コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ローマの教室で 〜我らの佳き日々〜 (2012/)

Il rosso il blu
The Red and The Blue
赤鉛筆、青鉛筆

[Drama]
製作ドナテッラ・ボッティ
監督ジュゼッペ・ピッチョーニ
脚本ジュゼッペ・ピッチョーニ / フランチェスカ・マニエーリ
原案マルコ・ロドーリ
撮影ロベルト・チマッティ
美術ルドヴィカ・フェラーリオ
音楽ラッチェフ / カッラテッロ
衣装ロレダナ・ブシェーミ
特撮パオロ・ガリアーノ
出演マルゲリータ・ブイ / リッカルド・スカマルチョ / ロベルト・ヘルリッカ / ルチア・マシーノ / シルヴィア・ダミーコ / ダヴィ・ジョルダーノ / ニーナ・トッレーシ / ジェーネ・ニョッキ / ヨヌッツ・ポウン / ドミツィアーナ・カルディナーリ
あらすじローマにある高校。現実主義者の女性校長ジュリアーナ(マルゲリータ・ブイ)の取り纏めるこの学校に、青年教師ジョヴァンニ(リッカルド・スカマルチョ)が赴任してきた。彼は一癖もふた癖もある生徒たちを前にして、彼らをよく知り教え導くことを目標に奮戦するが、そんなジョヴァンニを老練な教師フィオリート(ロベルト・ヘルリッカ)はシラケた目で見つめ、己の職務として誰も評価しない授業をこなしてゆくのだった。それをよそにジョヴァンニは、素行不良の女生徒アンジェラ(シルヴィア・ダミーコ)のやる気を起こそうとする。そしてジュリアーナは、母に見捨てられた男生徒エンリコ(ダヴィデ・ジョルダーノ)の不遇に目をとめる。〔101分/スコープ〕 (水那岐)[投票]
Comments
全2 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5オトナというものも一個の動物であることを認識した上での愚かさ、そして愛すべき属性が白日のもとにあばかれる。もちろん教師もまた例外ではない。懸命に職務に励んだからといってそれが報われる保証はないし、だからといって理解を拒むアクションに徹したからといって拒絶されるばかりとも限らない。これを真正面から描く、オトナであることを悲観するオトナの映画だ。 [review] (水那岐)[投票]
★3肩入れしたくなるのはやっぱりマルゲリータ・ブイ校長の挿話だ。リアリストを装いつつウブも見え隠れするあたりがいい。彼女が何かと世話を焼く羽目になる少年のふざけた造型も面白い。振舞いには愛嬌があるが、人の話を真面目に聞く耳を持たず、満足に言葉も発しない。ほとんどハーポ・マルクスである。 (3819695)[投票]
Ratings
5点1人*
4点0人
3点1人*
2点0人
1点0人
2人平均 ★4.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ローマの教室で 〜我らの佳き日々〜」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Red and The Blue」[Google|Yahoo!]