コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

1秒先の彼女 (2020/台湾)

My Missing Valentine
消失的情人節

[Romance/Fantasy/SciFi]
製作総指揮イェ・ルーフェン / リー・リエ
監督チェン・ユーシュン
脚本チェン・ユーシュン
撮影チョウ・イーシェン
美術ワン・ジーチョン
音楽ルー・リューミン
衣装シュウ・リーウェン
特撮グオ・シエンゾン
出演リウ・グァンティン / リー・ペイユー / ダンカン・チョウ / ヘイ・ジャアジャア / リン・メイシュー / マー・ジーシアン / バンブー・チェン / トム・リン / グー・バオミン / リン・メイジャオ / ホァン・リェンユー / ワン・ズーチャン / チャン・フォンメイ
あらすじ郵便局で働く冴えない女子シャオチー(リー・ペイユー)は、子供のころから何をするにも人よりワンテンポ早くてみんなとタイミングが合わない。バレンタインデーも寂しくひとり・・・と思っていたらイケメンのダンス講師(ダンカン・チョウ)からデートに誘われた。ウキウキで出かけて・・・気づいたら何故かすでにデートの翌日。楽しいはずの記憶がすっぽり抜けていた。シャオチーは“消えた1日”を探し始めるのだが、どうやら何をするにもワンテンポ遅いバス運転手のグアタイ(リウ・グァンティン)が秘密を握っているらしい。1990年代後半、台湾ニューウェーブとして脚光を浴びたチェン・ユーシュン監督、7年ぶりの日本公開作。(119分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全4 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5最近見かけなくなっていた純愛ラブストーリーです。この手の映画は韓国にお家芸ともいえる秀作が多いが、台湾もまた違った味わいを見せ、多彩な脇役陣の魅力をバックに王道のラブストーリーに仕上げている。 [review] (セント)[投票(2)]
★4物語を引っ張るシャオチー(リー・ペイユー)の大げさな表情と身のこなしに“わざとらしさ”がなく、映画全体に良質のアニメのような風合いがある。こういう不器用な仕草がキュートに見えてしまう女の子って、リアルな日常のどこかでも見かけるような気がする。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
★4DJやヤモリといった気の利いたギミックが反復される前半。そのポップでオシャレな孤独に飽きかけた頃に主体は置換される。逸脱された時間軸がもう一つの孤独を照射して叶わなかった思い出を現出させる。世界の臨界めいた風景が『千と千尋』みたく幽玄だ。 (けにろん)[投票(1)]
★3映画においては、バスは常に現実を異化する装置だ。そして本作は、無くし物とその発見の映画。バスがその起点となる。 [review] (ゑぎ)[投票(1)]
Ratings
5点1人*
4点2人**
3点2人**
2点0人
1点0人
5人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「1秒先の彼女」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「My Missing Valentine」[Google|Yahoo!]