コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

独裁者と小さな孫 (2014/グルジア)

The President
プレジデント

[Drama]
製作総指揮パトリック・フィスクラー / リチャード・カンダル
製作メイサム・マフマルバフ / マイク・ダウニー / サム・テイラー / ウラジミール・カチャラワ
監督モフセン・マフマルバフ
脚本モフセン・マフマルバフ / マルジエ・メシュキニ
撮影コンスタンチン・ミンディア・エサゼ
美術マムカ・エサゼ
音楽グジャ・ブルドゥリ / タジダール・ジュネイド
衣装カテワン・カランダーゼ
特撮ベルタ・ヴァルヴァード
出演ミシャ・ゴミアシュウィリ / ダチ・オルウェラシュウィリ / ラ・スキタシュヴィリ / グジャ・ブルドゥリ / ズラ・ベガリシュヴィリ / ラシャ・ラミシュヴィリ / ソソ・クヴェデリゼ / ダト・ベシタイシュウィリ
あらすじ大統領(ミシャ・ゴミアシュウィリ)が君臨する独裁国家。だが、その全能の権力を真似して喜ぶ孫(ダチ・オルウェラシュウィリ)と玉座にあった彼の前で、突然その帝国は崩れ去る。クーデターを目前に妻子は国外に脱出し、期を逃した大統領と孫のみが混乱するこの国に残された。賞金首となったおのれの正体を偽り、大統領は床屋に忍び込み主人(ズラ・ベガリシュヴィリ)に変装の協力を強い、逃亡の旅に出る。旅芸人となった彼の道行きを前に、無罪嘆願も虚しく姉を処刑された娼婦(ラ・スキタシュヴィリ)や、愛する妻との間を引き裂かれた政治犯(ソソ・クヴェデリゼ)が現われ、彼の魂に揺さぶりをかける。そして大統領への包囲網は狭められてゆく。〔119分〕 (水那岐)[投票]
Comments
全11 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5同床異夢の男たちの円陣を追うキャメラが素晴らしい。映画でしか描けない理想が確かにある。 [review] (寒山)[投票(4)]
★5「自分ならどうする?」という問いを、そしてそれがほとんど固有名詞のない物語だからこそ、ズシンと重たい、そしてかろうじて耐えられるような問いかけをされたように思う。 [review] (シーチキン)[投票(2)]
★5むき出しの憎悪の中、独裁者と孫は逃避行を続ける。その旅の意味を理解していない幼い瞳に胸が痛くなる。 [review] (プロキオン14)[投票]
★4冷徹な画面が怖い怖い映画だが、同時に、例えば、手を繋ぐ、手を放す、手で目を隠す、耳を塞ぐ、耳に手をあてるといった手の描写、或いは灯りや火といった光の道具立てを使ったシーンなど、繊細な演出の連続で、目が離せなくなる画面の映画だ。 [review] (ゑぎ)[投票(4)]
★4孫のストレートな質問に対する大統領の応え(信念)が徐々に揺らいでゆく演出が圧巻。登場人物の視線や風景、音など被写体すべてから、監督の訴えが伝わってくる。胸がつぶれます。 [review] (jollyjoker)[投票(3)]
★4逃亡劇というよりロードムービー。冷徹な視線で、壮大かつ丁寧に作りこまれたガッツリ社会派映画。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(2)]
★4子供にも充分理解できる、きわめて平易な寓話。しかしだからといって子供騙しにおさまることもなく、物語は衒学を避けてマフマルバフの訴えをストレートに表に出す。決して「お花畑」の住人の戯言ではなく、監督は混迷の母国にこそ必要な「負の遺産の連鎖」の撤廃を高らかにうたう。これは彼の真っ当な勇気こそを意味する血を吐くような叫びだ。 [review] (水那岐)[投票(2)]
★4多分に寓話的導入からリアリズム世界になだれこむ訳だが舞踏人形と化した孫の愛らしさと独裁者の意外な処世テクがシビアな現実との緩衝となっている。それでも何万人も殺戮した男は惨殺されるべきとの思いを噛み殺し未来の希望に仮託したい。そういうダンス。 (けにろん)[投票(2)]
★4北野映画を思わせるような、どこかユーモラスを感じさせながらも乾いたタッチで、残酷な寓話を描きつづけているのですが・・・ [review] (TM(H19.1加入))[投票]
★3架空の舞台の構築に社会科学的なこだわりがない上で風刺を行おうとすると文体がマンガになりかねない。マンガであることは老人のサヴァイヴ能力を魅惑的に見せてくれるが、この老人が魅力的になるほど、苛政を行う人物像と矛盾を来してしまう。 [review] (disjunctive)[投票(2)]
★3どうも腑におちない。独裁者もまた人なり、で良いのか。悪は悪だし、罪は罪だろう。寓話を語るまでもなく、現実に権利を奪われた民が苦境にあえいでいるのに。特権少年は何も知らずに、ただ踊っていればいいのか。世界中で子供の命が容赦なく奪われているのに。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]
Ratings
5点4人****
4点10人**********
3点5人*****
2点0人
1点0人
19人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「独裁者と小さな孫」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The President」[Google|Yahoo!]