コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

サラエヴォの銃声 (2016/ボスニア)

Death in Sarajevo
Smrt U Sarajevu

[Drama]
製作フランソワ・マルゴラン / アムラ・バクシッチ・チャモ
監督ダニス・タノヴィッチ
脚本ダニス・タノヴィッチ
原作ベルナール・アンリ・レヴィ
撮影エロール・ズブチェヴィッチ
美術ミルナ・レア
音楽ミルザ・タヒロヴィッチ
衣装イナ・アルナウタリッチ / ハティージャ・ヌヒッチ
出演ジャック・ウェベール / スネジャナ・ヴィドヴィッチ / イズディン・バイロヴィッチ / ヴェドラナ・セクサン / ムハメド・ハジョヴィッチ / アレクサンダル・セクサン / リヤド・グヴォズデン
あらすじ第一次世界大戦のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。地元のホテル“ヨーロッパ”で記念式典が開かれようとしていた。フロントの女性主任(スネジャナ・ヴィドヴィッチ)は、あわただしくホテルの中を行き来し、屋上ではテレビの取材中に100年前の事件の犯人と同名の男(ムハメド・ハジョヴィッチ)が現れ、警備員はフランスのVIP(ジャック・ウェベール)の部屋を監視する。一方、ホテルの経営は行き詰っており従業員はストを計画。支配人(イズディン・バイロヴィッチ)はカジノを運営する闇の男たちを使って力ずくで阻止しようとしていた。ボスニア・ヘルツェゴビナと欧州の宿図を暗示する群像劇。ベルリン国際映画祭銀熊賞(85分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全3 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4着想はとても秀逸で、100年前のヨーロッパと現代との対比、そして歴史はあるけど、もう見掛け倒しで経営危機にあるホテル、を舞台にした寓話とも取れる作品であります。 [review] (セント)[投票]
★3外ヅラだけ眺めていてもまあまあ面白いとは思う。ただ、ボスニア紛争にとどまらずバルカン半島の近現代史をもっと知っていたら、本作を本当に楽しむことができたのかなあとも感じてしまった。 [review] (シーチキン)[投票]
★2サスペンスを醸し出すはずの逸話の集合体が発酵せず、現代の欧州がはらんだ葛藤や不穏さが立ち上がらないので映画的な面白みがない。装置としての“ホテル”のカタチが見えない(原作が戯曲だから?)からだと思う。足りないのは長くて短い100年という時間の気配。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
Ratings
5点0人
4点1人*
3点1人*
2点1人*
1点0人
3人平均 ★3.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「サラエヴォの銃声」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Smrt U Sarajevu」[Google|Yahoo!]