コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

陽のあたる坂道 (1958/)

監督田坂具隆
脚本田坂具隆 / 池田一朗
原作石坂洋次郎
撮影伊佐山三郎
美術木村威夫
音楽佐藤勝
出演石原裕次郎 / 北原三枝 / 芦川いづみ / 川地民夫 / 千田是也 / 轟夕起子 / 山根寿子
あらすじとある裕福な家庭に家庭教師・たか子(北原三枝)がやってきた。失礼な口をきく次男坊・信次(裕次郎)のビーチクボヨ〜ン攻撃にも、ぐっと堪えて、可憐で朗らかではあるが片足「びっ●」な少女・くみ子(芦川いずみ様)と出会う。優秀でお坊ちゃまな長男・雄吉(小高雄二)に好意を持つが、ひねくれ者の信次もどことなく気になる感じ。一方、くみ子はジャスシンガー・民夫(川地民夫)に恋心を抱いていたが、偶然にも彼はたか子と同じアパートに住む住人であった。しかも…(ネタバレってほどのネタでもないですが)…で、こりゃびっくらたまげた。え?まだまだ続くの?長いなおい…(ここまでで約1時間の話です)。でも飽きはしませんぜ!だって可愛いし。若い二人が主役を喰いまくり。 (ピロちゃんきゅ〜)[投票(1)]
Comments
全8 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5家族の崩壊から新しい家族の再生へ。暗くなりそうな話だが、男女4人の爽やかな演技とやわらかな映像が、胸をすっとさせてくれる。自分にとっては、色々な意味で、忘れられない作品となった。 [review] (Pino☆)[投票]
★4あんな可愛い顔で「わたくし、びっこですの。」と言われちゃ、ぎゅっとハグしてあげたくなるってもんです。う〜ん、いい!川地さんのジャズが、歌が入った途端、シャッフルできなくなるのがかなり笑える。ひねくれた音楽好きには必聴もの。 [review] (ピロちゃんきゅ〜)[投票(2)]
★4北原三枝目線でも余儀なくされたか、独善ボヨ〜ン坊っちゃんの裕次郎世界に憧憬を抱かされ、拭いえない。坂の上は鬼門だ。 (G31)[投票]
★4芦川いづみ最高です。近所の焼き肉やさんでご夫婦を時々お見かけします。 (動物園のクマ)[投票]
★4芦川いずみは和製オードリー・ヘプバーン石原裕次郎はちょっと早口。 (さいもん)[投票]
★3OP、田園調布、左からフレームインした北原三枝が左右を見てから画面奥へ坂道を下り始め、キャメラはこれをドリーで追うのだが、動き始める一瞬、キャメラが軽くフッと宙に浮くんだ。ここが大好き。この浮遊感、日本映画の絶頂期、という気がする。 [review] (寒山拾得)[投票(1)]
★3こんな言葉をぶつけ合ったら、確実に関係は瓦解する、と思われるようなセリフの応酬ののち、笑って語り合う家族たち、恋人たち。かつて石坂洋次郎文学がもてはやされ、続々映画化されたのもこれが共感を呼んだ所為なのだろうか。3時間以上の長尺を飽きさせなかったけれど、ちょっと自分にはついてゆけない世界だ。 (水那岐)[投票(1)]
★2空々しい会話に3時間も付き合わされたが、この映画が、芦川いづみをめぐる兄妹姦と北原三枝をめぐる兄弟の分捕り合戦の物語であることをしり、なるほどこの空々しさも、やっていることの正当化としてはまだまだ足りぬと妙に納得してエンディングを見守ってしまった。 (ジェリー)[投票]
Ratings
5点2人**
4点4人****
3点7人*******
2点1人*
1点0人
14人平均 ★3.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
バイブル2 (けにろん)[投票(13)]次点の歴史 日本映画篇 (ナム太郎)[投票(7)]
超長編映画(180〜300分以上) (TOMIMORI)[投票(6)]か、可憐だ… (ピロちゃんきゅ〜)[投票(1)]
Links
検索「陽のあたる坂道」[Google|Yahoo!(J)|goo]