コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

テレグラフ・ヒルの家 (1951/)

The House on Telegraph Hill

[Film-Noir/Crime/Drama]
製作ロバート・バースラー
監督ロバート・ワイズ
脚本エリック・モル / フランク・パートス
原作ダナ・ライオン
撮影ルシアン・バラード
美術ジョン・デキュア / ライル・R・ウィーラー
音楽ソル・カプラン
衣装チャールズ・ルメア / レニー
出演リチャード・ベースハート / ヴァレンティナ・コルテーゼ / ウィリアム・ランディガン / フェイ・ベイカー / ゴードン・ゲバート / スティーヴン・ジェレイ
あらすじ戦火で夫を亡くしたヴィクトリアは、ナチスの強制収容所で知り合ったカレンという名の女性の身分証を使って渡米することを思いつく。カレンは終戦まで生き延びなかったが、つい先日逝去したカルフォルニアの叔母のもとに男の子を疎開させており、その叔母が彼女の子クリスを遺産の単独相続人に指定したのだ。クリスは幼い頃に別離した母の顔を覚えておらず、もはやこの世に生前のカレンを知る者はいないはずだった。NYに着いたヴィクトリアはまんまとクリスの財官人のアランを欺いただけでなく、結婚を申し込まれる。西海岸に移り、新たな人生を踏み出した彼女にとって、すべては順風満帆に進んでいるように見えた (濡れ鼠)[投票]
Comments
全1 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★3戦争難民によるアイデンティティ・スワップという一風変わったプレミスで始まるゴシックもの。陽光あふれるサンフランシスコの市街を一望する丘の屋敷の立地が画面から翳りを奪い、夜の帳の訪れさえ、馥郁たる潮の香に満ちた開放と冒険の契機に変えてしまう [review] (濡れ鼠)[投票]
Ratings
5点0人
4点0人
3点1人*
2点0人
1点0人
1人平均 ★3.0(* = 1)

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「テレグラフ・ヒルの家」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The House on Telegraph Hill」[Google|Yahoo!]