コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

三人の妻への手紙 (1949/)

A Letter to Three Wives

[Drama/Comedy]
製作ソル・C・シーゲル
監督ジョゼフ・L・マンキーウィッツ
脚本ジョゼフ・L・マンキーウィッツ / ヴェラ・キャスパリー
原作ジョン・クレンプナー
撮影アーサー・C・ミラー
音楽アルフレッド・ニューマン
出演アン・サザーン / リンダ・ダーネル / ジーン・クレイン / カーク・ダグラス / ポール・ダグラス / ジェフリー・リン / セルマ・リッター
あらすじニューヨーク近郊に暮らす3人の妻(ジーン・クレインアン・サザーンリンダ・ダーネル)の元に、共通の友人テディ・ロスから手紙が届く。今夜、三人の夫(ジェフリー・リーンカーク・ダグラスポール・ダグラス)のうちの一人と駆け落ちするという内容。三人はそれぞれ夫婦仲に問題を抱えていて、不安は募る。今晩の集いに来ない夫はいったい誰なのか?アカデミー監督賞受賞作品。(103分) (AONI)[投票(1)]
Comments
全12 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5映画史上5本の指に入るマンキーウィッツの脚本が見事。幾つかのプロットを観客に与え、それから先を全て観客の想像力に委ねた画期的な映画である。 (牛乳瓶)[投票(2)]
★5心にくい状況設定。巧みなプロット。夫にとって100%の妻は存在しえないのが前提で、それを口にしないのが夫婦の暗黙の了解。 [review] (マグダラの阿闍世王)[投票(1)]
★4些細な話も、脚本・演出の上手さでこれ程の名作にしてしまう。マンキーウィッツはもっと評価されてもいい心理劇の名手です。 (AONI)[投票(4)]
★4ジョゼフ・L・マンキーウィッツって人はヤッパリ優秀な脚本家である以上にビジュアリストとして評価されるべき人だ。何と言っても本作にはヒッチコックの『』と並ぶ驚愕の鳥瞰ショットがある。 [review] (ゑぎ)[投票(3)]
★4ジョゼフ・L・マンキーウィッツの魅力が全開の作品。質の高いプロット、息もつかせぬ展開が見事。ところでリンダ・ダーネルって美しいなぁ。しかしカーク・ダグラスが教師に見えないのでマイナス一点。 (りかちゅ)[投票(3)]
★4冒頭近く、遊覧船の出発、三人の後ろ姿、公衆電話、のシーンの素晴らしさ。そこから始まる息もつけない演出に震える。脚本家としてではなく監督マンキーウィッツ好きなのである。 [review] (動物園のクマ)[投票]
★4理想の男を射止めた田舎コンプレックスの美女。生活に追われ商業主義に魂を売る文芸才女。女を武器に底辺からの成り上がりに徹するソロバン女。紋切型になりがちな、理想の女アディ・ロスに成れない女たちの「個性」で三つの逸話を巧みに編み上げる構成と演出の妙。 (ぽんしゅう)[投票]
★4脇役に至るまで人物造形が丁寧に施されている。線路沿いで汽車が通るたびに大揺れする民家の描写が見事。 (寒山)[投票]
★4どの夫婦が素敵か、なんてことは考えない。観客に想像させるウマさと、ストーリー自体の面白さがあった。満足。 (あちこ)[投票]
★4最高なのが3組目の夫婦の逸話。 [review] (tomcot)[投票]
★43人の美女がそれぞれ夫に対して持つ疑念の行方は如何に? 脚本が良かった。 (丹下左膳)[投票]
★3画面の95%が室内のシーン。この室内で動き回る登場人物の立ち居振る舞いのなんと面白いこと! 彼らの物理的な距離感の判断が抜群に正確で、この水際立った空間処理に快感を感じる。階層意識や収入差という現実を人間関係の一部に描き込む混ぜ加減も絶品。 (ジェリー)[投票(2)]
Ratings
5点5人*****
4点20人********************
3点7人*******
2点0人
1点1人*
33人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
偶然?同じ邦題(タイトル)になった映画たち (いくけん)[投票(9)]ニ冠を阻止したアカデミー監督賞作品 (ツチノコ)[投票(4)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「三人の妻への手紙」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「A Letter to Three Wives」[Google|Yahoo!]