コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ブリッジ・オブ・スパイ (2015/)

Bridge of Spies

[Thriller/Drama]
製作総指揮アダム・ソムナー / ジェフ・スコール / ジョナサン・キング / ダニエル・ルッピ
製作スティーヴン・スピルバーグ / マーク・プラット / クリスティ・マコスコ・クリーガー
監督スティーヴン・スピルバーグ
脚本マット・シャルマン / イーサン・コーエン / ジョエル・コーエン
撮影ヤヌス・カミンスキー
美術アダム・ストックハウゼン
音楽トーマス・ニューマン
衣装ケイシャ・ワリッカ・メイモン
出演トム・ハンクス / マーク・ライランス / エイミー・ライアン / アラン・アルダ / スコット・シェパード / ゼバスティアン・コッホ / オースティン・ストウェル / ドメニク・ロンバルドッツィ / イヴ・ヒューソン / ピーター・マクロビー / マイケル・ガストン / ダーキン・マシューズ
あらすじ東西冷戦下のアメリカ。保険事案が専門の弁護士ドノバン(トム・ハンクス)のもとに、逮捕されたソ連のスパイ・アベル(ピーター・マクロビー)の弁護要請が舞い込んだ。裁判は民主国家の姿勢を示す儀礼的なもので、ドノバンは世論の非難にさらされながらも最善を尽くすのだった。そして3年後、諜報活動中にソ連の捕虜となった米軍兵(オースティン・ストウェル)と服役中のアベルを交換する話が持ち上がり、交渉者に再びドノバンが任命される。交渉場所は、ベルリンの壁の建築が進む米国と国交のない東ドイツ。その地で、米国、ソ連、東独、それぞれの思惑が複雑に絡まった交渉が始まるのだった。史実に基づくヒューマン・サスペンス。(142分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全11 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★52度にわたる交渉の信念はどうも通り一片の正義とかではなく仕事への誠実に裏打ちされてるらしい。為にする展開も散りばめた時代寸景にU2撃墜を混入させて切り抜けた。驚くほどにクールな計算に裏打ちされたベタ人情劇。ベルリンの臨場感と切迫度は弩級だ。 (けにろん)[投票(2)]
★4物語において「主人公」の資格は必ずしも事件や事故の「当事者」にのみ与えられるのではない。「弁護士」「交渉人」「仲介役」であるトム・ハンクスのキャラクタ的本質は、双方の当事者の「間に立つ」ところにある。しかり、「(不屈の男=)standing man(=立つ男)」が立つ場とは「間」にほかならない。 [review] (3819695)[投票(1)]
★4冒頭の保険金賠償交渉でドノヴァントム・ハンクスの人物と交渉ポリシーを明かしてストーリーは進む「交渉ドラマ」。スピルバーグ戦法はわかっているのに観客を引き込んで上手いよ。いかにも!じゃないスパイ役のマーク・ライランスの存在感が秀逸。 [review] (jollyjoker)[投票(1)]
★4自由の名のもと時の感情に流される短絡ポピュリズムと、単一思想のもと権威と権力に身を委ねる妄信教条主義。仲介人(トム・ハンクス)が直面する対立軸は、国や地域や宗教と、目先が変わっても今も同じ。そうは言っても、無邪気なヒロイズムが少し鼻につく。 [review] (ぽんしゅう)[投票]
★3「実在の人物の映画化、いろいろなモノがハナにつく映画であるが、スパイ役の俳優の落ち着いた演技にかなり救われている」と書き込もうとした矢先の、オスカー受賞。ノミネートされていたことすらチェックしていなかったが、納得の受賞です! [review] (プロキオン14)[投票(2)]
★3前半と後半では違う映画だったのかしら? [review] (K-Flex)[投票(2)]
★3スピルバーグの史実物は小学校の図書館にある伝記本みたい。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(1)]
★3続編はぜひカストロ編で。そっちの方が緊迫感ありそうだ。74/100 (たろ)[投票]
★3渋くて緊張感のある映画に仕上がっており、さすがにスピルバーグの手練の映画とは思うが、話がサクサク進み、なんか手慣れた感じがし過ぎて今一つ。ただ信念を感じさせるトム・ハンクスは良かった。 (シーチキン)[投票]
★2信念を持ち逆境に立ち向かう不屈の男の物語。それにしてはこの映画のトム・ハンクスは孤立感が薄い。反権力のようでいて権力に寄りかかりすぎている。また交渉と対話の映画である以上仕方ないとはいえ、この映画には基本的に話せばわかりあえる人間しか出てこない。対話不可能な恐怖は描かれていない。これではサスペンスも盛り上がりようがない。 [review] (Sigenoriyuki)[投票(5)]
★2飛行機内で鑑賞。対話する場面の多い映画であるのだから、それをいかに躍動的に見せるかが重要な筈であるが、特に細かい演出がなされた形跡もなく、申し訳程度に境界線のイメージ等が出てくるものの統一性を欠く。 [review] (赤い戦車)[投票]
Ratings
5点3人***
4点14人**************
3点15人***************
2点3人***
1点0人
35人平均 ★3.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ブリッジ・オブ・スパイ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Bridge of Spies」[Google|Yahoo!]