コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

あやしい彼女 (2016/)

[Comedy/Drama/Fantasy]
製作中山良夫 / チョン・テソン / 由里敬三 / 久保雅一 / 村松俊亮
監督水田伸生
脚本吉澤智子
撮影中山光一
美術磯見俊裕
音楽三宅一徳
衣装篠塚奈美
特撮小田一生
出演多部未華子 / 倍賞美津子 / 要潤 / 北村匠海 / 金井克子 / 志賀廣太郎 / 温水洋一 / 小林聡美
あらすじ瀬山カツ(倍賞美津子)73歳は毒舌ゆえに近隣からも煙たがられている。彼女は若くして亭主と死に別れ1人娘の幸恵(小林聡美)を苦労して育て上げたが、幸恵も又シングルマザーとなった。孫の翼(北村匠海)はろくでもないバンド稼業に精を出す始末。愛する娘や孫のことを何かと気に掛けるカツであったが、家族からも最近は煙たがられ、プチ家出におよんだ彼女はとある写真館の前でオードリーの写真に魅入られ中に入り写真を撮ってもらった。そして、写真館を出た彼女を変異が襲う。体が妙に軽い。鏡を見たカツは驚愕。そこには、何と20歳に若返った自分(多部未華子)がいた…。韓国映画『怪しい彼女』のリメイク。 (けにろん)[投票]
Comments
全6 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5多部ちゃんが意外にも(失礼!)ちゃんと歌唱してて驚いた。口パクアイドルは猛省すべき。あと、ファッション。モダンレトロとでもいうのでしょうか。彼女にとても似合っていて、実際にこんなバンドがいたら動画再生回数も伸びて、即デビューできちゃうんじゃないでしょうか? [review] (IN4MATION)[投票(2)]
★4細かな欠点は多いのだけれど、それを覆い隠すほどの長所に満ちた、日本製ウッディ・アレン映画若干オースティン・パワーズ風味(ビジュアル面だけですが)といったおもむきの、笑って泣けるウェルメイドな音楽コメディでした。 [review] (ロープブレーク)[投票(4)]
★4多部ちゃんが歩く。多部ちゃんが笑う。多部ちゃんが魚を食べる。肉も食べる。 [review] (kiona)[投票(2)]
★4所詮は小娘のお婆ちゃん芸と高を括った観客を一気にかっさらうモールでの母息子とのやり取り。演出は映画以前でコクも何もない凡庸さなのだが、仕掛けられた催涙爆弾が峻烈でそれを茶番に終わらせない多部ちゃんの胆力に救われた。正直3度嗚咽しました。 (けにろん)[投票(2)]
★4パワフルかつ嫌味のない多部未華子の弾けぶりと存在感は、ハリウッドの良質なクラッシック・ミュージカルのヒロインを連想させる、倍賞美津子から多部を経て小林聡美へと、時空を超えて通貫される普遍の情愛は、誰もが納得する無垢さに満ちている。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
★4あやしく可愛い多部と、全く怪しいばばあの倍賞の二人三脚で走るドタバタ喜劇。でも、骨格はしっかりしてそうだ。     [review] (KEI)[投票(1)]
Ratings
5点2人**
4点7人*******
3点4人****
2点0人
1点0人
13人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
月刊 多部未華子 (けにろん)[投票(7)]
Links
検索「あやしい彼女」[Google|Yahoo!(J)|goo]