コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

未来よ こんにちは (2016/)

L'avenir
Things to Come

[Drama]
製作シャルル・ジリベール
監督ミア・ハンセン・ラヴ
脚本ミア・ハンセン・ラヴ
撮影デニス・レノア
美術アンナ・ファルグエレ
衣装レイチェル・ラウール
出演イザベル・ユペール / アンドレ・マルコン / ロマン・コリンカ / エディット・スコブ
あらすじ60代のナタリはパリの高校で哲学を教えている。子供は二人とも大きくなり、30年来の伴侶のハインツとの仲も良好だ。教職のほかに参考書の執筆に関わり、充実した毎日を送っている。唯一の頭痛の胤といえば、鬱の気があり、度々自殺騒動を起こす頽齢の母ぐらいだった。ある日、夫から若い愛人と一緒に暮らすので離婚したいと告げられる。このまま仕事に家庭にと気兼ねのない余生を過ごすつもりだった彼女にとって、夫の告白は青天の霹靂だった。 折しも、養老院に預けていた母の逝去が相次ぐ。また、長女が初めての出産を迎える。にわかに積年の荷が肩から下されたナタリは、手探りながらも第三の人生を模索し始める (濡れ鼠)[投票]
Comments
全5 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ごく単純な事実の指摘に過ぎないが、全篇にわたってイザベル・ユペールは忙しなく動き続ける。彼女にはおとなしく映画を鑑賞することすら許されない(『トスカーナの贋作』!)。少数の例外に留まる「佇む」「座る」「横たわる」も(楽譜における休符のように)「動く」の一形態として演じられるだろう。 [review] (3819695)[投票(2)]
★5怪物化を経て不思議ちゃんおばさんとして余裕のフィルモグラフィを重ねるユペールの到達点。不運・不幸の釣瓶打ちに少し枕を濡らしたとしても前を向いて又歩きだす。能面のような無表情の天然は唯一。母親役のスコブもいい。この人も一種の怪物です。 (けにろん)[投票(1)]
★3タテ・ヨコ・ナナメ、どこから見てもイザベル・ユペールの映画。哲学的な装いはあるが、スコラ的で空疎に感じられた。しかしその分だけ、彼女の存在が水際立つ。あと猫の鳴き声が絶妙。 [review] (シーチキン)[投票(3)]
★3アスファルト』『母の残像』に続き、今年はまだ3月なのに、三作目のイザベルの主演映画鑑賞。もっとトキメく映画かと思った。 [review] (プロキオン14)[投票(1)]
★3カルチエラタンで何の経済的不安もなく恋に政治に芸術にと気随気儘な学芸ライフ。パリに飽きたら山に籠って楽しい仲間達とチーズ作りに執筆三昧。自我理想のフィルターに濾過された毒にも薬にもならないテロル時代の人間喜劇。そして人生は続くラララ・・and? (濡れ鼠)[投票]
Ratings
5点2人**
4点2人**
3点3人***
2点0人
1点0人
7人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「未来よ こんにちは」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Things to Come」[Google|Yahoo!]