コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

響-HIBIKI- (2018/)

[Drama]
製作総指揮山内章弘
製作市川南 / 佐藤善宏 / 神戸明
監督月川翔
脚本西田征史
原作柳本光晴
撮影鍋島淳裕
美術五辻圭
音楽伊藤ゴロー
衣装新崎みのり
特撮山口聡
出演平手友梨奈 / 北川景子 / アヤカ・ウィルソン / 高嶋政伸 / 柳楽優弥 / 北村有起哉 / 野間口徹 / 小松和重 / 黒田大輔 / 板垣瑞生 / 吉田栄作 / 小栗旬
あらすじ15歳の女子高生、鮎喰響(平手友梨奈)が書いた小説に編集者の花井(北川景子)は目を見張った。その才能はベテラン作家たちも驚かせ新人賞を受賞する。ところが、響は自分の生き方や考えを曲げず、決して他人に媚びずに過激な行動をとってしまうのだった。その突発的な暴力は同時受賞者(設楽優弥)やベテラン芥川賞作家(北村有起哉)、雑誌記者(野間口徹)らに向けて容赦なく炸裂するが当人は絶対に反省などしない。そんな極端な性格の数少ない理解者が、高校の文芸部の先輩、凛夏(アヤカ・ウィルソン)だった。ついに響の作品は芥川・直木賞の同時候補となり一躍世間の注目を集めることに・・。原作は柳本光晴のコミック。(106分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全7 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5阿り忖度無縁の主人公はまあ有りがちだし生を運に委ねすぎで自己矛盾を露呈するのだが、それでも天才である描写が堂に入っている。持たざる者たちの尊厳を大事にして彼ら彼女らのリアクションが命と見定めたのが正解。速度とドライブのかかった理想郷が現出。 (けにろん)[投票(3)]
★4原作を読んだことがないけど、原作のほうが面白いと思う。 [review] (おーい粗茶)[投票(3)]
★4まんが原作の映画化としては成功していると思う。キャラクターの設定がベタといえ剛球一直線。それを仮託する平手の造形も秀逸。単なるアイドル映画ではない。話★4、役者★5、見せ方★4 [review] (ぱーこ)[投票(3)]
★4「粗野に振る舞う天才」というキャラクターは今までにも数多くいた(特に医者に多い)し、比較的口数も感情の起伏も少ないので誰がやってもハマる役。「文壇の賞レースと響の周囲の作家たち」という設定は独特で面白い。が、やはりすぐ暴力を振るう、目上に対して敬語もまともに使えない女子高生という主人公を手離しで好きにはなれない。ラストも不満。 [review] (IN4MATION)[投票(2)]
★4何と心地の良い106分間だろう。響のようなキャラは精神のリハビリに最適である。いかに私たちは、妥協し、折り合いを付け、我慢することを強いらえれ、日々をやり過ごしているかを痛感させられる。現実からの“逃避”という映画の効用を久しぶりに思い出した。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
★3「特別な才を持つ創造者は、我々とは異なる世界の異形の者であって欲しい」という凡人の 甘えた願望をかなえてくれる平手友梨奈の造形はなかなか良かったです。 [review] (さず)[投票(4)]
★3インパクトあるシーンは予告篇で全部出ており、それらの名所巡り風の観賞体験。天才少女作家が殴る蹴る折る跳ぶ押すのアクション映画。平手友梨奈が睨みや台詞回しの鋭さと重みで成立させる力業と、脚本時点での文学への興味のなさダダ漏れが共にあり。 [review] (煽尼采)[投票(3)]
Ratings
5点4人****
4点5人*****
3点5人*****
2点0人
1点0人
14人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
月刊 北川景子 (けにろん)[投票(4)]
Links
検索「響-HIBIKI-」[Google|Yahoo!(J)|goo]