コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ハッピーエンド (2017/オーストリア)

Happy End

[Drama]
製作マルガレート・メネゴーズ / シュテファン・アーント / ファイト・ハイドゥシュカ / ミヒャエル・カッツ
監督ミヒャエル・ハネケ
脚本ミヒャエル・ハネケ
撮影クリスティアン・ベルガー
美術オリヴィエ・ラド
衣装カトリーヌ・ルテリエ
出演ジャン・ルイ・トランティニャン / イザベル・ユペール / マチュー・カソヴィッツ / ファンティーヌ・アルドゥアン / フランツ・ロゴフスキ / ローラ・ヴェルリンデン / トビー・ジョーンズ / ヒレ・ペルル / ハッサム・ガンシー / ナビア・アッカリ / フィリップ・デュ・ジャヌラン
あらすじ13歳のエヴ(ファンティーヌ・アルドゥアン)は母とそりが合わず、離婚した父トマ(マチュー・カソヴィッツ)の元に引き取られることになった。家業を継がず医者になった父には、再婚した若い妻(ローラ・ファーリンデン)と幼い息子がいた。家業の建築業は、85歳の家長ジョルジュ(ジャン・ルイ・トランティニャン)に代わり娘のアンヌ(イザベル・ユペール)が社長として取り仕切り、彼女の息子(フランツ・ロゴフスキ)に専務をまかせていた。そんな三世代が同居するブルジョワ一族の冷え切った感情の通わない関係がやがて露見し始めるのだった。父の愛情を知らずに育ったエヴもまた一家を醒めた目で見ていた。(107分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全5 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ブニュエル系のブルジョア家庭の自家中毒蔓延噺だが、このジャンルでピカイチだろう。容赦なく突き抜けている。 [review] (寒山)[投票(3)]
★5日常の中の不穏と崩壊の予兆とかではなく寧ろそういった中にしか日常は存在しない。ハネケの現状認識は今こそ聞くに値する。スマホ画像に映画に於いて初めて完璧な存在意義を付与。常連役者の逆説的使用。省略の適宜さ。打つ手全てが的中した稀代の傑作。 (けにろん)[投票(3)]
★5さすがです。最近、人間の本来持っている悪について掘り下げる映画作家が少なくなっており、ハネケはその意味で現代では孤高の作家ですなあ。昔はベルイマン、ブニュエル、グリーナウェイ、ギャスパー・ノエなど錚々たる監督がいた、、。 [review] (セント)[投票(2)]
★5続発する不祥事の現場の顛末は詳述されず「起きたこと」の“後始末”ばかりが淡々と描かれる。一族間のパッションの衝突は封印され空々しさが蓄積する。これから「起きること」を意志として表明した背中越しの海の青色が、不気味なほど美しいのは、そのせいだ。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4もやもやと気分が悪くなるのに忘れられない作品がある。ハネケはまたしてもそれをやってくれた。 [review] (jollyjoker)[投票]
Ratings
5点4人****
4点3人***
3点1人*
2点0人
1点0人
8人平均 ★4.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ハッピーエンド」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Happy End」[Google|Yahoo!]