コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

巨人と玩具 (1958/)

製作永田秀雅
監督増村保造
脚本白坂依志夫
原作開高健
撮影村井博
美術下河原友雄
音楽塚原哲夫
出演川口浩 / 野添ひとみ / 高松英郎 / 伊藤雄之助 / 信欣三 / 山茶花究 / 小野道子 / 飛田喜佐夫 / 藤山浩一 / 夏木章 / 潮万太郎 / 大山健二 / 花布辰男 / 小山内淳 / 杉田康
あらすじ「世の中は全て戦いだ!製菓会社のキャラメル売り込み合戦だって、国1つを動かすイベントになる時代なんだしな。世界は俺達宣伝部が回して操っているのさ、アッハッハー!!」と高笑いする野心家の宣伝部課長(高松)今日も今日とてギョロ目を動かして「宣伝材料になる素材」を物色中。街角で見つけた虫歯だらけのチンコロ姉ちゃん(野添)を「我が社のイメージキャラクターに!」とスカウトする。「こんなオカメ顔、売れるわけないっすよー」と渋る部下(川口)に、「まぁ、見ていろ!」と自信満々。まずは売れっ子カメラマン(雄之助)に写真を撮らせグラビアで売り込み。掲載紙は評判を呼び「この子は誰だ?」と世間の注目を集める。...[more] (ボイス母)[投票(2)][全 2 件]
Comments
全26 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5日本の60年代高度成長期を見つめた「宇宙人資本主義観察日記」 [review] (ボイス母)[投票(6)]
★5増村は矢っ張り凄い。オーソン・ウェルズと見紛う程の饒舌さだ。もう神経症的なぐらいだ。それをここまでの完成度でまとめ上げるのだから凄い。この饒舌さは日本映画の中にあってちょっと突出している。 高松英郎のライター! (ゑぎ)[投票(5)]
★5急速に自転しながら成長する経済の渦が大衆消費の巨大な渦を生み、その渦は相互に作用しながらスピードを加速する。その中で蠢くのは無数の異星人。スピンアウトされた男は宇宙服で身を固め、銃をかまえて気弱に笑う。きっと増村保造は日本が嫌いなのだ。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
★5なんともエネルギッシュ!増村映画の真髄ここにあり!という感。 彼が『満員電車』の助監督をどんな気持ちでしていたのか、ちょっと興味有り。 [review] (3WA.C)[投票(2)]
★5スピーディーな展開、テンポ良く飛び交う会話、エネルギッシュな映像、どれをとっても◎。火のつかないライターの映像を背景にして怪物的に発展していく高度成長期の日本社会が巧みに描写されている。なんといっても奔放な野添ひとみに5点。 (若尾好き)[投票(2)]
★5人間のエゴとエゴが激しくぶつかり合う、熱い、そしてドス黒い増村ワールド!バカなようでしたたかな野添ひとみと、計算高いようで純粋さを捨て切れない川口浩の対比が凄い。 (太陽と戦慄)[投票(1)]
★4思った事を全て口にしてしまう演出、画面の運動感、どれを取っても偉大な才能であることに間違いはない。 (青木富夫)[投票(4)]
★4生き急ぐ国、ニッポン。まだまだ日本は、わたしたちは、この映画を笑えない。 [review] (はしぼそがらす)[投票(3)]
★4悪趣味な虫歯メイクで媚態を振り撒く野添ひとみよりも、冷酷・残忍さを己に課したダンディ、狂気に魅入られて転落の坂への道を選択する高松英郎のクールさが目を奪う。高度成長社会の醜悪なディフォルマシオン。ライターは焦燥を駆り立てる打楽器。 (水那岐)[投票(2)]
★4とにかくテンションの高さが尋常でない。高度経済成長の原動力であったであろう当時の熱狂的な連帯感は冒頭の歌声喫茶だけでもよくわかる。川口浩が城島健司に見えて仕方ない。 (TOMIMORI)[投票(1)]
★4およそ10年振りに再見。何とも救いようの無いシビアなストーリーだが、こーゆーテーマの方が増村の腕は断然冴えて、べらぼうに面白い。川口浩は何演っても全く一緒だが、野添ひとみは『くちづけ』とは全然違って上手いなぁ。高松英郎信欣三も上手い。オープニングの歌、終盤の野添ひとみの意味不明なミュージカルシーンとか、キ●ガイ過ぎて笑える。['06.10.15新文芸坐] (直人)[投票(1)]
★4劇中歌われる唄(主題歌)は、どこがジャズなんだ?全体的に趣味の悪い映画。しかし専務−社内で強引営業を進める−がなんで大阪弁やねん?大阪人のイメージが悪うなってしまうやないか!しかし宣伝部と一体の営業経験者の私としては共感できるところが多く、4点。 (KEI)[投票]
★4あまりのテンションの高さ、テンポの速さにたじろぐ。が、その点が「修正」された翌年の『氾濫』よりも面白いのも確か。 [review] (ぐるぐる)[投票]
★4凄い監督の撮った凄い映画。という表現がふさわしい映画だと思うんだけど、これじゃなんのことだかわからんよねえ。 [review] (G31)[投票]
★3コピーされ増殖し、やがて風に飛ばされていく野添ひとみの写真。タイトルバックは秀逸(モンドな主題歌も)。 (リーダー)[投票(2)]
★3あの頃日本は若かった。そして増村保造も。[Video] [review] (Yasu)[投票(2)]
★3高度成長黎明期は実際こんな雰囲気だったんだろうか。せわしなく動き回る彼らだけど、まだまだどこか村社会的ユルさが漂っているような。。ニッポンが何かを失っていく過程のとば口を覗いたような気がします。 (緑雨)[投票(1)]
★3愛と資本主義。高度経済成長というもののとらえかたは、当時と今とでは根本的に変化している。しかしそこに存在する人間の愚かさというのは今でも変わらない。 (フライヤー1号)[投票(1)]
★3終始騒々しすぎて苦手。風刺は的を射て的確、野添ひとみが強烈。 (檸檬)[投票]
★3現実を戯画化しすぎていて少し馴染めない。寧ろ別の世界にして風刺にした方が良かった。 (死ぬまでシネマ)[投票]
★2大仰な台詞廻し、スピード感を重視するあまりに生じるリアル感の欠如。この痛ましいとも思えるハイテンションの維持が「私的」には辛い。時代が経ち高級ブランドとなった「増村ブランド」は私には合わない。 (sawa:38)[投票]
Ratings
5点16人****************
4点20人********************
3点15人***************
2点4人****
1点0人
55人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
● 監督たちの主として映画に対する発言集  (いくけん)[投票(18)]映画で俯瞰(ふかん)する世界史・人類史  (いくけん)[投票(16)]
キネマ旬報増刊 映画史上ベスト200シリーズ掲載作品一覧 (寒山)[投票(8)]日本映画再発見の旅 (ボイス母)[投票(8)]
カルト・ムービー集成! (いくけん)[投票(4)]
Links
検索「巨人と玩具」[Google|Yahoo!(J)|goo]