コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー (2016/)

Rogue One: A Star Wars Story

[SciFi/Action/Adventure]
製作総指揮ジョン・ノール / ジェイソン・マクガトリン
製作キャスリーン・ケネディ / アリ・シェアマー / サイモン・エマニュエル
監督ギャレス・エドワーズ
脚本クリス・ウェイツ / トニー・ギルロイ
原作ジョン・ノール / ゲイリー・ウィッタ
原案ジョージ・ルーカス
撮影グレッグ・フレイザー
音楽マイケル・ジアッキノ
出演フェリシティ・ジョーンズ / ディエゴ・ルナ / ベン・メンデルソン / ドニー・イェン / マッツ・ミケルセン / アラン・テュディック / チアン・ウェン / フォレスト・ウィティカー
あらすじジェダイ虐殺、共和国崩壊を経て誕生した「銀河帝国」最盛期。ダース・ベイダーと強力な艦隊を擁する帝国が最終兵器「デス・スター」を開発し、恐怖支配の画竜点睛を図る一方、ジェダイ不在の反乱軍の抵抗は決定打を見出せず、その疲弊が深刻な分裂と堕落を起こしていた。その折、デス・スターに関する重要な情報が、レジスタンス内でも「異端」とみなされる急先鋒、ソウ・ゲレラにもたらされたことを反乱軍司令部が掴む。その情報は、何と帝国属の中心開発者ゲイレン・アーソからもたらされたというのだ。ソウと断絶状態にあった司令部はゲイレンの娘であり、ソウとも宿縁のあるジン・アーソを利用して接触を図る。デス・スターの設計情報の奪取。これこそが「最後の希望」だった。 [more] (DSCH)[投票(1)]
Comments
全23 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5そのすべてが『エピソード4』に捧げられた一本。潔い姿に、リアルタイムで『スターウォーズ』を映画館で観た記憶がよみがえり、熱いものがこみ上げてきた。感涙にむせぶこと、少なからずであった。 [review] (シーチキン)[投票(6)]
★5スター・ウォーズにほとんど思い入れがなく、伝え聞く評判は賛否半々といったところだったのであまり期待せずに見に行ったが予想外のクリーンヒットで突き刺さり、スタッフロール入った瞬間にしゃくり上げるほど泣いてしまう。隣の席の知らないおっさんも泣いていた。 [review] (MSRkb)[投票(4)]
★5もう最高だよ。俺が見たかったスターウォーズ+まさか見ることはないと思ってたスターウォーズ。明るく楽しい冒険活劇と、名もなき兵士たちの悲哀。神話の裏にはこのような無名の人たちの必死の思いがあったのだ。「本編を更に奥深く楽しめる」という意味で、理想的なスピンオフ。 (イリューダ)[投票(2)]
★5エピ4好きにはたまらない映画。噂では大幅なストーリー改変と撮り直しがあったとかで、前半のダレた演出はその結果だろうか。後半の展開はスリリングで、皆が知っているエピ4冒頭へとつながる希望のリレーに心が躍る。 [review] (サイモン64)[投票(1)]
★5もはや大人の童話とは言えないSWシリーズのスピンオフ作品である。壮大で、緻密でスケールがでかくて、見ているだけでうれしくなるような素晴らしい映画である。もはやこの映画では語ることさえはばかるようなそんな厳粛ささえ感じる。 [review] (セント)[投票(1)]
★5旧シリーズをきっちり踏襲&リファインした内容になっており、EP1〜3や7が全然ピンとこなかったオールドファンにはたまらない、オトナ向けの渋いスターウォーズ。キャラクターたちにも味があるが、とりわけアンドロイドのK2が良い。 ()[投票]
★4「ところで、ジェダイが主導するSWって、実はつまらないと思わないかね?」byギャレス・エドワーズ(想像) 無名の「ならず者」が織り成すSW。敵が圧倒的に強くないと燃えないじゃないですか。綺麗事だけじゃないはずじゃないですか。当事者は仲良し優等生だけですか。そもそも戦争じゃないですか。死に痛みはないんですか。他所では佳作程度の映画かもしれないが、SWという枠組でコレをやる意気に加点。 [review] (DSCH)[投票(5)]
