コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

誰もがそれを知っている (2018/スペイン)

Everybody Knows
Todos Lo Saben

[Drama/Mystery]
製作アレクサンドル・マレ・ガイ / アルヴァロ・ロンゴリア
監督アスガー・ファルハディ
脚本アスガー・ファルハディ
撮影ホセ・ルイス・アルカイネ
美術クララ・ノターリ
音楽ハビエル・リモン
衣装ソニア・グランデ
出演ハビエル・バルデム / ペネロペ・クルス / リカルド・ダリン / エドゥアルド・フェルナンデス / バーバラ・レニー / インマ・クエスタ / エルビラ・ミンゲス / ラモン・バレア / カルラ・カンプラ / サラ・サラモ
あらすじ南米で暮らしているラウラ(ペネロペ・クルス)が娘のイレーネ(カルラ・カンプラ)を連れて、妹の結婚式のためにスペインの故郷に帰って来た。ラウラは老父母や姉妹、幼なじみで大規模なワイン農家を営むパコ(ハビエル・バルデム)との再会に上機嫌。かつて父の下で働いていたパコが、ラウラと恋仲だったことは町では有名な話だった。盛大な結婚パーティーが開かれた夜、娘のイレーネが忽然と姿を消し身代金を要求するメールが届いた。祝福の場が一転し、半狂乱のラウラ。そんななか夫のアレハンドロ(リカルド・ダリン)も駆けつけるが、裕福な資産家のはずだった彼は借金を抱えていて身代金を用意できる状況ではなかった。(133分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全4 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4面白味のない結婚パーティがファルハディの弱点を露呈させる前半だが、混沌の中からバルデムの葛藤に焦点が絞られる終盤の作劇の喰えなさで映画は幾何数級的にダイナミズムを取り戻す。決断の納得性故にこそ全ての男どもは心胆凍りつかざるを得ない。 (けにろん)[投票(1)]
★3よく見せる画面も多いし、プロットとしても周到に緊張を維持するが、どうも中途半端な部分が気になる。例えば、冒頭の時計台・鐘楼の内部の描写。時計の文字盤部分が割れて、穴が開いている。その穴に向かって、外に出られない鳩がバタバタする。これなんかも、いきなり、メタファーとしてはありきたりじゃないかと思ってしまう。 [review] (ゑぎ)[投票(2)]
★3故国を離れていよいよ露わなアスガー・ファルハディ最大の作家性、それすなわち「別嬪揃え」である。役の大小と老若を問わず、女性(にょしょう)とあらば美形を配さねば合点しない。一方の男衆は概ね髭達磨。ファルハディ作劇の基礎が男女の布置按配にあるならば、それは別嬪と鬚髯の力学と換言できる。 (3819695)[投票(2)]
★2アスガー・ファルハディお得意の心に潜む隠された思いの機微と行き違いのサスペンス劇だが、矢継ぎ早に積み重ねられる状況描写から、今回は各人の心情の裏表が伝わってこない。話の展開にもさしたる驚きがなく、描かれる葛藤も三面記事レベルで肩すかし。 (ぽんしゅう)[投票]
Ratings
5点0人
4点1人*
3点4人****
2点2人**
1点0人
7人平均 ★2.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「誰もがそれを知っている」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Todos Lo Saben」[Google|Yahoo!]