コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分 (2013/)

Locke

[Drama]
製作総指揮スチュアート・フォード / スティーヴン・スキランテ / デヴィッド・ジョーダン / ジョー・ライト
製作ポール・ウェブスター / ガイ・ヒーリー
監督スティーヴン・ナイト
脚本スティーヴン・ナイト
撮影ハリス・ザンバーロコス
音楽ディコン・ハインクリフェ
衣装ナイジェル・エイガートン
出演トム・ハーディ / オリヴィア・コールマン / ルース・ウィルソン / アンドリュー・スコット / ベン・ダニエルズ / トム・ホランド / ビル・ミルナー
あらすじ夜の工事現場。大規模プロジェクトの基礎工事が始まり、明日は大量のコンクリートをぶち込む段取りとなっている。その現場を離れて男が車に乗って発進した。アイヴァン・ロック(トム・ハーディ)。その現場の監督であった。ハイウェイを疾走する彼は亡き父親の幻影を見つつ、妻カトリーナ(ルース・ウィルソン・声)へ電話をかけた。家族でサッカーをTV観戦するのに早く帰るはずだった夫の電話に戸惑う妻。そのとき別の電話が着信する。ベッサン(オリヴィア・コールマン・声)という女性からであったからであった…。全篇、車という密室での1人芝居。2014年LA批評家協会賞男優賞受賞。 (けにろん)[投票]
Comments
全7 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5常に諦め顔で話す裏に確かに存在する、父親のようにはならないという信念。会話による手続きがひたすら続く流れには疑問だが、ハーディの演技力と『コラテラル』のような夜の高速道路のムードは秀逸。印象と余韻が残る一本。92/100 (たろ)[投票(2)]
★5愛する妻子をどん底に落とし責任を負った仕事を放っぽらかしても男には断腸の思いで果たさねばならぬ信義則がある。リミッターが振り切れそうな真夜中の疾走と孤独が皮膚感覚で迫る濃厚な86分。アウトバーンからの退路。それでも祝福されるべきは新しい命。 (けにろん)[投票(2)]
★5なんとマゾヒスティックな、快感! 自暴自棄寸前で踏み止まるこの誠実な主人公と共に、観客である私(男)もまた、86分間、自虐的悦楽に酔いしれる。きっと彼が追い詰められた、いや、自ら引きこもった「この境遇」は、世の男をとりまく全ての軋轢の象徴だがらだ。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]
★5「車内に一人!?無理だろう!」という心配は無用。ダイアログは秀逸で、電話の向こう側の人物描写も良い。流れゆく夜景がアイヴァン・ロックトム・ハーディの「オレのディシジョン」を映す。     (jollyjoker)[投票]
★4いつ交通事故が起きるかとハラハラドキドキしながら見てた。 [review] (シーチキン)[投票(1)]
★4無精髭のトム・ハーディだけが、闇の中に浮かび上がる86分。なんと挑戦的な映画。 [review] (プロキオン14)[投票]
★3「ハンズフリー電話」は映画的か否か。受話器から解放された手は通話とアクションの両立に道を開くが、その手がハンドルに縛られては元の木阿弥である。固定電話なら「受話器を叩きつける」、携帯電話なら(『しあわせはどこにある』のサイモン・ペッグ式に)「ぶん投げる」というアクションを誘えるが。 (3819695)[投票]
Ratings
5点4人****
4点5人*****
3点6人******
2点1人*
1点0人
16人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
秒、分、時、日、週、月、年…めぐりあう時間たち (緑雨)[投票(11)]電話に出んわ。 (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Locke」[Google|Yahoo!]