コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ムーンライト (2016/)

Moonlight

[Drama]
製作総指揮ブラッド・ピット / サラ・エスバーグ / タレル・アルヴィン・マクレイニー
製作アデル・ロマンスキー / デデ・ガードナー / ジェレミー・クライナー
監督バリー・ジェンキンズ
脚本バリー・ジェンキンズ
原案タレル・アルヴィン・マクレイニー
撮影ジェームズ・ラクストン
美術ハンナ・ビークラー
音楽ニコラス・ブリテル
衣装キャロライン・エスリン
出演トレヴァンテ・ローズ / アンドレ・ホランド / ジャネール・モネイ / アシュトン・サンダーズ / ジャハール・ジェローム / アレックス・ヒバート / ナオミ・ハリス / マハーシャラルハズバズ・アリ
あらすじこれは、ある一人の男の幼少期、少年期、青年期の3つの時代を通して成長してゆく姿を描いた物語。シャロンは、学校で「リトル」と呼ばれるほど体が小さく、内気だったため、学校でいじめにあっていた。家では、母親(ナオミ・ハリス)は薬に溺れて荒れるため、どこにも心休まる場所が無かった。ある日、追われて逃げ込んだ廃虚で、シャロンは麻薬の売人フアン( マハーシャラ・アリ)に助けられる。彼の力強い保護はシャロンを安心させた。フアンと、もう一人、同級生のケヴィンだけに、少しずつ心を開いていった・・・。 [more] (プロキオン14)[投票]
Comments
全12 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5月と太陽は対照的だ。明と暗、光と影。月は常に陰を担っている。そしてこの映画はまさにその月から放たれている鈍い光を描いているのである。 [review] (セント)[投票(3)]
★5とても短く感じた。あっという間に終わったという感覚。そう感じるだけの緊張感があり、全編息を詰めるように見つめた。シャロンとケヴィンをもっと見ていたかったとも思う。 [review] (ゑぎ)[投票(2)]
★4私の見方は少し違う。(レビューは、超長めになってしまいました) [review] (プロキオン14)[投票(7)]
★4シャロン役に3人の俳優を配したことで悲しみの深さがより印象に残る。成長と共に容姿は変わっても、心の傷は日ごとに深さを増し“おびえ”となって目に宿り続けるさまが痛々しい。彼が背を向けたとき、視線から解放された私を、安堵と同時に後ろめたさが襲う。 [review] (ぽんしゅう)[投票(5)]
★4誰もが誰かに大切にされたい。自分を大切にするには、耐えて信じて求めて進むしかない。なんて切ない映画。一つ一つのシーンが切なすぎる。 [review] (jollyjoker)[投票(4)]
★4何年間も心の拠り所であった1夜の切なくも奥床しい心根。不可逆的に大きく変貌を遂げちまった見てくれも行き着くとこまで行ったの感慨を付加する。だが炸裂に至らぬ少女チック添い寝が糞詰まり。心象的に揺らぐカメラと虹のような光沢を放つ黒い肌が印象的。 (けにろん)[投票(3)]
★4人の背中。 [review] (おーい粗茶)[投票(3)]
★4撮影場所は、監督バリー・ジェンキンズが育った街らしいが、恐ろしいくらい平坦でだだっ広くて、何もない。いわゆる「スラム」という言葉から連想されるイメージからはかけ離れた一見平凡な風景。だからこそ米国の底辺社会のリアリティが増幅される。 [review] (緑雨)[投票(3)]
★4小品然とした純愛ものをこのカタチで見せるのかと圧倒される。 [review] (HAL9000)[投票(3)]
★4ブラック役のトレヴァンテ・ローズの目の演技が凄い。 [review] (すやすや)[投票(2)]
★4見る人に労苦を強いる作品。もしトランプ政権が発足していなかったら、本作はアカデミー賞を受賞できただろうか。 [review] (サイモン64)[投票(2)]
★4今年度はアカデミー賞も異例のハプニングで騒がせてくれましたね。恐らくスタッフ陣は大目玉でしょうが、何はともあれどんなきっかけでも本作を見てくれる人が増えたら嬉しいことですね。 [review] (deenity)[投票]
Ratings
5点2人**
4点14人**************
3点2人**
2点1人*
1点0人
19人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ムーンライト」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Moonlight」[Google|Yahoo!]