コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

デッドラインU.S.A. (1952/)

Deadline - U.S.A.
大都会の牙

[Drama/Film-Noir]
製作ソル・C・シーゲル
監督リチャード・ブルックス
脚本リチャード・ブルックス
撮影ミルトン・クラスナー
美術ジョージ・パトリック / ライル・ウィーラー
音楽ライオネル・ニューマン
衣装エロイーズ・ジェンソン
出演ハンフリー・ボガート / エセル・バリモア / キム・ハンター / エド・ベグリー / ポール・スチュアート / ジム・バッカス / ウォーレン・スティーブンズ / ジョー・デ・サンティス / マーティン・ゲイベル / ジョイス・マッケンジー / オードリー・クリスティ / フェイ・ベイカー
あらすじ大手新聞社「ザ・デイ」。今日もデッドライン(原稿記事の締め切り)に追われる記者たちの元に突如、創業者遺族の意向で「ザ・デイ」がライバル新聞社へ売却されるという一報が届く。そのニュースに動揺もしくは意気消沈する記者たち。そんな中、暗黒街を牛耳るリエンツィの不正を探っていた記者が何者かに暴行されて重傷を負う。編集長ハッチソン(ハンフリー・ボガート)は新聞社「ザ・デイ」の名に懸けて、リエンツィに徹底抗戦を開始するのだった・・・(87分・白黒) (AONI)[投票]
Comments
全3 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4リパブリック賛歌で幕を閉じる無茶苦茶アツい作劇に素直に感動させられた。この愚直さが今ほど求められている時はないと思わせられる元祖『ペンタゴン・ペーパーズ』。 [review] (寒山)[投票]
★4新聞の「告別式」シーンの中で主力となる記者メンバーをさらりと紹介する手際の良さといい、「(残酷な写真を含め)煽情的な記事は載せない。良心あるニュースを読者に届ける」というボガート編集長の信念を結末(オチ)に上手いこと結びつける話の運び方といい、脚本家でもあるリチャード・ブルックスのストーリーテラーぶりに感心。 [review] (AONI)[投票]
★3余りに「正義」「正義」を押しつけてくるので辟易させられるが、そういう時代だったんだろうと思う。或いはリチャード・ブルックスらしさか。この映画のハンフリー・ボガートの扱いを見ると彼はアクターではなく、スターだったんだということがよく分かる。最も良いシーンは、お通夜のシーンだ。 (ゑぎ)[投票]
Ratings
5点0人
4点3人***
3点1人*
2点0人
1点0人
4人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「デッドラインU.S.A.」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Deadline - U.S.A.」[Google|Yahoo!]