★4プレデター』を思い出した。 [review] (HAL9000)[投票(4)]
★4シリーズ中でも、かなり良く出来ている。私の感覚では『帝国の逆襲』の次に置きます。何といっても、ドニー・イェンチアン・ウェンの扱いが一番うれしい。ドニー・イェンの無双ぶりをもっと描いてほしかった、というのは無いものねだりなのだが、これぐらいが簡潔でいいのだとも思う。 [review] (ゑぎ)[投票(3)]
★4「戦場まんがシリーズ」の手触り。漂う浪花節のかほり。思えばep1〜3にはこれらが圧倒的に足りんからイカンのだ。 (もーちゃん)[投票(1)]
★4基本的に大満足。飽くまで傍流の人々を描く外伝である、というスタンスがラストまで貫かれており、佳い。☆3.9点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票]
★4いきなり現れる巨大宇宙船に大興奮!劇場で観ときゃよかったYo…。88/100 (たろ)[投票]
★4「帝国最盛期でルーク登場前に何かすることあるの・・・?」というのが見る前の印象だったが、失礼しました!そうかそりゃあるか!こんな重要な任務が!!あっさり進みすぎな部分も多かったが、それでも終盤は感動に次ぐ感動。 (カルヤ)[投票]
★4予想以上の出来。SWを知らない世代の入門編として作ったのだろうが、SWの世界観に必要な要素は全て押さえられている。セットアッパーとして『帝国の逆襲』と同じレベル。 (Pino☆)[投票]
★4本家が選ばれた子供たちのサガだとしたら、こちらは歴史に残らないはぐれ者たちの物語。悪くはないし好きか嫌いかで言えば好きだけど、 [review] (月魚)[投票]
★3まともに鑑賞する気になれなかったのだ。こんなことが当たり前になってゆくのだろうか。 [review] (ペンクロフ)[投票(7)]
★3少なくとも終盤の円環への感慨はEP3より涙腺を刺激する。演出の空間把握力も発揮され惚れ惚れする画が頻出。だがシナリオ段階の構成難もあり絶対状況のイードゥでの3者の確執と思いの交錯は淡泊に流される。戦争映画だと言うなら悲惨も悲愴も通り一遍だ。 (けにろん)[投票(1)]
★3マッチョになった新ストームトルーパーもいいけど、旧トルーパーのオチャメな顔立ちと骸骨のようなフォルムは可愛いし大好き。場所に応じてピカピカなトルーパーもいればボロボロで錆びついたトルーパーもいる。ああいうディテール大事だよね [review] (ギスジ)[投票(1)]
★3こんなところで座頭市。 [review] (緑雨)[投票(1)]
★3ドニー・イェンチアン・ウェンばかりが印象に残った。 (動物園のクマ)[投票]
★3残念な作品。似て非なるもの。 [review] (ぱーこ)[投票]
★3派生ネタとしてはまずまずの出来。スカぴょんのアレよりまし。 (黒魔羅)[投票]
★2ギャレス・エドワーズという人にはもう少し期待していただけに失望した。相変わらずカメラが引いてる時はそれなりに冴えているのにカメラが寄ると途端にダメになる。根本的に人間に興味がない監督なのに感傷的な親子のドラマを撮るもんだから見てられない。『ゴジラ』は人間がただの脇役であったから幾分かマシだったのだ。ドニー・イェンは異様な存在感を放つがそれは明らかに本人の人徳の成せるわざである。 (Sigenoriyuki)[投票(2)]
Ratings
5点11人***********
4点21人*********************
3点13人*************
2点1人*
1点0人
46人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Rogue One: A Star Wars Story」[Google|Yahoo!]