コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

しとやかな獣 (1962/)

[Comedy/Drama]
監督川島雄三
脚本新藤兼人
原作新藤兼人
撮影宗川信夫
美術柴田篤二
音楽池野成
出演若尾文子 / 伊藤雄之助 / 山岡久乃 / 浜田ゆう子 / 山茶花究 / 川畑愛光 / 小沢昭一 / 高松英郎 / 船越英二 / ミヤコ蝶々
あらすじある、アパートの一室。そこに暮らす元・軍人(雄之助)一家。コソコソと部屋を模様替えチュウ。だって、息子が会社の金を横領したからって、社長がもうすぐ怒鳴り込みに来るんだもの。横領した金で買った家具調度類家電製品は隠さなくっちゃね♪社長は自分の事務所のタレントと経理担当女子社員(若尾)を伴って、アパートに乗り込んで来た。元・軍人の父は「息子に限ってそんな事をするはずがゴザイマセン!見ての通り、我が家は私の事業の失敗で困窮しておりますです」と弁舌も爽やかに言い訳する。ところが、この横領事件の真の黒幕は、この怒鳴り込んできた社長の背後に控える「一見大人しく人に好印象を与える楚々とした美人」!彼女こそが奸計をめぐらし、...[more] (ボイス母)[投票(4)][全 2 件]
Comments
全38 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ゲラゲラ笑いながら観ましたが、観終わる頃にはすっかり顔が凍りついてしまいました。 [review] (そね)[投票(8)]
★5べらぼーに面白い。台詞の多いことシェイクスピア並。こんなにブッ飛んだ家族は他に知らず。しれっとした若尾のかっこよさは人間国宝級。 (べーたん)[投票(7)]
★5日本人とは、という問いに対する明確な回答のひとつ。船越英二はどの映画でも切り札です。 ()[投票(5)]
★5金に細かい新藤色の勝った作品で、戦後とともにどんどん煮詰まり行く彼の閉塞感の優れた中間報告の趣。続編は『絞殺』か。 [review] (寒山)[投票(3)]
★5これは狂言だ。この作品といい『ああ、爆弾』といい、日本の古典芸能とブラックユーモアは相性が良いらしい(<そうか?) [review] (ペペロンチーノ)[投票(3)]
★5すごい!舞台芝居に挑戦するかのようなワンセッティング撮影。そのために工夫された多様なカメラアングル。畳みかけるようにつぎつぎに起こる出来事。ラッキョウのような真実(笑)。目の離せない役者たち。いうまでもなく素晴らしい若尾文子(もっとリスペクトされるべき!)。世界中に自慢したい逸品です。 (エピキュリアン)[投票(3)]
★5原作は戯曲なのだろうか。中空に浮いたかのようなアパートの部屋に巣くった欲望と邪心を、内と外、上と下といった「視線」と「視点」の変化でさばく川島演出が見事。「世間」に対する若尾文子の静だが強烈な攻撃力と、伊藤雄之助、山岡久乃の達観した守備力の妙。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
★5「昔の人はモラルがあった」、「考えが真っ当だった」なんて話は丸っきりの戯言だと、これを観れば分かりますな。 [review] (青山実花)[投票(2)]
★4全編に漂う乾いた諦念と破滅の匂い [review] (ボイス母)[投票(7)]
★4不快指数100な人々が繰り広げるひと夏の狂騒劇 [review] (TOMIMORI)[投票(6)]
★4かつての貧しさを思い出して皆が沈黙するシーン(そしてラスト)が、このべらぼうな狂騒の中にひそむ哀しみをほんのりと浮かび上がらせているんだ。 (_)[投票(5)]
★4しとやかな客寄せパンダ女、若尾の正体は妖艶な雌ダヌキであった。しかして、彼女をめぐる大修羅場はムジナとキツネの合同住宅。都会の空気は、いささか彼らには悪すぎたようで…。伊藤雄之助山岡久乃のムジナ夫妻の飄々たる日常演技が絶品。彼らの住まうただ一室のアパートが百鬼夜行の巷と化す。 [review] (水那岐)[投票(3)]
★4よく考えられた密室劇。 [review] (KEI)[投票(2)]
★4登場人物が皆、ふてぶてしくて愚かで、何とも痛快で不気味で、滅法面白い。能を思わせる音楽も印象的だし、社会的に堕ちて行く者、上って行く者を階段を使って表現しているのも、秀逸。伊藤雄之助山岡久乃が圧倒的。若尾文子の不気味な美しさも良い。['04.9.12VIDEO] (直人)[投票(2)]
★4金一点に凝縮された悪。毒と解ってても、笑いを貪り続ける自分が怖くなる。逃げ場のない空間の狭さも印象的。 (くたー)[投票(2)]
★4人間の欲深い醜悪な部分を、あるトンデモ家族を通して描いたブラックコメディの傑作。 [review] (TM(H19.1加入))[投票(1)]
★4いびつで感情移入できかねる家族が詰め込まれている空間と、若尾文子。これだけ家族をねちっこく描いておいて若尾文子。この居心地の悪さ。凄い。 (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★3妖艶な若尾文子を観たい人に真っ先に薦めたい。登場人物の内面を「階段の上り下り」といった象徴的なシーンで描いた川島雄三の演出にも降参。物質的な豊かさが精神的な荒廃を生んでいる「戦後」を川島は軽やかに笑い飛ばす。 (若尾好き)[投票(5)]
★3空間への執着が作家魂を呼び覚まし、狂人絵巻を展開させた?若尾文子は確かに凄いが、ホントに凄いのは山岡久乃が醸し出す冷たい感覚かも。 [review] (緑雨)[投票(3)]
★3ベランダの外が気になってしょうがない。 (kenichi)[投票(1)]
★3設定、カメラ、BGM、テーマ、キャスティングに5点!と思っていたが中盤以降急速に飽きが来た。 (町田)[投票(1)]
Ratings
5点28人****************************
4点31人*******************************
3点13人*************
2点1人*
1点0人
73人平均 ★4.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
若尾文子〜美は乱調にあり (若尾好き)[投票(16)]キネマ旬報増刊 映画史上ベスト200シリーズ掲載作品一覧 (寒山)[投票(7)]
脚本家・新藤兼人 (ぽんしゅう)[投票(6)]戦後日本社会 (さいもん)[投票(2)]
団地が育んだ精神性のありさま (ボイス母)[投票(1)]
Links
検索「しとやかな獣」[Google|Yahoo!(J)|goo]