コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

陽炎座 (1981/)

[Drama]
製作荒戸源次郎
監督鈴木清順
脚本田中陽造
原作泉鏡花
撮影永塚一栄
美術池谷仙克
音楽河内紀
出演松田優作 / 大楠道代 / 加賀まりこ / 楠田枝里子 / 大友柳太朗 / 麿赤児 / 沖山秀子 / 東恵美子 / 玉川伊佐男 / 佐藤B作 / 佐野浅夫 / 原田芳雄 / 中村嘉葎雄
あらすじ大正時代の東京。病院へ見舞いに行く途中だという品子と石段で出会った劇作家の松崎は、その後も何度か偶然としてはできすぎの出会いを重ね恋におちる。 やがて、その品子は自分のパトロンである玉脇の後妻だと知り、また、やはり石段で遭遇したイネが、すでにその時は死んでいたはずの玉脇の先妻であることも知る。 品子の恋文に導かれて金沢へ向かった松崎は、和田というアナーキストに出会い、人形を通して裏返しの世界を教えられる…。 じゅうぶんエンターテイメントだと思っていた『ツィゴイネルワイゼン』を難解だ芸術だと評された清順が(やや立腹し)「本当に難解で芸術的な作品を撮ってやる!」と挑んだという説もある139分。 (tredair)[投票(2)]
Comments
全42 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5彼女の口に含んだ橙色のほおずきを、手にとった瞬間、丸髷の下の、黒い濡れた瞳が、力強く嬲る。血の味をベロの先で感じ乍ら、桜色に染まった頬を指でなぞると、湿った肌が絡みつく。やがて季節は過ぎゆき、四度目の逢瀬は恋に変わる。 (Linus)[投票(2)]
★5死人に口あり。 [review] (町田)[投票(2)]
★5この監督が描く日本の美しさは攻撃的な気がする。例えば「ほうずき」。地味で素朴に美しいと思っていたら、この映画では毒々しく迫ってくる。私はこの映画を見るのに頭を使わない。ただ流れる映像を、音を感じるだけ。2002.4.5 (鵜 白 舞)[投票(1)]
★5第一印象は接続詞のない映画。そして自分の中で勝手に新しいジャンルを開拓。 [review] (kazya-f)[投票(1)]
★5摩訶不思議な世界・・・良かったです。でも『ツィゴイネルワイゼン』の方が私は好き。松田優作もイイけど画面に原田芳雄が出てくると、やっぱりこの人凄い迫力ある-などと思ってしまう。話し方がポイント! (レネエ)[投票(1)]
★5まさしく、目眩めく映画。 [review] (ハイタカ)[投票(1)]
★4もう、初めの駅に松田優作が立っている構図から、ああ清順だ、ああうれしい、と思ってしまった。何気ないシーンなのに、変。何かがおこりそう。なにかよからぬことが影でうごめいている。って感じ。一枚のシーンだけでも、もうサスペンス!天才。 (エピキュリアン)[投票(2)]
★4ツィゴイネルワイゼン』よりも記憶に残るのは、松田優作の力か、象徴的なイマージュのせいか。 [review] ()[投票(1)]
★4音楽の使い方がいい。後半の怒涛の展開!! (あおのり)[投票(1)]
★4こちら側とあちら側をつなげてくれるはずの松田優作が、いつまでたってもこちら側を離れられないのは残念。それとも主役がいちばん浮いている、というそれは清順のねらいなのか。 (tredair)[投票(1)]
★4ツィゴイネルワイゼン』の無惨な出来損ない。後半は退屈極まりない。陽炎座のシーンは長すぎて腹が立ってきた。 (赤い戦車)[投票]
★4不連続から非連続へ。こちら側の裂け目から垣間見える妖艶な世界にとり憑かれ、ふと気がつくとこちら側と断ち切られた妖気の世界が目の前で踊る。高みの見物と決め込むが良い。連ならざる世界など立ち入らぬが良い。魂のやり取りなどせぬが良い。 (ぽんしゅう)[投票]
★4見世物小屋の覗きからくりから見た、無惨絵の世界。心が血を流すのを、見ていたのか、それとも見られていたのか。早く蓋をしないと、こちらの世界とつながってしまいそうで怖い。 (リーダー)[投票]
★4生と死、男と女、金髪と洗い髪の黒髪の様に両極に立つ2極、 そこからおぼろげだが、確実に匂いたつほおずきの香り [review] (あき♪)[投票]
★3松田優作のひょろ長い足にムラッ。たとえ髪型と髭の具合が向井万起男に見えようとも。。。って、そう言う箇所を語る映画じゃないですね、 [review] (レディ・スターダスト)[投票(2)]
★3ホントにわかった人、いる?? [review] (超伝動エネルギー貯蔵)[投票(1)]
★3ツィゴイネルワイゼン』のインパクトに比べるとちょっと負ける。慣れたせいか?[シネセゾン渋谷] (Yasu)[投票(1)]
★3映像美 映像美 耽美 嘆美 「画」だなぁ (マツーラ)[投票]
★3ツィゴイネルワイゼンに比べれば、かなり凡庸。ちょっとがっかり。 (Carol Anne)[投票]
★2ツィゴイネルワイゼン』が10年以上寝かせた特上のワインだとすれば、こいつは即席のカストリ酒だ。ペラい役者が織りなす清順歌舞伎というより紙芝居。余裕の無い優作は木偶の坊にしか見えなく、陽炎座の部分も冗長としか思えない。 (けにろん)[投票(2)]
★1だって、面白くないんだもの。理解しようとしたけど、途中でやめました。 (ぱちーの)[投票]
Ratings
5点35人***********************************
4点49人*************************************************
3点37人*************************************
2点7人*******
1点3人***
131人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
四方田犬彦が選ぶ、「世界映画史の113本」 (バーボンボンバー)[投票(18)]最後のアウトロー 追悼、原田芳雄 (ぽんしゅう)[投票(11)]
さくら、桜、櫻 (chilidog)[投票(8)]映画で見る石川県 (づん)[投票(7)]
40年のバカ騒ぎ (けにろん)[投票(6)]鎌倉×映画 (minoru)[投票(5)]
カルト・ムービー集成! (いくけん)[投票(4)]愛憎の狭間の3人の男〜憎み切れないろくでなし〜(邦画篇) (けにろん)[投票(4)]
鏡花幻想 (は津美)[投票(3)]影響を受けた狂気 (バーンズ)[投票(1)]
ラストシーンは永遠に不滅です (まご)[投票]
Links
検索「陽炎座」[Google|Yahoo!(J)|goo]