コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ブラック・クランズマン (2018/)

BlacKkKlansman

[Drama/Comedy]
製作スパイク・リー / ジェイソン・ブラム / ジョーダン・ピール
監督スパイク・リー
脚本スパイク・リー / チャーリー・ワクテル / デヴィッド・ラビノウィッツ / ケヴィン・ウィルモット
原作ロン・ストールワース
撮影チェイス・アービン
美術カート・ビーチ
音楽テレンス・ブランチャード
衣装マーシ・ロジャーズ
特撮スティーヴン・カーショフ / ザカリー・マッジオ
出演ジョン・デヴィッド・ワシントン / アダム・ドライヴァー / ローラ・ハリアー / トファー・グレイス / コーリー・ホーキンズ / ライアン・エッゴールド / ヤスペル・ペーコネン / アシュリー・アトキンソン / ポール・ウォーター・ハウザー
あらすじ1970年代のコロラドスプリングス。初の黒人警官として採用されたロン(ジョン・デヴィッド・ワシントン)が与えられたのは資料管理の仕事。意識の高いロンは署長に直訴。すると黒人の身分を活かして、革命による黒人解放を目指すブラックパンサ―党の集会に潜入して情報を集めるよう命じられる。職務に忠実なロンは、同胞へのスパイまがいの捜査活動にも勇んで挑むが・・・。署に戻ったロンは、考えるところがあったのか、今度は同僚の白人警官フリップ(アダム・ドライバー)を巻き込んで白人至上主義結社KKKへの潜入捜査に挑戦するのだった。実在の警察官の手記をもとにしたスパイク・リーのカンヌ映画祭グランプリ受賞作。(128分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全7 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4最後の最後で本作の印象は一変する。70年代のアメリカの物語であっても、極めて現代的な映画だ。さすがはスパイク・リーと言うべきか。 [review] (シーチキン)[投票(2)]
★4スパイク・リー怒るわな。あんなファンタジーに負けたらね。 [review] (もがみがわ)[投票]
★3差別されているのは黒人だけではない。問題の本質は黒人差別という限定的状況ではなく、白人至上主義という根拠なき偏狭を利用した実体のない優越感の連鎖にあるのだ。すべての被差別者は連帯せよ。無知と沈黙は敗北なのだ。スパイク・リーは、そう挑発する。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
★3予想していたよりは楽しかったが、しかしどことなく教師の作った映画という印象を受ける。スパイク・リーは若々しく、自分の頭の良さを社会に対してどう用いるかにも自覚的(少しだけゴダールに似ている)だが、それがおもしろい映画を保証するわけでもない。 [review] ()[投票(1)]
★3スパイク・リー監督はかなりのお怒りのようです。 [review] (deenity)[投票(1)]
★3黒人対白人という差別の図はもはや超えていて「オレ様がエライんだ」意識が蔓延している今、その意味のない優位意識を笑い飛ばしながら、世界に公平な目を開かせようとするスパイク・リー。怒りながら笑っている余裕すら感じる。 [review] (jollyjoker)[投票]
★2全くアカデミー脚色賞受賞作に相応しい、映画としての、画面の愉悦に乏しいプアな映画だ。さらに云えば、これは映画を作ろうとして作られたものではないとさえ思える。本作中、最も良いカットは、冒頭の南北戦争場面の大俯瞰クレーン移動ショットだ。 [review] (ゑぎ)[投票(3)]
Ratings
5点3人***
4点2人**
3点7人*******
2点3人***
1点0人
15人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ブラック・クランズマン」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「BlacKkKlansman」[Google|Yahoo!]