コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

海潮音 (1980/)

製作佐々木史朗
監督橋浦方人
脚本橋浦方人
撮影瀬浩
美術深町純
出演荻野目慶子 / 池部良 / 山口果林 / 泉谷しげる / 烏丸せつこ / 上月左知子
あらすじ海鳴りが響く北陸の冬の街。妻を亡くし高校生の娘伊代(荻野目慶子)と老いた母親(浦辺粂子)と暮らす旧家の当主理一郎(池部良)がいた。その平穏ではあるが閉ざされた旧家に、ある朝迷い込んだ記憶喪失の女(山口果林)。その存在が、徐々に理一郎と亡くなった妻の弟征夫(泉谷しげる)の心を揺さぶり始める。やがて、その揺れは多感な伊代やスナックのママさちこ(烏丸せつこ)を始め、この街に暮らす女たちの中に閉じ込められた「おんな」と共振し始めるのだった。橋浦方人監督の第3作。ATG作品。(128分/カラー/ヴィスタサイズ) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全6 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4風土に根差した家父長制度の崩壊が侵入者により齎される文学的バロックを志向した意気は買うが舌足らずで生硬。だが効果音としての和製ポップスと旧家屋のトリッキーで余りに映画的な構造といったアンビバレンツが混在し荻野目の天才がそれらを突き通す。 (けにろん)[投票(1)]
★4突然現れた生(なま)の女(山口果林)によって、呪文のような海鳴りに同期し閉ざされた女たちの「性の気配」は揺さぶられ、やがて「おんなの匂い」となって密閉された空間を漂い始める。そして、二人の男(池辺良泉谷しげる)を狂わせる。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4日本海の荒れた海と 学生服の荻野目慶子が印象的。北陸の一地方の生活が妙にリアルに感じられた。 (ルクレ)[投票]
★3恐ろしいまでの荻野目慶子の演技。当時は同世代の女優にもこんな天才がいるのかと驚いたものだ。 (ナム太郎)[投票(1)]
★2思春期の少女の危うさを体現する荻野目慶子の演技は確かに凄いが、凄過ぎて終盤はホラーになってる。内容的にも過去を思い出せない女や、思春期の多感な少女や、日本の田舎特有の閉鎖的な感じを描きたいのか、収拾が付かなくなってる感じ。['06.5.14VIDEO] (直人)[投票(2)]
★2終盤は荻野目慶子の集中力全開演技で、ほとんどホラーだ。 (kenichi)[投票(1)]
Ratings
5点0人
4点4人****
3点2人**
2点2人**
1点0人
8人平均 ★3.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
ATG映画の奥は深いぞ (町田)[投票(13)]映画で見る石川県 (づん)[投票(7)]
時代の痕跡ーATG公開作品(80・90年代篇) (ぽんしゅう)[投票(6)]
Links
検索「海潮音」[Google|Yahoo!(J)|goo]