コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

万引き家族 (2018/)

Shoplifters

[Drama]
製作松崎薫 / 代情明彦 / 田口聖
監督是枝裕和
脚本是枝裕和
撮影近藤龍人
美術三ツ松けいこ
音楽細野晴臣
衣装黒澤和子
出演リリー・フランキー / 安藤サクラ / 松岡茉優 / 池松壮亮 / 城桧吏 / 佐々木みゆ / 緒形直人 / 森口瑤子 / 山田裕貴 / 片山萌美 / 柄本明 / 高良健吾 / 池脇千鶴 / 樹木希林
あらすじ是枝裕和監督が本作で2018年カンヌ映画祭パルムドールを受賞。大都会の片隅の古ぼけた一軒家で暮らす5人の家族(樹木希林リリー・フランキー安藤サクラ松岡茉優城桧吏)。おばあさんの年金が頼りの生活で足りない分は親子で力あわせて「万引き」をしてまかなっていた。ある冬の寒い夕暮れ、近くの団地の廊下で今日も部屋を閉め出された様子の幼い女の子佐々木みゆに、「おいで」と声をかけ連れ帰り、女の子はそのままその家の暮らしに溶け込む。6人になった家族の日常はつづき、やがて夏が来てそれぞれの事情も少しだけ変わる中、ある事件をきっかけに…(120分) (シーチキン)[投票]
Comments
全20 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5片鱗を描写することで炙り出す「フレームの外」。そこにある社会という枠の外(の片鱗)を描く映画。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(7)]
★5見えない花火大会。家屋のすきまから聞こえる音を楽しむ家族たち。その姿を俯瞰で捉えたショットが秀逸。一家の結びつきの強さと社会からの孤立を見事に表していた。 [review] (capricorn1)[投票(6)]
★5この人情劇は全て片山萌美の夢想ではなかったのか。娘を救えるのは万引き家族しかいないのかという悲鳴が聞こえる(含『少年』『誰も知らない』のネタバレ)。 [review] (寒山)[投票(6)]
★5万引きだけタイトルにできたんですね。 [review] (カプリコーン)[投票(5)]
★5他人様からかすめる事で何とか小さな幸せを手にしようとする人々。☆4.7点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(3)]
★5徒然に思ったこと [review] (芋虫)[投票(2)]
★5カンヌで評価を受けたからとかではなく、自分が是枝監督に求めていたのはこういう作品で、だからこそそういう作品が評価されたのはとても嬉しい。 [review] (deenity)[投票(1)]
★4それはまるで、子供同士の秘密クラブのような。 [review] (水那岐)[投票(8)]
★4小さな庭と縁側のある住居の美術装置と、黄色っぽい照明(フィルターワークか?)の醸し出す危うい感覚は面白いのだが、前半は人物の動きが平板で、映画が走り出さず、若干いらいらしながら見た。 [review] (ゑぎ)[投票(6)]
★4是枝裕和は自分の考えを言わない人だと思っていた。しかし本作で、彼は「言わない」のでなく「言えない」のだと確信した。正しい・正しくないではなく、疑問を作品に投影する人なのだ、ずっと考える人なのだ。 [review] (jollyjoker)[投票(5)]
★4子供虐待時代の受け皿が社会システムからの逸脱者コミュニティってのは殊更目新しくもないが演出と演者の付与するリアリズムが圧倒的なので形骸化しない。素麺シークェンスの暑さと見せブラと裸体と驟雨の連鎖。過去が照射される拘置所のさくらの慈母性。 (けにろん)[投票(3)]
★4カンヌ最高賞ということで早速鑑賞。題材的には今までのテーマを再現、という感じでしょうか。特に集大成とまでは思わなかった。それほど、今までの自作をあちこち散りばめた感が強い。 [review] (セント)[投票(3)]
★4時折、目にする不可解というか「えっ、どういうこと?」というニュースの現実とはどういうものか、想像力を働かせて考えてみたことがありますか、と是枝監督から問いかけられたような気がする。 [review] (シーチキン)[投票(3)]
★4この一家を語るのに絆という言葉は使わないと決めた。絆という漠然とした概念は、法律という明文の対極にありながら、どちらも人が平穏でいるために無理やり作った安心装置にすぎない。この集団は常人の安全装置の外にいるから恐ろしくもあり、愛おしくもある。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
★4ケイト・ブランシェットが絶賛したという安藤サクラの泣きの演技は、どのシーンでそれが来るのか知っていても、胸をえぐられた。 [review] (もがみがわ)[投票(1)]
★3ジャーナリストになりきれなかった監督が作ったドキュメンタリー風作品、とでも言ってみたい。 [review] (ぱーこ)[投票(4)]
★3悲しい話だが、もはや現実が映画の世界を超えてしまって、この映画も現実を後追いしているとしか感じられなかった。 [review] (緑雨)[投票(3)]
★3悩む、大いに悩む。とても良い映画だが好きにはなれない。自分自身の資質の問題である。 [review] (K-Flex)[投票(3)]
★3点と点が線で結ばれ、線と線から面が生まれ、面と面が組み合わされて立体となる。一見末節同士でしかないような事象相互によって「社会問題」のモジュールが出来あがる。だがそこに内実を感じない。苦悩を生きて告発する中心的な肉体を感じない。映画的に彼ら彼女らを結びつけるのが互いの視線の絡み合いであるならば、ラストショットは映画から現実を睨み返すような逆接的な直視こそ欲しかった。〔3.5〕 (ハイタカ)[投票(3)]
★3リリー・フランキー安藤サクラの飄々としたキャラに助けられてはいるが……。貧困、窃盗、DV、育児放棄、セックスレス、ブラックな職場、風俗嬢、友人の裏切り、無理解な行政、老人の末路、等々といった日本社会の暗部がこれでもかと詰め込まれていて、見ていてただただ辛かった。技術も意義もある映画だとは思うものの苦手な作品。 ()[投票]
Ratings
5点13人*************
4点13人*************
3点5人*****
2点0人
1点0人
31人平均 ★4.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「万引き家族」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Shoplifters」[Google|Yahoo!]