コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

夜に生きる (2016/)

Live by Night

[Drama/Crime]
製作総指揮クリス・ブリガム / デニス・ルへイン / チェイ・カーター
製作ベン・アフレック / レオナルド・ディカプリオ / ジェニファー・デイヴィソン・キロラン / ジェニファー・トッド
監督ベン・アフレック
脚本ベン・アフレック
原作デニス・ルへイン
撮影ロバート・リチャードソン
美術ジェス・ゴンコール
音楽ハリー・グレッグソン・ウィリアムス
衣装ジャクリーン・ウエスト
出演ベン・アフレック / シエナ・ミラー / クリス・メッシーナ / エル・ファニング / ブレンダン・グリーソン / ゾーイ・サルダナ / クリス・クーパー / レモ・ジローネ / ロバート・グレニスター / マシュー・メイハー / タイタス・ウェリバー / ミゲル・J・ピメンテル / マックス・カセラ / J・D・エバーモア / クラーク・グレッグ / アンソニー・マイケル・ホール / クリス・サリヴァン / デレク・ミアーズ / クリスチャン・クレメンソン
あらすじ1926年。禁酒法施政下のボストン。第1次大戦に従軍し正直者必ずしも報われぬ現実を知ったジョー(ベン・アフレック)は、狡すっからく生きることを決めギャングまがいの日常を送っていた。ある女の情報で賭博場を襲った彼は、その女エマ(シエナ・ミラー)に会い一目ぼれして恋に落ちるが、彼女はアイルランド組織のボス、ホワイト(ロバート・グレニスター)の女であった。2人の仲は、やがてイタリア系組織のボス、ペスカトーレ(レモ・ジローネ)の知るところとなり強請られるが…。デニス・ルへイン原作の映画化権をもっていたディカプリオベンアフに監督を依頼したことから企画がスタートした。 (けにろん)[投票]
Comments
全5 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4ベン・アフレック、骨太の会心映画です。こんな映画を撮りたかったんだ。それが実によく分かります。 [review] (セント)[投票(1)]
★3原題が『LIVE BY NIGHT』。ラオール・ウォルシュの映画やニコラス・レイの映画を想起させるようなタイトルで、それだけでも志を感じてしまい、応援したくなるのだが、今一つ、厳しさが足りない出来だ。それは矢張り、主演者・ベン・アフレックの個性という面が大きいだろう。 [review] (ゑぎ)[投票(1)]
★3主演を兼ねる監督は作品の出来を問わず応援する所存だが、このベン・アフレックはどうにも身体の輪郭が不細工で表情も魯鈍だ。これを「格好つけても所詮は滑稽ギャング」と見るのが必ずしも裏読みにならない程度に知性的な演出家だとは思うけれども。聖性が過ぎて魔性に反転するエル・ファニングは好適。 (3819695)[投票(1)]
★3背骨通らぬ主人公のとっ散らかった物語。2人の親分間を蝙蝠よろしく行ったり来たりのうえ警官の親に手心加えてもらい矜持が無い。ただこの男、人種的偏見だけは一切皆無でKKK団をぶち殺しまくる。そこだけ溜飲が下がる。孤立主義へのベンアフの抗言。 (けにろん)[投票(1)]
★3アフレックではギャングの貫禄が足りず、悪人なのか善人なのかどっちつかずで感情移入不可。銃撃戦は敵味方判別不能で消化不良。唯一の救いは、エル・ファニングくらいか。66/100 (たろ)[投票]
Ratings
5点0人
4点2人**
3点6人******
2点0人
1点0人
8人平均 ★3.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「夜に生きる」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Live by Night」[Google|Yahoo!]