機を知りながら、親父を執拗に攻めるジェシカ・チャステインのわからなさが最初のつまずきで、 [review] (disjunctive)[投票(2)]
★4せせこましい密室での会話劇を最低限に廃して、地球上でも宇宙空間でも空間を広く見せる志向を感じるし、それが奏功している。若い頃は優男だったマシュー・マコノヒーもすっかり渋味を増し、年輪を刻んだ顔面が作品に深みを与える。 [review] (緑雨)[投票(2)]
★4ネタバレなしにあらすじが書けないタイプの映画。ほぼ予備知識なしに観たのは正解。IMAXで観たのも正解。『ゼロ・グラビティ』が思考を止めさせて一気に押し切る宇宙映画なら、3時間考えながら観る映画でした。3時間飽きなかったのはさすがノーラン。 (もがみがわ)[投票(2)]
★4素晴らしかった。3時間もあるから寝ちゃうかと思ったけど、捨てカットはなかった。未来のR2-D2が…。 [review] (stimpy)[投票(2)]
★4ノーランって最初の頃「メメント」で売り出した人ですよね。「インセプション」といい、時間軸迷宮が好きなんだ。するとどうしても「2001年宇宙の旅」「未知との遭遇」「フィールドオブドリーム」が気になってくる。やりたくて仕方なくなってくる。 [review] (セント)[投票(1)]
★3凄いし、巧いんだけど、ワクワクしない。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(8)]
★3実に念入りに作りこまれた映画で感心するが、家族愛は時空も次元も超えるのでアールとして一点の曇りもない姿勢には大いに鼻白んだ。そういうベタベタした鬱陶しいのから自由になりたくてSF読むんじゃないのか。プランBの方が遥かに理に適っているし、美しいとすら感じる。 (ペンクロフ)[投票(5)]
★3バットマン>インセプション>インターステラーってのが私のノーラン評価。自分がどんどん世間とずれていくのが、タイムワープより怖い。最近では、周りの時間がどんどん加速していっている。50年前の自分なんてすぐそこにある。押し入れを開けると出てくる。 [review] (ぱーこ)[投票(2)]
★2ベタベタな親子愛の描き方からもわかるように、本作はクリストファー・ノーラン作品の中でも最も幼稚な作品だろう。しかしこの幼稚さは好ましくさえある。マシュー・マコノヒークリスチャン・ベールレオナルド・ディカプリオのように任務を遂行する際にうじうじ悩んだりしない。映画が描くべき人物とはこのような真っ直ぐに生きる人間だと思う。 [review] (Sigenoriyuki)[投票(2)]
Ratings
5点33人*********************************
4点46人**********************************************
3点14人**************
2点2人**
1点0人
95人平均 ★4.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
映画で俯瞰(ふかん)する世界史・人類史  (いくけん)[投票(16)]仏教な映画。 (Soujun)[投票(2)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「インターステラー」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Interstellar」[Google|Yahoo!]