コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

散歩する侵略者 (2017/)

Before We Vanish

[SciFi/Mystery/Drama]
製作総指揮門屋大輔 / 千葉善紀 / 青木竹彦
製作中山良夫 / 永山雅也 / 大村英治 / 大角正 / 薮下維也 / 三宅容介 / 大柳英樹 / 松田美由紀 / 桜井良樹 / 荒川優美 / 高嶋知美 / 飯塚信弘 / 石田雄治 / 藤村直人
監督黒沢清
脚本田中幸子 / 黒沢清
原作前川知大
撮影芦沢明子
美術安宅紀史
音楽林祐介
出演長澤まさみ / 松田龍平 / 長谷川博己 / 高杉真宙 / 恒松祐里 / 前田敦子 / 満島真之介 / 児嶋一哉 / 光石研 / 東出昌大 / 小泉今日子 / 笹野高史
あらすじ前川知大原作の同名舞台劇を黒沢清監督が映画化。人々から「概念」を奪う侵略者を描く異色SF。とある町で発生した一家バラバラ殺人事件をやむなく取材する事になったフリー記者の桜井長谷川博己に唯一生き残った女子高生の娘恒松祐里を探す天野高杉真宙が「ガイドになってくれ」と声をかける。病院から放心状態の夫松田龍平を保護したと連絡を受けた妻の鳴海長澤まさみは、浮気をごまかす夫の芝居だと疑うが夫から「ガイドになってくれ」と言われる。何かがこの町で起こっているのだ…(129分) (シーチキン)[投票]
Comments
全10 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4安部公房的な不条理劇に行かなくて良かった。長澤まさみが素晴らしい。 [review] (おーい粗茶)[投票(2)]
★4女子高生のぶっ飛んだつかみで一気に物語に引き込まれる。大げさな細工や言い訳もせずに、何の違和感もなく“違和”を日常に定着させてしまう黒沢清の技は日本映画界の誇るべき至芸。刑事の「自分」や、牧師の「愛」に関するやり取りも皮肉がきいていて可笑しい。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3音楽が周到に示す通りの笑えぬコメディとして観れば上々。松田龍平高杉真宙のヌボーとした存在感や恒松祐里のアクションが面白く、ピンボケのストレスが殆どない撮影は当節貴重。 [review] (寒山)[投票(2)]
★3言語の本質を前提した「概念奪取」という言語的段取にしかならないアトラクションは非映画的だが、こと「愛」という抽象を前にしたとき空転せざるを得ない認識がむしろ「愛」の観念的絶対性を際立たせてしまう、その逆説が作劇を意外に収斂させる。いわば言語の唯物論的抽象性が事象そのものの認識になりかわる。「愛」こそすべて(!)。 (きめこめ)[投票(2)]
★3SF頑張ってる感が出てて応援したくなる作品。でも根本的な所で崩壊しているので失敗作。☆3.2点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★3カリカチュアが過剰に利きすぎた演出にも思えるが、ユニークなアイディアで結構おもしろい。ただラストが余りに陳腐でちょっとげんなりする。 [review] (シーチキン)[投票(1)]
★3長谷川博己視点でのみ構成された爆撃機のシークエンスには往年の輝きが一瞬だけ戻ってきている。たとえ『回路』や『MI3』からの引用であろうとも、説明なしに爆撃機が建物を越えて飛来してくる「唐突さ」こそが感動的だ。その直後の機体が反転する際の禍々しさにも畏怖を覚える。 (赤い戦車)[投票]
★3冒頭の金魚すくいからの映像がインパクトがあり、今回も黒澤健在かなと思ったが、、。 [review] (セント)[投票]
★2柄になく「愛」をやろうとし案の定スベッた。宇宙人侵略という大状況を設定したが出涸しギミックを弄し箱庭に収縮した大昔の自主映画めく。妻は夫を2度失う。1度目で喪失した愛は2度目で回復したらしいが認知症介護で情が湧いた程度レベル。虚ろな全肯定。 (けにろん)[投票(2)]
★2黒沢清は何の概念を無くしたんだろう? [review] (ペペロンチーノ)[投票(2)]
Ratings
5点1人*
4点4人****
3点8人********
2点3人***
1点0人
16人平均 ★3.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「散歩する侵略者」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Before We Vanish」[Google|Yahoo!]