コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

シン・ウルトラマン (2022/)

[SciFi/Action/Family]
製作山本英俊 / 塚越隆行 / 市川南 / 庵野秀明
監督樋口真嗣
脚本庵野秀明
撮影市川修 / 鈴木啓造
美術林田裕至 / 佐久嶋依里
音楽鷺巣詩郎
特撮佐藤敦紀
出演斎藤工 / 長澤まさみ / 西島秀俊 / 有岡大貴 / 早見あかり / 田中哲司 / 山本耕史 / 岩松了 / 長塚圭史 / 嶋田久作 / 利重剛 / 堀内正美 / 益岡徹 / 山崎一 / 山寺宏一 / 高橋一生 / 津田健次郎 / 和田聰宏 / 竹野内豊
あらすじ総監修庵野秀明、監督樋口真嗣の『シン・ゴジラ』コンビで往年の名作「ウルトラマン」を空想特撮映画化。日本に謎の巨大不明生物が出現する事象が続発、政府はそれを「禍威獣(カイジュウ)」と命名し、その被害を抑え駆除するために防災庁に「禍威獣特設対策室専従班」通称「禍特対(カトクタイ)」を設置、室長田中哲司以下4名のスペシャリスト 西島秀俊斎藤工有岡大貴早見あかりを配置。数件の禍威獣を駆除したが、ネロンガ出現の時、空からあらわれた銀色の人型巨大不明生物が撃退、その正体を突き止めるために新たに一人の隊員 長澤まさみも配属された。そして禍威獣に続いて外星人の訪問が…(112分) (シーチキン)[投票]
Comments
全22 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5楽しかった!いかにもそれらしく、それらしく、こだわった設定と画づくり、効果音が良い。ウルトラマン初登場のシーンでゆっくりと上半身を持ち上げるシーン、変身後に決めポーズですっくと現れるシーン、思わず「おおっ」と声と涙が出そうになった。 [review] (シーチキン)[投票(4)]
★5シトの如く次々襲来するQ禍威獣がQテーマと同期し高度なギャグと化する。後は何とかインパクトなゼットンに至るまで禍威獣→星人の間断ないリレー&まさみas巨大フジ隊員のオマケで緩む間もない。半世紀を経て脅威に反転した光の国。ナウな時代認識。 (けにろん)[投票(2)]
★4のっけからシン・ゴメスにずっこけたが、メタもなく、ひたすらくそ真面目に成立させられるものではないというのは、テレビでやっている本家の末裔もいっしょだ。 [review] (kiona)[投票(10)]
★4「シン・ゴジラ」インスパイア系。 [review] (おーい粗茶)[投票(5)]
★4これはウルトラマンに今まであまり触れてこなかった我が息子(小学校4年生)の採点です。(きちんとシネスケの採点基準を説明しました。) [review] (K-Flex)[投票(4)]
★4太陽は50億年後に膨張して、地球はその膨張に呑み込まれて消滅する。 [review] ()[投票(2)]
★4そもそも、ウルトラマンってそんなに良かったか? [review] (ぱーこ)[投票(2)]
★3極めてよくできた同人映画だが、オレのマンじゃない。 [review] (ペンクロフ)[投票(19)]
★3庵野秀明は勘違いしているか、この題材を強いられて撮っただけじゃないのだろうか。異星人とのクールなバトルに身を投じるのは、むしろ次作の『ウルトラセブン』だろう。『ウルトラマン』はといえば愛情にみちた怪獣と超人の、いい意味でのじゃれ合いの世界ではなかったろうか。 [review] (水那岐)[投票(6)]
★3有岡大貴はHey!Say!JUMPのメンバーですよ。 [review] (tredair)[投票(5)]
★3面白かった。ずっとニヤケながら見た。ウルトラマンシリーズと『シン・ゴジラ』のパロディというか、ほとんどコントのような面白さが横溢。冒頭の状況紹介部分で、テロップが読めない早さで切り換えられていく処理なんかもジョークのようなものだと解した。 [review] (ゑぎ)[投票(3)]
★3酒場。メフィストフェレス。公園のブランコ。何のために『生きる』のか。しおれた表情で外星人も思考する。いいじゃないか,それだけ「人間を好きになった」のだから。 (もーちゃん)[投票(2)]
★3オリジナルへのオマージュと再解釈のバランスはうまく取られているように思う。良い意味での理屈っぽさだとか、不条理感だとか。 [review] (緑雨)[投票(2)]
★3斎藤工は目元がちょっと異星人っぽくてはまり役だと思う。が、他のカトクタイメンバーのあまりの魅力ゼロ、特に長澤まさみの撮り方には違和感しかなかった。まあ2時間の制約の中色々詰め込み過ぎてたけど、怪獣・星人のブラッシュアップは評価したい(子供の頃からガボラが好きだったから登場は嬉しい) (クワドラAS)[投票(2)]
★3(シン・ゴジラではないという意味で)ちゃんとウルトラマンだったのでまあ悪くはないのだけど、長澤まさみがシン・ゴジラの石原さとみくらいだめだったのと、エピソードがぶつ切りで最後以外は順番どころか内容を入れ替えても大丈夫な感じなのがなー。編集に難ありなのかな? [review] (月魚)[投票(2)]
★3桜井浩子はマンの時点で既に老け顔でしたよ! いや、オヤジ目線なら充分若いけど(汗)。大人の女性に見えたからあのシュールな事態にもフィットしたのだ。☆3.1点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★3これだけはやっぱりどうしても言いたい。無理にSixTONES使わなくても風間俊介でよかったんじゃないか? [review] (もがみがわ)[投票]
★2ウルトラマンって結構良かったんです。先生。 レビューは愚痴ばっかりです。 [review] (トシ)[投票(4)]
★2これまでの人生で一切ウルトラマンを通らず、特撮にほとんど馴染みのないオバハンの率直な印象「よくわからなかった」「字幕が欲しい」。大人の事情で戦うウルトラマンは正義の味方でヒーローなのか? [review] (ダリア)[投票(3)]
★2退屈で3回寝た。政治劇に振るのは失敗だったと思う。「ジョワッ!」っていう音声がないのは寂しいし、科学特捜隊のメカは見たかったね。ゼットンというどうにも歯の立たない存在の絶望的恐怖感やゾフィーの超絶強さをリアル世代は知っているわけで、そこは全く越えられていない残念さが残った。 (サイモン64)[投票(1)]
★2禍威獣を禍特対と自衛隊とだけで倒したシークエンスを早々に終わらせる冒頭からして萎える。どうして庵野の編集は時間配分がおかしいんだろう? クランクアップから公開まで2年も時間があったというのに。あと、ウルトラマンにはもう少し格闘戦を期待していたし、「ジョアッ」「ダァー」「シュワッチ」といった声も聞きたかった。飛行シーンも模型ぶら〜りでなんだかなぁ。 [review] (IN4MATION)[投票(1)]
★2ブラック・サンは良くてシン・ウルトラマンはダメという、リアルタイム世代のオレの心理は理解できまい。 (るぱぱ)[投票]
Ratings
5点2人**
4点16人****************
3点18人******************
2点5人*****
1点1人*
42人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「シン・ウルトラマン」[Google|Yahoo!(J)|goo]