コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

Mommy マミー (2014/カナダ)

Mommy

製作ナンシー・グラン / グザヴィエ・ドラン
監督グザヴィエ・ドラン
脚本グザヴィエ・ドラン
撮影アンドレ・トュルパン
音楽ノイア
衣装グザヴィエ・ドラン
出演アンヌ・ドルヴァル / スザンヌ・クレマン / アントワーヌ・オリヴィエ・ピロン
あらすじもうひとつのカナダでは、発達障害児を親が危険な存在と見たとき、法的手続きを経ずに施設に拘束させられる法案が可決されていた。シングルマザーのダイアン(アンヌ・ドルヴァル)はこの風潮の中、矯正施設からわが子スティーヴ( アントワーヌ・オリヴィエ・ピロン)を退院させる。勝気でしたたかなダイアンではあったが、時に暴力と暴言に歯止めが効かなくなる障害児スティーヴを溺愛していたのだ。だが、それが自らの社会的地位を危機に追い込んでいる事実をも把握していた。そんなある日、隣人の教師カイラ(スザンヌ・クレマン)がトラブルを起こしたスティーヴを介抱する。ここから母子は閉じた関係を終え、外界との繋がりを模索してゆくが…。〔138分/正方形〕 (水那岐)[投票]
Comments
全3 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5誰にも感情移入できず冷めた目で観ていたのに、知らぬ間に涙がこぼれていた映画。 [review] (ペペロンチーノ)[投票]
★3アスペクト比1:1の美。この比率の方がショットの構図もビシッと決まりやすいのだなと知る。予め画面中央に意識が制限されることで、普段は視界の中を浮遊し視線を定めるのに用いられる無意識的な努力が不要となるので観ていて心地好い。他に美点はないけど。 [review] (煽尼采)[投票]
★1こういうキャラクターこそ、何らかのイメージを仮託されたメタファーとして観るべきなのは理解している。だが、自分にとっては一歩手前でこの母子は嫌悪感を呼び覚まされる対象としか映らなかった。早い話、グザヴィエ・ドランの演出意図がどうであれ同じ人間として交流したくない存在だ。精神疾患うんぬんというのは入口に過ぎず、他人の現実の人生を無視し、踏みにじった溺愛に虫唾が走るのだ。 (水那岐)[投票(2)]
Ratings
5点1人*
4点2人**
3点3人***
2点1人*
1点1人*
8人平均 ★3.1(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「Mommy マミー」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Mommy」[Google|Yahoo!]