コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

止められるか、俺たちを (2018/)

[Drama]
製作尾崎宗子 / 大日方教史 / 大友麻子
監督白石和彌
脚本井上淳一
撮影辻智彦
美術津留啓亮
音楽曽我部恵一
衣装宮本まさ江
出演門脇麦 / ARATA / 山本浩司 / 岡部尚 / 大西信満 / タモト清嵐 / 毎熊克哉 / 伊島空 / 外山将平 / 藤原季節 / 上川周作 / 中澤梓佐 / 満島真之介 / 渋川清彦 / 音尾琢真 / 吉澤健 / 高岡蒼佑 / 高良健吾 / 寺島しのぶ / 奥田瑛二
あらすじ先鋭的なピンク映画を作り続けた若松プロの活動を助監督の吉積めぐみの目を通して描く青春群像劇。1969年、21歳のめぐみ(門脇麦)は友人の役者秋山道男(タモト清嵐)の紹介で若松孝二監督(井浦新)のもとで働くことになった。怒鳴られ走り回りながらも、豪放な若松と対照的な理論派の足立正生監督(山本浩司)や助監督の小水一男(毎熊克哉)、沖島勲(岡部尚)に認められていく。さらに撮影の高間賢治(伊島空)や俳優の福間健二、脚本の荒井晴彦(藤原季節)ら若いメンバーが増えるなか、3年たってもめぐみは自分が表現したいものが見つからず模索していた。そしてプロダクションにも政治の季節が訪れる。(119分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全3 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★3映画ファンとしては、日本映画史の中の実在する人物や出来事への興味もあるが、ある種の映画はこのように作られる、という部分、つまり、製作現場の描写への興味、ということでも、とても面白い映画だ。 [review] (ゑぎ)[投票(1)]
★3邦画斜陽期のどん底で映画を創り続けるために社会を挑発し続ける。映画好きの若者たちの、そんな無邪気で頑固な“意志”と、貧乏プロダクションの智恵と意地の“居直り”が、あの若松映画のアナーキーさの根源だったことが伝わるだけでファンとしては充分満足。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]
★2つねに未来への問いかけを続けた若松映画のオマージュがこんな回顧趣味では困るし、71年の新左翼思想で止まっているのに「止められるか」と力まれても困る。 [review] (寒山)[投票]
Ratings
5点1人*
4点0人
3点2人**
2点2人**
1点0人
5人平均 ★3.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
マイナーな男と呼ばれて・・・ (ぽんしゅう)[投票(16)]
Links
検索「止められるか、俺たちを」[Google|Yahoo!(J)|goo]