コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ちはやふる 下の句 (2016/)

[Drama]
製作中山良夫 / 市川南 / 鈴木伸育 / 加太孝明
監督小泉徳宏
脚本小泉徳宏
原作末次由紀
撮影柳田裕男
美術五辻圭
音楽横山克
出演広瀬すず / 野村周平 / 真剣佑 / 上白石萌音 / 矢本悠馬 / 森永悠希 / 清水尋也 / 松岡茉優 / 松田美由紀 / 國村隼
あらすじ創部1年目にして東京都大会を制した瑞沢高校かるた部であったが、エース千早(広瀬すず)の心は幼馴染の新(真剣佑)に会いたいの一心で気もそぞろなのであった。福井まで遠路会いに行くという千早に太一(野村周平)もしぶしぶ同行。しかし、ようやっと会えた新はかるたをやめると言い放つ。ショックな千早は練習にも身が入らなくなった。一方、福井では太一のおじいちゃんの葬儀の日、かるたクイーンの若宮詩暢(松岡茉優)が姿を現すが…。大ヒットコミックの映画化の後篇。 (けにろん)[投票]
Comments
全8 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5結論としてはキラキラした青春ドラマが上下セットで堪能出来た。 [review] (HILO)[投票(1)]
★4孤高とも言えるクイーンの登壇により、ぬるま湯で屁をこいたような三角関係にも背骨が通りウジウジ男はふっきれドS野郎は漢気を見せる。かくして作劇のベクトルは一気に全国大会へ向かいたいが主人公が浮つき強度は生半可。が、ともかく「上の句」より良い。 (けにろん)[投票(1)]
★4続編製作を見越しての地味展開だとは思わない。新の苦悩と情熱の表現が甘いのが問題である。しかし、志暢ちゃんと須藤さんとヒョロくんに免じて☆4つ。(原作のネタバレ含む→) [review] (カルヤ)[投票]
★3絶対に欠かしてはならぬ勝負論さえ失った、美女とイケメンの顔面博覧会。これが案外見てられるから困る。 (ペンクロフ)[投票]
★3体操着が好きなら見ておいて損はないか。 (黒魔羅)[投票]
★3観せる側が一連の作品として取り扱っているのだから、観る側も上の句と比較をしますよ。そしたら何か散漫なんだよね。 [review] (K-Flex)[投票]
★2原作で一番好きなキャラクターがクイーン若宮詩暢で、ついに登場ということで楽しみにしてたんだけど、須藤に笑顔でしれっと嫌味を言ったりするいけずな京女の面がオミットされてしまっていてかなりがっかり。 (イリューダ)[投票]
★2若宮詩暢(松岡茉優)はかなり原作のイメージ通り。ただ、肝心の広瀬すずがどうしても最後まで綾瀬千早に見えない。あと『上の句』のレヴューでも書いたが小学生時代のエピソードを雑に扱いすぎ。認めません。 (IN4MATION)[投票]
Ratings
5点2人**
4点6人******
3点7人*******
2点2人**
1点1人*
18人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「ちはやふる 下の句」[Google|Yahoo!(J)|goo]